50代の体型悩みにアイテム指名で解決!『大人の身体をきれいに見せる服』まとめ

体型の悩みがじわじわと増えてくるのが50代前後。読者100人に緊急アンケートの結果、見えてきたのが「ラクに体型カバーをしてくれて、きれい見えする服」の必要性。人気スタイリスト・室井由美子さん、望月律子さんにアラフィー世代のリアルな体型悩みを解決する「細見えアドバイス」「今流行のアイテムで身体をきれいに見せる服」を教えてもらいました!

 

 

①アラフィー世代のリアルな体型悩みTOP4!

年齢を重ねるごとに実感する若いころとは異なる体型の悩み。今回、エクラで読者アンケートを実施したところ、現代のアラフィー世代が抱える体型悩みが明らかに。その結果を、読者の声とともに大公開します。

読者100人に緊急アンケート!

年齢を重ねるごとに実感する若いころとは異なる体型の悩み。さまざまな声を集計した結果、リアルなお悩みはこの4つに集約。
おなか周りに肉がついてきた

《第1位》“おなか周り”に肉がついてきた

「2年前のパンツがはけます。でも肉質が柔らかくなったせいでウエストの上に浮き輪のようなお肉がのっています(汗)。」

「ポッコリおなかが目立つようになりとにかく隠すスタイルがメイン。でも体型がボヤッとして逆にバランスが悪く見えて……。」

「いつもウエストまわりを気にした服選びになってしまいます。隠すのか、出すのか。でもどちらもイマイチ決まりません。」

《第2位》“下半身”が全体に太くなってきた

「おしり全体が下がったのに加えて太ももとの境がダブついて以前よりパンツがきれいにはけなくなりました。」

「トップスのサイズはMなのにボトムはLサイズ以上! 太ももも成長中で典型的な洋ナシ体型まっしぐら(泣)。」

「みるみる腰まわりにお肉が。下半身をカバーしたくてパンツ派からスカート派に転身したものの納得する一枚に出会えません。」
二の腕のゆるみが気になる

《第3位》胸もとの“ソゲ”が気になる

「若いころはハリのあったデコルテが年々薄くなってきました。何を着ても老けて見えるような気がして……。」

「首まわりやデコルテが貧弱なので春夏でもハイネックやタートルネックを選びがち。でもワンパターンから脱却したい!」

「昔はいわゆる鎖骨見せのトップスを着れば、顔がすっきり見えると思っていたのですが、最近どうもゲッソリ感のほうが強調される気が。」

《第4位》“二の腕”のゆるみが隠しきれない

「前からは見えにくい二の腕の後ろのお肉。しかもその質感がタラーンとしていて半袖でもダメ。」

「二の腕もさることながら、腕のつけ根のはみ肉が問題。ノースリーブはもちろん、袖口の広いものも苦手!」

「昔からよくいわれている振袖状態の私。でも暑がりだから袖の長いトップスは無理。なんとかなりませんか?」

 

「おなか」と「胸ソゲ」をカバーする『細見えトップス』の選び方 

②スタイリスト 室井由美子さんの 「細見え」アドバイス

スタイリスト 室井由美子

スタイリスト 室井由美子

シンプルにほどよいモード感を取り入れたリュクスなスタイリングが人気。本誌をはじめ多くの女性誌やウェブマガジンで活躍する中、ブランドのカタログやコラボにも引っぱりだこ。

「着丈と胸もとのあきで、おなか周りも胸ソゲも確実にカバーできます!」

私自身、年齢を重ねてボディラインの悩みが増えてきました。若いころに比べておなか周りがふっくらしたのもそのひとつ。隠したくなる気持ちもわかる半面、実は着丈が長いだけのトップスはかえっておなかを強調してしまう場合も。経験からおすすめするのが、すそを出して着るなら、腰骨が隠れる長さ。下腹部までカバーできて、直線的なすそのラインがおなか周りをすっきり見せてくれるんです。もうひとつは、前後寸に差があるタイプ。近ごろのトレンドともリンクして、前だけをボトムに入れてブラウジングするとおなかに影ができ、自然と引き締まって見えるのです。

齢を重ねるにつれて胸もとのソゲが気になるというお悩みは、胸もとのデザインで解決できます。若いころに着た深Vネックや鎖骨の見える広くて深いあきは封印。肌見せは最小限が鉄則です。ラウンドなら鎖骨に添うカーブを目安に、Vネックなら深さは以前の半分以下、バンドカラーはボタンをはずす数であきを調整します。今年はトップスのバリエーションが豊富なので、着丈と胸もとに留意してお気に入りを手に入れてください。

 《おなか対策着丈は前後差あり or 腰丈の2択

前後差のあるデザインのトップスでおなか対策

前後差あり

前は短く、後ろが長いデザイン。長さの差やすその形にはバリエが豊富。前を軽くボトムに入れて着用できる。

直線的な腰丈なデザインのトップスでおなか対策

直線的な腰丈

張り出した腰骨がちょうど隠れる着丈がベスト。すそ幅にほどよいゆとりがあり、ラインがまっすぐだとなおよし!

《胸ソゲ対策胸もとのあきは“若いころの半量”に抑える

鎖骨が隠れるラウンドネックで胸ソゲ対策

鎖骨が隠れるラウンドネック

鎖骨に添う形か、いっそのこと鎖骨を隠してしまうのも手。カーブに微差があるので試着をしてチェックを。

ボタンの開閉であきを調整できるバンドカラーで胸ソゲ対策

バンドカラー

ボタンの開閉であきを調整できるのが魅力。ぐるりと施されたバンド(ベルト)がほどよいアクセントになる。

デコルテや顔の輪郭をシャープに見せる狭Vネックで胸ソゲ対策

狭Vネック

カフタンやスキッパーなどのVネックは、深すぎないものをチョイス。デコルテや顔の輪郭をシャープに見せる。

前後差のあるすそでおなかを、ボタン調整で胸ソゲを隠すとこんなにすっきり着やせする!

シャツをリボンに結んだスタイルのRINA

結んだリボンと下腹部に落ちる影でおなかをW(ダブル)カバー

結ぶこと前提のデザインは、たれるリボンが長いのもおなかのカバーに有効。胸もとはボタンの開閉で調整して。

シャツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) タンクトップ¥8,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥59,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥20,000/ショールーム セッション(マリハ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥239,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 

③ゆったりサイズの「とろみ素材」で細見え

アラフィーの体型悩み第1位のおなか周りと、この世代ならではの胸ソゲには、特有の落ち感で優しく体をカバーする「とろみ素材」のトップスがうってつけ。とろみ素材アイテムを活用したスタイリングを大公開します。

特有の落ち感が、優しく体をカバーする「とろみ素材」に注目

優しく体をカバーするシャツ

おなかは前イン、胸ソゲは大きなポケットでもカバー

ヒップがしっかり隠れるすそとストレートな前後差は、シルク×レーヨン特有のとろみでウエストインもきれいに決まる。バンドカラーで浅いVネックをつくれば、ゆったりサイズとの相乗効果で女らしさもとびきり。

トップス¥38,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) パンツ¥30,000/WEST(ブルーバード ブルバード) サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) チョーカー¥8,900/シップス 有楽町店(ダイダル ジュエリー) ブレスレット¥39,000/ステディ スタディ(トムウッド) バングル¥39,800/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥39,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
肌映えするエクリュとキレイ色パンツ

ラウンドネック×大胆な前後差で全方位からカバー!

肌映えするエクリュと思いきった前後差は、ノーブルでいてほどよくモード。きれい色パンツでシンプルに。

トップス¥33,000(ローベリーテアンドコー)・パンツ¥17,000/以上トゥモローランド ピアス¥26,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥89,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥20,000/フラッパーズ(エンリカ) 靴¥87,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
とろみシャツ

調整不要の狭Vネックと片方だけのふわっと前インも◎

絹のとろみとストライプにもカバー力が。

トップス¥63,000/アマン(フィナモレ×ムネ) デニム¥32,000/アパルトモン 神戸店(スリーバイワン) ハット¥39,000/ヘレンカミンスキー ギンザシックス店(ヘレンカミンスキー) ネックレス¥340,000/チェリーブラウン リング¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(パズ コレクティブ) バッグ¥20,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ザ ディレッタント)

 

④「張り感」のある天然素材で体型カバー

アラフィーの体型悩みのなかでも気になる人が多い「おなか周り」。このお悩み対策に有効なのが、おなかのラインを拾わない「張り感」のある天然素材のトップス。今年らしいデザインで細見えも保証する6アイテムを厳選してご紹介!

おなかのラインを拾わない「張り感」ある天然素材がおすすめ

上質なコットンの張りトップス

上質なコットンの張りで腰骨丈を強調するAライン

背中のギャザーとふんわりスリーブが直線的な腰骨丈を強調し、おなか全体を広い範囲でカバー。胸もとは甘いデザインをセーブする狭Vネック。

トップス¥32,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ハット¥34,000/ドゥロワー 日本橋店(ラ スリーズ) ネックレス¥27,000・バングル(右手)¥27,000/アダワットトゥアレグ バングル(左手)¥130,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥17,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)
ドライタッチのリネン×レーヨンストレッチのトップス
前が腰骨丈のシャープな前後差だからインもアウトもOK。素材はドライタッチのリネン×レーヨンストレッチ。
¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス)
浅いVネック+リボンタイ
前がラウンド、後ろがスクエアの甘辛バランスでおなか周りをカバー。浅いVネック+リボンタイには視線をそらせる役割も。
¥41,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
理想的なラウンドカラー&腰骨丈を華やかなフリル袖
理想的なラウンドカラー&腰骨丈を華やかなフリル袖で盛り上げたコットンシルク製。ピンクベージュに気持ちも上がる。
¥86,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)
シャープなストライプシャツ
大胆な前後差とシャープなストライプの視覚効果は絶大。カフタン風の胸もとは狭く浅めのVネック。
¥19,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ヴェルメイユ パー イエナ)
テラコッタカラーの綿シャツ
前後寸の差が少ないテラコッタカラーの綿シャツ。すそのウエストインはもちろんアウトにしてもしっかりおなかをカバー。胸もとはスキッパータイプのバンドカラー。
¥21,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)

 

「おなか」と「二の腕」をカバーするレジェンド級『ワンピース』の選び方 

⑤スタイリスト 望月律子さんの 「細見え」アドバイス

スタイリスト 望月律子さん

スタイリスト 望月律子さん

ベーシックとトレンドが絶妙なさじかげんの、洗練されたスタイリングが働く女性に好評。多くの女性誌やカタログに加え、トークイベントやブランドとのコラボ開発と、活躍の場を広げている。

「隠すだけはNG。おなかと二の腕の悩みは、ウエストマークと袖のデザインでクリアして」

ゆるいシルエットのラクちんワンピースは着心地がよく引き続きトレンドのひとつですが、おなかや二の腕をすっぽり隠してしまうデザインは避けたいところ。ほっこり見えたり、輪郭がぼんやりして太っている印象を与えかねません。そこで大切なのはウエストを隠さないこと。

今シーズン、ウエストをさりげなく印象づけるベルトや切り替えといったディテールが効いたワンピースが豊富です。絞って強調するのではなく、取り入れやすくてデザインの一部で終わらない、おなかをカバーする役割を担っているところに今までとの違いを感じます。

そしてもうひとつ。二の腕の悩みは、袖まわりのデザインと視覚効果で解消できます。例えば人気のドロップショルダーは、「二の腕を隠した広めの袖口から出る腕は細い」という錯覚を起こさせます。またゆったりとした七分袖は、体のパーツの中でどこよりも細い手首を強調するという具合。今やノースリーブにも、二の腕の後ろのゆるみがちな部分をカバーする進化したデザインが増えてきました。体型カバーできて今年らしいワンピースなら、毎日でも着たくなりますね。

《おなか対策ウエストをゆるく”つくり出す”

ウエストをゆるく作り出す

ウエスト切り替え

ただの切り替えやゴムが入っただけのものではなく、ドレープやタッキングで体の立体感を包み込むデザインを。

太めベルト

太めベルト

共布のベルトをはじめ、リボンタイプやバックル使いと、どれも締めつけ感なくゆるくウエストをつくるのに効果的。

《二の腕対策さりげなくカバーする袖まわりのデザイン

二の腕をカバーする袖まわりのデザイン

ドロップショルダー

袖のつけ線が腕方向に落ちることで、肩から二の腕のラインをナチュラルにカバー。同時に女性的な華奢さも演出。

肩から二の腕のラインをカバーするドロップショルダー

進化系ノースリーブ

二の腕の後ろのゆるんだ部分に添うように張り出したスリーブは、ノースリーブをあきらめていた人の救世主。

ゆったり七分袖の進化系ノースリーブ

ADORE(アドーア)

長く下がったベルト、袖口にゆとりのある七分袖と、トレンドがおなかと二の腕のカバーに効くフィット&フレア。レディライクなデザインをデニムタッチの素材に落とし込むことで、ぐっと身近で着こなしやすい一着に。

レジェンド級ワンピース
ワンピース(共布ベルトつき)¥56,000/ADORE ピアス¥19,000/アガット ブレスレット¥60,000/アパルトモン 神戸店(ジジ) バッグ¥52,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ) 靴¥97,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

 

⑥シャツワンピース

おなかと二の腕をしっかりフォローしながら旬を感じさせる一着が満載。アラフィー信頼ブランドから到着したシャツワンピースをご紹介!

BARENA(バレナ)

BARENA(バレナ)のシャツワンピース

ユニフォーム風ディテールが二の腕に有効

フレンチスリーブ風の肩章とリボンベルトのカバー力が秀逸。素材は薄手でも張りのあるコットン。サイドスリット入りだから、パンツをレイヤードしても素敵。

ワンピース(共布ベルトつき)¥49,000/エリオポール代官山(バレナ) ピアス¥27,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル(2個セット)¥8,000/アズラボ バッグ¥29,000/オルサ(オルセット) 靴¥24,000/トゥモローランド(フランコ ボスキ)

ESSEN.LAUTREAMONT(エッセン.ロートレアモン)

シャツワンピース

フロントのシャツ結びがおなか周りを目くらまし

キャップスリーブから落ちる縦長のボックスシルエットに、シャツを結ぶデザインでおなかの悩みがなかったことに。とろみ素材。

ワンピース¥43,000/エッセン.ロートレアモン ピアス¥20,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・バッグ¥14,000(マルシェ)/以上フラッパーズ バングル¥8,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) 靴¥54,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

ebure(エブール)

エブーツのシャツワンピース

太ベルトを二度巻きするフェミニンなシャツ型

前身頃や背中、袖のギャザーと計算された切り替えにカマーベルト風の太ベルトでウエストをマーク。ボリュームの緩急でおなかをカムフラージュする七分袖。コットンの扱いやすさとシックな黒がこれからの季節、頼りになる。

ワンピース(共布ベルトつき)¥56,000/ebure ピアス¥18,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) バッグ¥15,000(マルシェ)・靴¥46,000(ネブローニ)/以上フラッパーズ

 

⑦ドレッシーワンピース

おなかと二の腕をカバーしながら旬を感じさせる一着は、アラフィー信頼ブランドから選ぶのが正解。SAYAKADAVIS、MOGA、martiniqueから注目の新作ワンピースをピックアップ!

SAYAKADAVIS(サヤカ デイヴィス)

SAYAKADAVIS(サヤカ デイヴィス)のドレッシーワンピース

おなかを押さえるラップタイプでロング&リーンにトライ!

後ろ身頃が二の腕の後ろをおしゃれに隠す進化系ノースリーブ。タイトに見えるシルエットも、おなか周りのサイズ調整がフレキシブルなラップ式で安定感のある着心地。レーヨン×綿麻。

ワンピース¥59,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) ピアス¥165,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥18,000/エスケーパーズオンライン(パロロサ) 靴¥98,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

MOGA(モガ)

モガのドレッシーワンピース

きちんと感の中のゆるさで体型カバーも抜け感も!

ゆとりあるボックスシルエットをステッチ入りの太ベルトでマークして生まれる、ほどよいメリハリが決め手。スリットネックからのドロップショルダーで、デコルテも二の腕もほっそり見えて。

ワンピース(共布ベルトつき)¥38,000/MOGA サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) イヤリング¥10,000/トゥモローランド(フランシンヌ ブラムリ パリ) リング¥35,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

martinique(マルティニーク)

マルティニークのドレッシーワンピース

着くずれせず胸もとをふっくら見せるカシュクール風

ハイウエスト位置に太ベルト状の切り替えを入れることで、胸もとからのドレープを受け止めるメリハリのあるデザイン。夏にうれしい清涼感あるストレッチ入りは締めつけ感がなく快適そのもの。

ワンピース(ペチコートつき)¥32,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) ピアス¥16,000(バンボレイラ)・靴¥25,000(スペルタ)/以上フラッパーズ バッグ¥132,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)

 

「おなか」と「下半身」をカバーするスカートとパンツの正しい選び方 

スタイリスト 室井由美子

スタイリスト 室井由美子

シンプルにほどよいモード感を取り入れたリュクスなスタイリングが人気。本誌をはじめ多くの女性誌やウェブマガジンで活躍する中、ブランドのカタログやコラボにも引っぱりだこ。
クルッと巻きつけることからラップと呼ばれるとおり、しっかりした厚手の生地や伸縮性のある素材でおなかから太もも、下半身を無理なく押さえて整えるラップスカート。気になる部分から視線をそらせるディテールや、ラップに見せた巻かないラップ風でスカートのおしゃれを楽しんで。
(スタイリスト・室井由美子さん)

⑧軽やかさが魅力!ラップタイプのプリーツスカート

おなかから下半身を優しく包み込む「ラップスカート」は、大人の身体をキレイに見せるのにうってつけ。今回は、ラップデザインとプリーツを組み合わせた、おしゃれな3枚をピックアップ!
ラップタイプのプリーツスカート
フラットな生地とプリーツを組み合わせた変形ラップは、おなかや下半身を軽やかにカバー。涼しげなストレッチ製。
スカート¥44,000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥33,000/マディソンブルー サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥22,000 /ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バングル¥7,119/アビステ バッグ¥229,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥76,000/ドゥロワー 六本木店(チャーチ)
ラップタイプのプリーツスカート
サマーウールの内側に長さ違いのナイロンプリーツを仕込んだ、モードが香るイレギュラーデザイン。ストレッチ入りのはき心地は、まるでライトガードルのように心地いい。これからの季節はTシャツとのコーディネートもラフになりすぎずこなれ感たっぷりに。
スカート¥38,000/ボウルズ(ハイク)
ラップタイプのプリーツスカート
前はフラットな正統派で、後ろはぐるりとプリーツ仕様。ダーツを入れることでヒップを立体的に包むミディ丈は、下半身のラインを拾わず整えてくれる。歩くたびにちらっと足がのぞく軽やかさもラップタイプの魅力。
スカート¥48,000/アングローバル(イレーヴ)

 

⑨はき心地も抜群! 旬デザインのラップスカート

しっかりした厚手の生地や伸縮性のある素材でおなかから太もも、下半身を無理なく押さえて整えるラップスカート。気になる部分から視線をそらせるディティールがつまった旬のアイテムをご紹介!
旬デザインのラップスカート
重なりとベルトでフラットなおなかに。
スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥38,000/クルチアーニ カットソー¥14,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) ハット¥53,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ピアス¥22,000/フレームワーク ルミネ新宿店(インツー デザイン) ネックレス¥15,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥8,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ) ストール¥23,000(参考価格/アルテア)・靴¥29,000(ペリーコ サニー)/以上アマン バッグ¥36,000/エストネーション(アニータ ビラルディ)
旬デザインのラップスカート
ウエストに大きめなバックルを配し、アシンメトリーなラインとランダムなすその落ち方で下半身がきれいに見えるデザイン。レーヨン×ナイロンのしなやかな軽さと、定番色と相性がいいマスタードでマンネリ脱出。
スカート¥42,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス)
旬デザインのラップスカート
リネンの質感を生かしつつ、額縁のような黒のパイピングが着やせ効果を発揮。長くとったウエストリボンとの相乗効果で下半身がシャープに引き締まる。きちんとした場にもふさわしい品のよさも魅力。
スカート¥21,000/ビームス ハウス丸の内(デミルクス ビームス)

 

⑩パンツは「一部ウエストゴム」に頼る

骨格やお肉のつき具合など個人差の大きいおなか周りと下半身。そこにサイズ問題が加わるパンツ選びは、ウエストの一部がゴム仕様なら誰にでも似合いやすくなります。さらに“ラクちんでもだらしなく見えない”を優先するならナチュラルテーパードを。
一部ウエストゴムパンツ
パンツ姿に自信がもてるしわ知らずのまっすぐな落ち感。腰からの落ち感とスリットから見える足首でいっそうすっきりとした直線的な下半身に。
パンツ¥23,000/カオス新宿(カオス) ジャケット¥127,000/ビームス ハウス 丸の内(ドナテッラ・ラッジョ) カットソー¥16,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) イヤリング¥5,891・バングル¥20,000/アビステ ストール¥15,000/RHC ロンハーマン(カシミール ルーム) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
一部ウエストゴムパンツ

《Check!》

ウエストのゴムを腰部分にとどめることで、よりきれいめな雰囲気がキープできる。ベルトが太めなことでおなかを押さえることもできる。

見えてもデザインのアクセントになるオールゴムタイプ
見えてもデザインのアクセントになるオールゴムタイプ。リピーターの多い人気のワンタックパンツが、イタリア製のレーヨンリネンでリッチにブラッシュアップ。人気の理由は、下半身の太さや脚の形をカバーする股上の深さとヒップまわりのゆとり。ウエストがオールゴムでも、36、38の2サイズ展開。
パンツ¥25,000/ニアー(ニアー ニッポン)
一部ウエストゴムパンツ

《Check!》

幅の広いゴムでも圧迫感がなく、脱ぎ着してもヨレないていねいなつくり。白パンツに黒の切り替えの視覚効果にも期待。

動きやすさを重視したすっきりテーパード
動きやすさを重視したすっきりテーパード。しわ回復加工を施したコットンツイルのトラウザーパンツ。膝下がすっきり見えるトラッド風味のテーパードは、ここで紹介するほかのパンツより細身に見えるが、わたり部分にゆとりがあるためおなかのカバーはバッチリ!
パンツ¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール)
フロントはトラウザー見え、後ろ全体がゴム仕様

《Check!》

フロントはトラウザー見え、後ろ全体がゴム仕様。立つ・座るという日常の動作もスムーズで、ネイビーの清潔感も魅力。

10年間支持され続ける銘品ソフトジョッパーズ。あらゆるスタイルアップ要素がつまったジョッパーズは、ブラント随一のベストセラー。腰から太ももにゆとりをもたせ、膝下を絞ることでおなかから太ももをカバーして着膨れ知らず。XXS~Lまでの5サイズ展開。
パンツ¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)
2タック入りのハイウエストで

《Check!》

2タック入りのハイウエストで、後ろ全体がゴム仕様。ジャージーに似たストレス知らずの肌ざわりとはき心地は太鼓判。

ゆとりが細見えに直結するクロップト
見えない部分のゆとりが細見えに直結するクロップト。立体的なパターンテクニックを使ったカジュアルパンツは、深めのわたりとヒップ下にさりげなく接ぎを入れることでおなかとヒップまわりをすっきり見せることに成功。しわが目立たないコットンライクなポリエステルが、もたつき感まで解消してくれる。
パンツ¥29,000/レリアン
見えはフロントの一部分だけで、ぐるりとゴム仕様に

《Check!》

トラウザー見えはフロントの一部分だけで、ぐるりとゴム仕様に。無理のないはき心地でウエストの収まりがいいのも◎。

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/物) 金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 望月律子(KIND) モデル/RINA ゆうき 田沢美亜 取材・原文/向井真樹 
※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
※エクラ2020年6・7月合併号掲載 

What's New

Feature
Ranking
Instagram