グレージュコーデで新鮮&自分らしく!【雨宮塔子のファッションスタイル】

アラウンド50の憧れの存在である雨宮塔子さん。気負ったり迷ったり、そんな時代はいつのまにか過ぎて、静かな笑顔が似合う大人の女性になっている彼女に、服を選ぶときのポイントについて聞いてみました。
●雨宮塔子(あめみや とうこ)
フリーキャスター/エッセイスト。’70年、東京都生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。’93年、TBSに入社。バラエティ番組のアシスタントを務めるほか、情報番組やスポーツ番組、ラジオ番組などでも活躍。’99年、6年間のアナウンサー生活を経てTBSを退社。単身、フランス・パリに渡り、フランス語、西洋美術史を学ぶ。’16年7月から’19年5月まで『NEWS23』(TBS)のキャスターを務め、同年9月、拠点をパリに戻す。『雨宮塔子のパリ通信』(ノート from TBS)を連載中。

落ち着きのあるグレージュを、 ワントーン・コーディネート。 甘くなりすぎないように、足もとはクールに締めます

落ち着きのあるグレージュを、ワントーン・コーディネート
ワードローブは黒と白が多いという雨宮さん。旧知の間柄のスタイリストさんから提案されたこのコーディネートは新鮮でありつつ、自分らしいとも。「テレビ収録の衣装でもときどき入れてくださったグレージュ。袖を通してみるとわかる、ほどよいフェミニンさが素敵ですね」。

ブラウス¥39,000・デニム¥22,000・ベルト¥26,000・イヤカフ(片耳)¥7,500/ボウルズ(ハイク) 靴¥125,000/ジミー チュウ
  • アラウンド50の憧れ!「雨宮塔子のファッションスタイル」まとめ

    多忙な日々を送りながら、そのたたずまいはいつもきりっとシャープ、それでいてエレガント。気負ったり迷ったり、そんな時代はいつのまにか過ぎて、静かな笑顔が似合う大人の女性になっている。何を選んで、何を着て、ここにたどりついたのだろう? 再びパリで暮らしはじめた彼女に、たずねてみた。

What's New

Feature
Ranking