【2020夏】アラフィーの水際のおしゃれに大活躍「大人の水着&はおり服」特集

体型カバーにとどまらず、美しく引き立ててくれるもの、タウンユースできるものと活況にわく大人の水着事情。いつもの延長で水際のおしゃれを楽しみたい、そんな願いをかなえてくれる最旬情報をお届け!

 

①HERMÈS(エルメス)

何げないたたずまいにも匂いたつエレガンス。リゾートでのひと時をよりプレシャスなものにしたい、そんな大人のためのラグジュアリーアイテムがそろう。

大人の水着

ほどよい張りのジャージー素材で、体に心地よくフィット。取りはずし可能なパッドつき。水着トップ¥44,000・ボトム¥24,000/エルメスジャポン(エルメス)

バッファローホーンにラッカーを塗り重ねた独特の表情が魅力。ネックレス¥173,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

ネイビーのパイル地に浮き上がる白いレオパードモチーフ。抜染という卓越した技法が生んだ逸品。

ビーチタオル¥56,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

ナッパレザーの錨の鎖をモチーフにしたエスパドリーユサンダル。

靴¥78,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

胸もとのタッセルや、ジャージージャカードの織り模様が、女性の体を美しく見せる。

水着¥73,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

素肌がほんのりと透けるコットンのシャツにはスカーフ柄をあしらって。

シャツ¥203,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

配色にセンスが光るショーツは、薄手のコットンではき心地も軽やか。
ショーツ¥152,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

人気モチーフのサンダルが総ラバーで登場。
靴¥39,000/エルメスジャポン(エルメス)

大人の水着

広めのつばが優雅さを演出。
帽子¥89,000/エルメスジャポン(エルメス)

 

②STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)

夏に品よく映えるシックな配色と、ヘルシーな女性らしさが魅力。大人にふさわしいこなれ感も、お手のもの。

大人の水着

白地に黒のプリントでどこかつややか。胸もとのホールやリボンに施されたパールのチャームも大人向き。

水着¥48,400/タニ ジャパン(ステラ マッカートニー ウィメンズ スイムウェア)

大人の水着

水着と同じ柄のカフタンドレス。周囲に配された黒地のブランドロゴが全身をキリリと引き締めて。

カフタンドレス¥57,800/タニ ジャパン(ステラ マッカートニー ウィメンズ スイムウェア)

大人の水着

シルバーのロゴマークが上品なポイントに。大判で使い勝手がよく、旅先でもマルチに活躍。

ビーチタオル¥30,500/タニ ジャパン(ステラ マッカートニー ウィメンズ スイムウェア)

大人の水着

黒地にカラフルな花柄のコンビネーションがシック。

水着トップ¥28,100・ボトム¥18,800/タニ ジャパン(ステラ マッカートニー ウィメンズ スイムウェア)

大きめな襟とフラップつきのフロントポケットでジャケットライクな一枚。

シャツ¥120,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)

大人の水着

ラフィアに黒のレザー風素材が上品にマッチ。たっぷりと詰め込めるから、タウンユースはもちろん、必要なものを入れてビーチやプールサイドにも。

バッグ¥77,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)

大人の水着

エスパドリーユも、黒のアッパーで大人顔に。
靴¥46,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)

 

③Curensology(カレンソロジー)

丸みを帯び、ゆるんだ大人の体のラインを心地よくデザインでカバー。タウンユースできる素材感とディテールの秀逸さが光る!

大人の水着

肌ざわりがよく、ストレッチ性のあるマイクロファイバーを使用し、タウンユースも可能に。ショートパンツはゴムを使用せず、ぽっこりおなかを美しく解消してくれる。

水着(3点セット)¥20,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー)

大人の水着

さらりとした着心地のよい生地感で、リボンは前後どちらでも使用可能。持ち運びに便利なポーチつき。

ラッシュガード¥10,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー)

大人の水着

長めのリネン素材のリボンが華やかなアクセントに。

水着¥16,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー)

 

④martinique(マルティニーク)

水着のプロフェッショナルである『スピード』とのコラボレーション。実用的でしゃれ見えもかなえた、大人のためのスペシャルな水際アイテムが実現。

大人の水着

軽やかなイタリア製生地を使用。日焼け止めやカビへの耐性、優れた速乾性とUVカットなど機能性の高さも文句なし。フロントジップで着脱も簡単。

SPEEDOコラボブルゾン¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク)

大人の水着

おなかまで隠れるトップスとボトムの安心感のあるセットアップ。クロスバンド風の胸もとと背中のあきでこなれ感も抜群。

SPEEDOコラボ水着(セット)¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク)

 

⑤någonstans(ナゴンスタンス)

アクティブにしてくれる水着が今季も充実。ファンの多いショート丈のオールインワンはさらにラインナップが豊富に。

大人の水着

植物を彷彿とさせるグリーンが印象的。オーバーシャツ感覚で無造作に水着の上にはおれば、さりげなく今っぽさをまとえる。

ガウン¥24,000/ナゴンスタンス

大人の水着

とろみ素材で着るだけで美しいブラウジングが。おなかまわりのコンプレックスを美しく解消してくれる。

水着¥24,000/ナゴンスタンス

大人の水着

フレアシルエットのショートパンツタイプなら、ハードルもうんと低めで気負いなくトライできる。

水着¥23,000/ナゴンスタンス

 

⑥muller of yoshiokubo(ミュラー オブ ヨシオクボ)

生地や色使い、美しくカバーしてくれる秀逸なデザインに人気集中。タウンユースアイテムとの相性も抜群。

大人の水着

新作のラッシュガードは、大人の肌にもなじむマットなリブ素材。背中は大胆に開いたデザインで、街にも溶け込む仕様に。

水着トップ¥18,000・ボトム¥8,500/ミュラー オブ ヨシオクボ

大人の水着

水着には珍しいラフィア風の素材感と、安定感のある太めのゴムのアクセントでインナー使いにも人気の水着が、より着やすいデザインにアップデート。

水着トップ¥15,000・ボトム¥8,000/ミュラー オブ ヨシオクボ

大人の水着

さらりとした素材感のパンツは、辛めな花柄が華やか。リゾートのさまざまなシーンで映えそう。

パンツ¥33,000/ミュラー オブ ヨシオクボ

 

⑦Chaos(カオス)

「大人のために」がコンセプトの、信頼ブランド初のスイムウエアは、早くも話題に。美しいたたずまいが自信を後押ししてくれる!

大人の水着

ストレッチ性の高いイタリアのインポート素材は、着心地よく、美しく体にフィット。ヒップ上にギャザーをとることで後ろ姿にも自信がもてる仕様に。*デザイン一部変更あり。

水着ボトム¥8,000水着¥16,000/カオス新宿(カオス)

大人の水着

インドの手紡ぎの糸を手織りした“カディ”を使用。手作業が生む独特のムラで、風通しのよさも抜群。シャツ¥34,000/カオス新宿(カオス)

 

⑧おしゃれプロたちの水際スタイルを大公開

《Stylist》徳原 文子さん

大人の水着

水際でも華やぎスカートはマスト! 白で清潔感をプラス

「リゾートでは水際で過ごす派なので、ふだんのおしゃれの延長です。セットアップの水着にマリハのティアードスカートを。華があるのでシンプルなトップスが多くなる旅行の必需品です。アソース メレのリネンストールも常備。洗えるバッグや折りたためるハットなど機能性も重視!」

水着トップ¥13,000・ボトム¥15,000/ナゴンスタンス スカート¥24,000/ショールーム セッション(マリハ) 帽子¥16,000/エストネーション(ラ メゾン ド リリス) ストール¥36,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥2,200/リップカールジャパン(ハワイアナス)

 

《Stylist》福田 亜矢子さん

大人の水着

いつもの感覚で着られるラッシュガードを『N.O.R.C』でつくりました

「水着になった途端に雰囲気が変わってしまうのは避けたくて。ディレクションをしている『N.O.R.C』で、リラックスしたゆるさのある“いつもっぽい”シンプルなラッシュガードをつくりました。全身をモノトーンで整えて、若い子とは一線を画すシックなスタイリングを心がけます」

水着¥24,000/プラージュ 代官山店(ハイツ) ラッシュガード¥9,900・ボトム¥7,900/ノーク ネックレス¥120,000/エストネーション(ミズキ) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥70,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

 

《Stylist》室井 由美子さん

大人の水着

心地よく過ごすために、風合いのよいものを厳選

「水着やはおりは、体型カバーのほかに、いろいろなコーディネートが思いつくものが便利。きれい色の水着は背中が大きく開いていて女っぽく着られますし、カフタンドレスはたっぷりした袖や、ヒップが隠れる丈で焼かない派にぴったり。小物使いでカジュアルにもエレガントにも着こなせます」

水着¥22,000(カバナバシュ)・ネックレス(短)¥457,000(サンメイヤ)・靴¥79,000(カンフォラ)/以上ロンハーマン カフタンワンピース¥26,000/アパルトモン 神戸店(アイシュ) 帽子¥16,000/ドゥロワー 六本木店(アヴェニュー) ネックレス(長)¥105,000/RHC ロンハーマン(ミズキ) バッグ¥110,000/エスケーパーズオンライン(マルティネス)

 

《Editor & Writer》磯部 安伽さん

大人の水着

憧れはヨーロッパマダム! ヘルシーな色気を目ざします

「スポーティすぎてしまうと、私の場合色気が足りない(笑)。だからいつも以上に女らしさを気にかけます。水着は、大人っぽくてモードなニュアンスのものを厳選。いつものリネンシャツをガバッとはおり、レザーパンツでクラス感を。サングラスも、ふだんよりも大きめなものでアクセントに」

水着¥24,000/ミュラー オブ ヨシオクボ シャツ¥32,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×カオス) ショートパンツ¥157,000/マディソンブルー サングラス¥33,000/サラディストリビューション東京(オリバー ゴールドスミス) バッグ¥12,000/ザ ストア バイシー 代官山店 靴¥7,000/プラージュ 代官山店(ティキース)

 

《Editor & Writer》松井 陽子さん

大人の水着

“透け感”で、ヘルシーに女っぽさをプラス

「サーフィンをするので水着は機能性も重視。表面にオーガンジーを配したワンピースの水着は、つやっぽさもあって◎。動きやすくおなかまわりも気になりません。ニュートラルな色でまとめるときは、地味にならないようにひとくせアイテムを重ねます。フレッシュカラーのストールをポイントに」

水着¥19,000/RHC ロンハーマン(ペール スイムウェア) トップス(キャミソールつき)¥36,000・帽子¥16,000(ともにキジマ タカユキ フォー ロンハーマン)・ストール¥42,000(アソース メレ)/以上ロンハーマン バッグ¥38,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥69,000/アパルトモン 神戸店(ジュゼッペ ザノッティ)

 

《Editor & Writer》坪田 あさみさん

大人の水着

キャミソールがわりになるワンピースが本命!

「これまでは割とスポーティなビキニ派でしたが、今シーズンはワンピースに挑戦。おなかのぽっこりが気になるので、どこかにちゃんとポイントがあるものを選びました。海辺近くで生活しているので、水着はキャミソールがわりに大活躍。小物はぬれてもよいもの、サングラスは旬度の高いものを街兼用で」

水着¥16,500/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店(レピドス フォー ユナイテッドアローズ) パンツ¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ヴィガーノ) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥19,000/ガリャルダガランテ 表参道店(パロローサ) 靴¥2,700/リップカールジャパン(ハワイアナス)

 

《D.Editor-in-Chief》副編U

大人の水着

全身をアーシーな色で。リゾートになじむ装いに

「リゾートスタイルは、その場になじむ“色”を意識します。今年はベージュからブラウンまでのアースカラーが気分。水着をはじめ、全身をこの色幅で。海外のリゾートでも浮かず、幼い印象になりません。コーディネートしやすいのもポイントです。旬のレザーパンツに、カシュクールシャツで華やぎを」

水着¥29,000(ヌースイム)・シャツ¥22,000(ヴェルメイユ パー イエナ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 青山店 パンツ¥49,000(アンスクリア)・ピアス¥12,000・バングル(太)¥16,000(ともにアンセム フォー ザ センセズ)・靴¥16,000(マウロ・デ・バーリ)/以上アマン バングル(細)¥12,000/ビームス ハウス 丸の内(フィリップ オーディベール) バッグ¥11,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店(ヴィドヴァンスター)

 

《Editor》編集M

大人の水着

着映え感のあるラッシュガードに小物で大人のムードを足します

「ティアードのデザインでちょっとだけ甘さのあるyoriのラッシュガードは、チュニック感覚で着られます。デコルテや手の甲までガードできて、日焼け止めを塗り直す手間が省けるのもうれしい。水際で欠かさないのが大ぶりのピアス。映えるけれど目立ちすぎないものを選びます」

水着トップ¥8,000・ボトム¥7,000/ビームス ライツ 渋谷(ローラス) ラッシュガード¥12,000・ボトム¥6,000/yori 帽子¥13,800(ラ メゾン ド リリス)・靴¥49,000(ペリーコ)/以上ガリャルダガランテ 表参道店 ピアス¥15,000/カレンソロジー 青山(ニナ&ジュール) バッグ¥10,000/プラージュ 代官山店(ジャミレイ)

What's New

Feature
Ranking