【新「大草直子メソッド」で夏おしゃれ】大草さんのこの夏のスタイルをズバリ教えて!

スタイリスト・大草直子さんがリモート生活を通して生み出した、真に使える新しいスタイルとは? ちょうどいい“心地よさ”を追求した先に見つけたという「この夏の大草カジュアル3スタイル」をご紹介。
スタイリスト 大草直子

スタイリスト 大草直子

おおくさ なおこ●スタイリスト、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。スタイリストとして活躍するほか、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。新著『大草直子のNEW BASIC STYLE』のほか、インスタグラムも人気。Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Q.大草さんのこの夏のスタイル、ズバリ教えて!

A.「洗える才色兼備ワンピース」「フェミニントップス×デニム」「ロゴTシャツ×女神スカート」の3択が新しい基準に!

「きちんとおしゃれをしてしかるべき場所へ、というよりもご近所や2、3駅先くらいでランチを。そんなイメージの服が本当に使えます。気の張ったおしゃれには違和感があるし、かといってあきらめたような印象になるのも望むところではありません。ちょうどいい“心地よさ”を追求した先にあったのが、この3つのパターンです。今の本音に応えてくれます!」

【洗える才色兼備ワンピース】

洗える才色兼備ワンピースコーデの大草直子さん

「立体的なフォルムで、全方位どこから見ても美しいものがおすすめ。一枚で絵になるから!」

ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ネックレス(ターコイズ)¥75,000(ハルポ)・リング¥77,000(ソフィー ブハイ)・バッグ¥52,000(ポステレガント)/以上エスケーパーズオンライン バングル¥13,000/ロペ エターナル(ローレン マヌーギアン) 靴¥75,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー)

こんな着こなしも!
洗える才色兼備ワンピースの別コーデ

「風通しがよく、一枚で形をつくってくれる、もはや夏に欠かせないワンピース。色や着丈、デザインもですが、毎日着たいから、お家で“洗える”ことにまずはこだわりたい。これは綿とポリエステルの混紡で張りのある素材。合わせる小物と足もとの靴のイメージでカジュアル度を調整します」

ワンピース¥19,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) キャップ¥6,800/ロペ エターナル(ホリデイ ボワロー) サングラス¥4,400/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バングル¥72,000/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン) バッグ¥12,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

【フェミニントップス×デニム】

フェミニントップス×デニムのコーデ
「デニムの立ち位置も変わりました。もはや“ハズし役”ではなく、動きやすいし、洗えるし、ととことん理にかなった主たるアイテムであることを再実感。そして、トップスはぐっとフェミニンに。シンプルなTシャツではかなえられない大人の本音に寄り添うバランスです。リモート映えも」
ブラウス¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) デニムパンツ¥7,700/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ネックレス¥24,000・バングル¥32,000/エスケーパーズオンライン(マリア ブラック) バッグ¥145,000/ハウント代官山(ゲストリスト/ザンケッティ) 靴¥49,000/ヒラオインク(クレジュリー)

ロゴTシャツ×女神スカート

ロゴTシャツ×女神スカートコーデ
「“女神スカート”と名づけたのは、繊細なドレープがあって足さばきが女性らしい、そんなイメージのマキシ丈のスカート。トップスはインして重心を引き上げたいので、ロゴTシャツを。このバランスなら、きれいめからビーチサンダルまでのフラット靴が自在に取り入れられて、より快適!」
Tシャツ¥6,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) スカート¥24,000/カデュネ(カデュネ) サングラス¥44,000/グローブスペックス エージェント(アーレム) ピアス¥11,000/ハウント代官山(ゲストリスト/フィリップ オーディベール) バッグ¥33,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥25,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(スペルタ)

What's New

Feature
Ranking