ジャケットはラフに着てこなれ感アップ【雨宮塔子のファッションスタイル】

知的で輝くその姿は、アラフィー世代の憧れ。フリーキャスター/エッセイストの雨宮塔子さんは、何を選んで、何を着て、ここにたどりついたのだろう? 再びパリで暮らしはじめた彼女にファッションスタイルについて聞いてみた。
●雨宮塔子(あめみや とうこ)
フリーキャスター/エッセイスト。’70年、東京都生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。’93年、TBSに入社。バラエティ番組のアシスタントを務めるほか、情報番組やスポーツ番組、ラジオ番組などでも活躍。’99年、6年間のアナウンサー生活を経てTBSを退社。単身、フランス・パリに渡り、フランス語、西洋美術史を学ぶ。’16年7月から’19年5月まで『NEWS23』(TBS)のキャスターを務め、同年9月、拠点をパリに戻す。『雨宮塔子のパリ通信』(ノート from TBS)を連載中。

堅くなりがちなブラックジャケットは、ふだん着っぽくラフに着ます

ブラックジャケットは、ふだん着っぽくラフに
「ブラックジャケットは私の日常着。コンパクトなシルエットも少しビッグなものも好き。どこかくずして着るよう心がけています」。その日の気分や行き先に応じて、足もとはヒール靴もしくはスニーカーをチョイス。大ぶりのアクセサリーを味方にすることも。

ジャケット¥105,000/ラトリエ・エム(リュンヌ) Tシャツ¥10,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) デニム/雨宮さん私物 ピアス/スタイリスト私物
  • アラウンド50の憧れ!「雨宮塔子のファッションスタイル」まとめ

    多忙な日々を送りながら、そのたたずまいはいつもきりっとシャープ、それでいてエレガント。気負ったり迷ったり、そんな時代はいつのまにか過ぎて、静かな笑顔が似合う大人の女性になっている。何を選んで、何を着て、ここにたどりついたのだろう? 再びパリで暮らしはじめた彼女に、たずねてみた。

What's New

Feature
Ranking