大草直子も熱く語る。「大人の女性こそ、シャツを楽しもう!」

肩幅の有無、首の長さ、好きなテイストを問わず、どんな体型の人にも、どんなスタイルにも取り入れやすいと話題の進化系シャツ。王道シャツを愛する大草さんも、この春は“進化系”が気になる様子! 勢いを増しているシャツの、大草流の極意をお届け。
大草直子も熱く語る。「大人の女性こそ、シャツを楽しもう!」_1_1

王道ブランドの逸品に今の気分が見事に融合した一枚を、コートのように

リネンのシャツ37,000/カオス丸の内(フィナモレ) デニムパンツ23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥29,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング)(右手)バングル〈細〉¥18,000・〈太〉¥54,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) (左手)ブレスレット179,700/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(hum) 時計1,620,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) リング137,000/マリハインターナショナル(マリハ) バッグ63,000/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(ア ヴァケーション) その他/スタイリスト私物

大草直子も熱く語る。「大人の女性こそ、シャツを楽しもう!」_1_4

クチュール感が味わえる白シャツ+上品なスカートで春らしいお出かけスタイルに

計算されたディテールで美しい着映え感が手に入るデザインの効いた白シャツ。エレガントなジャカードのスカートと合わせれば、全身に存在感が生まれ、どこに行っても恥ずかしくないスタイリングに。

シャツ¥22,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ(ストラップつき)¥59,000(マージ シェアウッド)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 スカート¥21,000/ HRM STORE(HRM) ピアス¥140,000/ボン マジック(ボン マジック) バングル¥88,000/アスプレイ サンモトヤマ 銀座本店(アスプレイ) リング¥137,000/マリハインターナショナル(マリハ) その他/スタイリスト私物

アラフィー世代こそ、まさに今「シャツ適齢期」

 シャツは、絶対的に大人の女性に似合うアイテムだと思います。女性の体は、年齢を重ねるうちに、あごのラインが甘くなり、肩のエッジもやわらいで、少しずつ「角」が柔らかくなり、まろやかな魅力が増してくるんですね。シャツは逆に「角」のあるアイテム。襟やカフスなどの角が、大人の体をカバーしながら、柔らかな魅力をきわだたせてくれるんです。また、削げて広くなったデコルテや首など襟もとにできる「大人の影」にも、シャツの直線は独特のニュアンスを加えてくれる。だからシャツを着る日は、ちゃんとスチームかアイロンをかけてくださいね。ポイントは襟裏、カフス裏、前立ての裏の3カ所。シャツってけっこう裏側が見えているんです。表側はしわも表情に見えますが、裏側がだらしないと、途端に転げ落ちてしまいます。そのひと手間がシャツを大人向きに仕上げる秘訣です。

王道が進化したデザインにこの春は注目したい

シャツはオーセンティックなものが好きなのですが、この春目にとまったのは「王道の進化系」。今回ピックアップした2枚は、イメージがまったく異なりますが、いずれも今年らしくアップデートされているのがいい。ナポリの老舗ブランド“フィナモレ”のリネンシャツは、ヒップが隠れる長め丈で、サイドに大胆なスリットが入ったデザインが新鮮!リネンのライトコートをまとっている、そんなイメージで着こなせます。シルクのタンクトップを合わせましたが、リネンのクリーンさとシルクのつやめきのレイヤードで生まれる「清潔な色っぽさ」は大人には大切なポイントです。フロントは片方だけインして、アシンメトリーな表情がどこから見てもきれい、そんなアレンジを加えました。もう一枚のシャツはきれいにデフォルメされた白シャツ。カフスがかなり深くとってあって、キュッとまくり上げると、腕まわりがパフッと広がるような華のあるシルエットです。ジャケットに匹敵するくらい美しいドレスシャツなので、お出かけの日にも映えますね。

着方のアレンジは自分しだい。イメージを膨らませてトライして

ヨーロッパの人は「シャツをそのまま着ているのは“like uniform(制服みたい)”で個性がない」と揶揄します。つまり、シャツは着ればきれいがかなうアイテムではなく、「どう着るか」が着る人にゆだねられているということだと思うんです。今日の着こなしのように、下に一枚入れたり、襟を立てたり、袖をたくし上げたりするのもそう。全部前を開けてジャケットのように着てみるのもいいですし、上まできゅっととめて、襟をあえて少し立てて着るだけでも新鮮な印象になります。そんなふうにアレンジをイメージでき、楽しめるのも、うんと場数を踏んできた大人ならでは。だからシャツに着られることなく、自分に引き寄せてもらいたい。それが楽しめるようになると、いっそうシャツがおもしろくなるから。この春はシャツのバリエーションが豊富なので、選ぶのも楽しいと思います。そして、お気に入りのシャツを手にしたら、ぜひ鏡の前であれやこれやとトライしてみて。あなただけの新鮮な発見がきっとあるはず!

What's New新着記事

FEATURE
ランキング