50代の新しい日常のスタイル「ワンマイルコーデ」おしゃれプロ&読者スナップ集

生活様式の変化で、これまで以上にご近所、ワンマイルの比重がアップ。そんなときに選ぶ服こそ、自分が本当に着たい服。アラフィー女性が行きついた〝心地よく〟〝気分が上がる〟おしゃれスタイルとは?誌面でも大活躍の「おしゃれプロ」、トレンドにアンテナを張って時代の流れに敏感な「読者ブロガー&インスタグラマー」のワンマイルスタイルを大公開!

 

【おしゃれプロたちのワンマイルコーデ編】

リモートで仕事をこなし家族との時間も大切に…

そんな中でも黒、ベージュ、ブルーなど最愛カラーをベースに気持ちが上がる着こなしを実践中。

 
①スタイリスト 大草直子さんのワンマイルコーデ

在宅期間中は自宅での撮影やインスタライブを数多くこなしながら、家族との濃密な時間を過ごしたという大草さん。「ワンマイルが日常のドレスコードになった今、気負わず、近しい人と自分自身を“歓待“できる服が新しい日常服になりましたね。常識や年相応という他人軸ではなく、ラクちんとかこれが好きといった自分軸で選んだ服が、こんなに心地いいなんて!と実感しました」。
ご主人と一緒に買い出しへ行く大草直子さん
ご主人と一緒に買い出しへ。「年齢を重ねた男性はトラッドに装うのが素敵だと思っています。ネイビーのニットを選んだ夫に合わせて、私は黒のマキシ丈ワンピースを。この色合わせ、好きなんです。体を締めつけず、スニーカーにもサンダルにも合うので重宝しています」。
ワンピース/ジルサンダー キャップ/海外で購入 バッグ/セルジオ ロッシのノベルティ 靴/クロエ
同じブランドのデニムのリンクコーデのご主人と大草さん

「同じブランドのデニムをリンクさせて旅仕様のワードローブを日常に」

お酒を飲みながらふたりでキッチンに立つときはデニム。「ラインも加工も違うけど、同じブランドだから統一感があるでしょ。在宅中は旅先で着るカフタンやきれい色のシャツに袖を通すことが多かったですね」。

カフタン/海外で購入 デニム/アッパーハイツ

リモート映えする黒トップスコーデの大草さん

「リモート映えする黒トップスには柔らか色のラクちんスカート!」

「テレビ会議を導入して、黒トップスは顔の輪郭をクリアにして打ち合わせに集中できるということに気づきました。スカートはウエストゴムのマキシ丈を」。

カットソー/インティミッシミ スカート/ヴェルメイユ パー イエナ ピアス/ジョージ ジェンセン

 
②ワンピースのワンマイルコーデ

エディター・ライター 松井陽子さん

「昔から人々の暮らしの中で愛され受け継がれてきた藍染めを大好きなワンピースで」

日本古来の藍染めを継承する夫の物づくりを、自身のブランド「My Dearest Blue…」で現代にフィットするアイテムに昇華させ応援する松井さん。「有機的な青色の魅力もですが、藍染めの天然繊維しか染まらない繊細さと洗濯機で洗える強さを、家にいる時間が長かったからこそ改めて実感できました。理にかなったオーセンティックなもののよさをこれからも身につけたいと思っています」。

カフタンドレスコーデの松井陽子さん

中東のムードはそのままに土くささやほっこり感を削ぎ落としたコットン100%のカフタンドレスは、小物に遊びとモード感を添えるのが松井さん流。「夏の毎日はずっとこんな感じ。靴を替えれば都心に出られそうなドレスは何枚あってもうれしいですね」。

ワンピース/リトマス インディゴ スタジオ ジャパン(My Dearest Blue…) サングラス/Eva Masaki ピアス・ネックレス/ティファニー バングル/エルメス バッグ/CABANABASH 靴/レインボーサンダル

 

「カオス」ディレクター 櫛部美佐子さん

「いいものを手元に! 心地よさに慈しみの心が芽生えました」

「がんばるより心地よさに気持ちが向くようになって、必要なものだけを手元に置きたいと思うように」という櫛部さんは、素材愛が人いちばい強い人。ご近所の買い物や週一の打ち合わせで着用したのがこのワンピース。「インドの手紡ぎの糸を手織りしたカディー布で製作。肌が呼吸できている感覚がとにかく心地よくて」とうれしそう。

細番手のリネンワンピースコーデの櫛部美佐子さん

細番手のリネンワンピースは、一度洗いをかけることでドレープの表情がやわらぎ微光沢も美しい。「ベージュのパンツと重ね着して変化をつけました。ネックレスもバングルもたっぷり、が今の気分ですね。奇をてらわないディテールがワンマイルにちょうどいいけれど、大好きな軽井沢へも出かけたいな」。

ワンピース・パンツ/カオス ピアス/LON ネックレス/crescioni 靴/TKEES

 

スタイリスト 徳原文子さん

「見た目、着心地、使い勝手。断捨離をして服に求める理想に気づきました」

「求めているのは、ストレスフリーで気持ちを上げてくれる服。断捨離中もクロゼットから好きな色やデザインを見つけるたびにワクワク(笑)。マキシ丈のワンピースは私にとって、オンにもオフにも欠かせません!」

ネイビーレースのワンピースコーデの徳原文子さん

「小物を替えればフォーマルとしても着回せる、きちんとした雰囲気のネイビーレースのワンピース。今日はトングサンダルとレザーのかごバッグでカジュアルダウンして」。

ワンピース/ebure 肩にかけたカーディガン/ルトロワ ピアス/セリーヌ バッグ/アエタ 靴/レインボーサンダル

 

スタイリスト 福田亜矢子さん

「ほどよくモードで一枚で着映える黒ワンピースさえあれば」

「肌ざわりがよくて動きやすく、温度調整できること。ほどよいトレンド感があっておしゃれしていると感じられる服が着たいですね。夏に着る黒は特別なムードと清涼感があるので、真っ先にワンピースで取り入れます」

モード感漂うブラックのワンピースコーデの福田亜矢子さん

わきが見えないデザインやボディラインを拾わずモード感漂うシルエットはさすが。「リネンの肌ざわりがとにかく気持ちよくて、オンライン会議やサンプルチェックにと、暑くなる前から大活躍」。ブラックコーデには、かごバッグで軽やかさを。

ワンピース/ハイク デニム/N.O.R.C ピアス/マリア ブラック かごバッグ/BEMBIEN 靴/エルメス

 

スローン プレス 森内敏子さん

「クタクタになったら部屋着に(笑)。好きすぎるワンピースに出会いました」

「これを着てマンション沿いの遊歩道を散歩するだけで気持ちが上がります。日ごろから一枚でおしゃれに見える服の必要性を感じているので、コーディネートいらずできちんと見えるワンピースは私の理想形です」

スローンのワンピース森内敏子さん

「とびきりラクちんなのにそう見えない。だから通勤に、カーディガンをはおれば娘の学校にと、日常のあらゆる場面で重宝しています。ミラノリブは自宅で洗えるのも魅力ですね」。お嬢さんの莉子さんは、スローンのTシャツの1サイズを愛用中。親子でリンクするモノトーンの着こなしが涼しげで素敵。

ワンピース/スローン 靴/コンバース

 

 
③パンツ&ロングスカートワンマイルコーデ

エディター・ライター 坪田あさみさん

「カラーアイテムを投入して気持ちにメリハリを」

Tシャツとデニムだけでは毎日に高揚感が得られないと感じた坪田さん。ステイホーム中、せめて気持ちだけはおしゃれで上げていこう、と実践したのが色のある服を着ること。「一日中自宅にいる日も、外出用の服をあえて着ることで気分がしゃんとして、家事もテキパキこなせるようになりました。着ていて疲れてしまう服は違うけど、鏡に映る自分の姿にテンションが下がるラクすぎる服も心地よいとはいいがたい。適度な緊張感と気分を上げる要素を兼ねたワンマイルウエアが必要ですね」。

フューシャピンクのカラーパンツコーデの坪田あさみさん

最近、引っ越しをした坪田さん。「鮮やかなフューシャピンクのパンツは、はくだけで明るい気持ちになるお気に入り。Tシャツよりきちんと感が出るニットを合わせました」。

ニット/ティボー ヴァン ダル ストラット パンツ/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 頭に巻いたスカーフ/フォンデル ピアス/マリア ブラック ネックレス/マリハ バングル/トゥモローランド

マキシ丈のスカートとレザーのフラットシューズコーデの坪田さん

「手軽なワンツーコーデも、マキシ丈のスカートにすることで今っぽさを出しました。いつもはビーサンですが、レザーのフラットシューズに履き替え、ジャケットも持参します。ポチッて買った小さめのポシェットを斜めがけすると両手があく、この快適さもワンマイルならではですね」。テラス席でのランチへ。

トップス/イレーヴ スカート・ジャケット/カオス ピアス/レイチェル コーミー バッグ/HEREU 靴/ザラ

 

スタイリスト 望月律子さん

「ほんのり気持ちが上がる華のある着こなしの大切さを再確認しました」

「いつものワンマイルより今はおしゃれがしたい気分ですね。リラックスしすぎたりカジュアルすぎると、体も気持ちもゆるむ気がして(笑)。自分には何がどれだけあればおしゃれが楽しめるかを、日々思案中です」

ペイズリー柄スカートとニットのコーデの望月律子さん

「シックな配色のペイズリー柄スカートは、着こなしがふんわり華やかになるお気に入り。ニットはほっこりしないように、Vネックでシャープな抜け感をつくります」。単調になりがちなワンツーコーデは、ニュアンス柄をアクセントに。

ニット/ドゥーズィエム クラス スカート/ソレイアード サングラス/モスコット 靴/ジャンヴィト ロッシ

 

エディター・ライター 宮崎桃代さん

スローンのセットアップコーデの宮崎桃代さん

エクラ5月号「エクラプレミアム通販 桃代セオリーで選ぶ服」で、自身が惚れ込んだ一着。「着心地はほぼ部屋着なのに絶妙な配色でしゃれて見えるので、リモートも外出にもヘビロテ。ほんのり光沢があるミラノリブは上下別々にも活躍するし、自宅で洗えるのも今の季節にうれしい」。

セットアップ/スローン ボディバッグ/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴/テバ

 

スタイリスト 室井由美子さん

「理にかなった着心地を極めたら、きれいめカジュアルに行きつきました」

「バッグは軽くてたくさん入るもの、靴は足に負担の少ないフラットをと、以前よりもっともっと快適さを重視するようになりました。だらしなく見えないように、すその片方をインしてきれいめバランスを心がけます」

トゥモローランドのパンツコーデの室井由美子さん

柔らかなトーンに夏らしい小物使いが柔和な雰囲気の室井さんにぴったり。「フロントにひねりを効かせたデザイントップスとお直しいらずでシルエットがきれいなパンツで、主人や友だちとご近所ランチへ出かけます」。

トップス/アクネ ストゥディオズ パンツ/トゥモローランド バングル/エルメス バッグ/アルテサーノ 靴/マロウ デ バーリ

 

【アラフィー読者ブロガー&インスタグラマーのワンマイルコーデ編】

トレンドにアンテナを張って時代の流れに敏感。
そして、なにより自分の心地よさを大切にしたワンマイルスタイルは必見!

 
④“きれい色”1点投入でコーデも気持ちもアップ

今年のきれい色は百花繚乱。くすみのないクリーンな色を。

「まわりを意識して着る服より、自分目線の居心地を最優先」

エクラ 華組の朝生育代さん

エクラ 華組・主婦

朝生育代さん

がんばりすぎず、好きなものを身につける幸せをつくづく感じた朝生さん。「腕が細く見えるトップスとレトロな花柄に惹かれてセールで買ったスカートに、アクセサリーは控えめ。これからは自分らしいワンマイルがおしゃれの中心になりそうです」。

トップス/ドゥロワー スカート/ザラ ピアス/shaesby バッグ/ステラ マッカートニー 靴/TKEES

 

「パンツが評判のブランドで見つけたこの色に惹かれました」

主婦の石橋洋子さん

主婦

石橋洋子さん

instagram>@yoko_bashi

「シルエットが気に入って愛用しているブランドで、このイエローにひと目惚れ」。20年前のニットと今季の小物のミックスにも、センスが光る。大きすぎるバッグのバランスも今どき! 

パンツ/インコテックス ニット・バッグ/ヴェルメイユ パー イエナ シルバーネックレス/ティファニー ブレスレット/フィリップ オーディベール 靴/ネブローニ×ヴェルメイユ パー イエナ

 

「自粛の暗い気分を吹き飛ばす、ヘルシーで女性らしい着こなしを」

エクラ 華組の木原みどりさん

エクラ 華組・会社役員

木原みどりさん

「ラクちんなものについ手がのびがちですが、このトップスは背中が開いていて袖を通すと背すじがシャンとのびる服。ショートパンツと合わせてもカジュアルになりすぎないところも気に入っています」。ベージュに映えるグリーンはさわやかで女性らしさが漂う。

トップス/エストネーション ショートパンツ/REJINA PYO バッグ/ザ ロウ 靴/NEOUS

 

「白×ブルーに黄色を加えてチアフルに海辺の暮らしを楽しみます」

エクラ 華組の内藤有耶さん

エクラ 華組・自営業

内藤有耶さん

鎌倉暮らしの内藤さんは肩の力が抜けた開放感のある着こなしで、海辺を散歩したりカフェで息抜きしたり。「自分にとって心地いいのは、白にブルーを効かせる着こなし。そこに今年は帽子にあしらわれたイエローをポイント的に効かせました。これだけで色から元気がもらえます」。

ワンピース/ファヌル インナー/GU パンツ/プラステ 帽子/GRAND MAITRE

 

エクラ 華組・自営業

内藤有耶さん

鎌倉暮らしの内藤さんは肩の力が抜けた開放感のある着こなしで、海辺を散歩したりカフェで息抜きしたり。「自分にとって心地いいのは、白にブルーを効かせる着こなし。そこに今年は帽子にあしらわれたイエローをポイント的に効かせました。これだけで色から元気がもらえます」。

ワンピース/ファヌル インナー/GU パンツ/プラステ 帽子/GRAND MAITRE

 

「上質な小物合わせで旬のグリーンを盛り上げます」

エクラ 華組の有村一美さん

エクラ 華組・主婦

有村一美さん

「友だちとのランチにいいな、と買ったプチプラワンピースですが、無性に色が着たくてふだん着に。前後差のあるすそやふんわりした素材に、いつもの買い物もハッピーな気持ちになれたんです」。お気に入りのメルカドバッグに、靴とバングルは有村さんらしくベージュで品よくまとめて。

ワンピース/ザラ ピアス/ドミニク・ドゥネーヴ バングル/ロエベ バッグ/ヘイニ 靴/エルメス

 
⑤大人のオールインワンは断然、黒をチョイス

人気急上昇アイテムといえばコチラ。カジュアル感を消す色と素材を。

「スタイリッシュなデザインで自分のご機嫌をとる着こなしを」

エクラ 華組・ポーセラーツサロン主宰の鈴木たま江さん

エクラ 華組・ポーセラーツサロン主宰

鈴木たま江さん

数年前、華奢な肩ひもに惹かれたオールインワン。「カジュアルになりすぎず、しゃれ感のあるとろみ素材だから、見た目も着心地もパーフェクト。フラットシューズでたくさん歩きます」。

オールインワン/プラージュ Tシャツ/ヘインズ×ビオトープ ピアス・ブレスレット(左)/エルメス バッグ/トゥモローランド 靴/TKEES

 

「服選びに時間がかからず、立ったり座ったりしてもストレス知らず」

エクラ 華組・主婦の横山希世さん

エクラ 華組・主婦

横山希世さん

横山さんが今年の初めにバーニーズで出会ったオールインワンはシャツワンピースのようなきれいめなデザイン。「家事や買い物、リビングでくつろぐときなど、一日を通じて活動しやすい服が私の理想。その点、これはしなやかさと軽さ、ゆとりのあるデザインで着心地も抜群。ついつい手がのびてしまいます」。

オールインワン/ALANY かごバッグ/MUUN 靴/TKEES

 

「アスレジャー未満のスポーツミックスで余裕のあるこなれたカジュアルを」

エクラ 華組・主婦の成田千恵さん

エクラ 華組・主婦

成田千恵さん

おしゃれ好きな成田さん、実はふだんはカジュアルで快適なスタイルが多いのだとか。「スポーツウエアを取り入れた軽快な着こなしが好き。洗濯に強くすぐに乾いて実用的。ナイキの新しいオールインワンにTシャツはユニクロのスポーツウエアです。スポーツのときだけではもったいなくて」。

オールインワン/ナイキ トップス/ユニクロ バッグ/ローズバッド 靴/kiwi

 
⑥優雅な女らしさがかなうマキシワンピース

すっかり市民権を得たマキシ丈。“ラクなのに女っぽい”が人気を後押し。

「家からそのまま海まで。気兼ねなくサラッと着るマキシ丈は夏の定番」

エクラ 華組・主婦の佐藤綾子さん

エクラ 華組・主婦

佐藤綾子さん

腰からドラマチックなフレアラインを描くマキシ丈が長身の佐藤さんにお似合い。「生地にシボのある楊柳は、ベタつかず見た目にも涼しげ。落ち着いたターコイズブルーがひと目で気に入りました。さし色に今年はイエローのフラットサンダルを選びます」。

ワンピース/カバナバッシュ バイ ロンハーマン かごバッグ/ビバキュア 靴/ザラ

 

「大人の悩みをまるっとカバーしてくれるマキシ丈は黒をチョイス」

デザイナーの本郷智香子さん

デザイナー

本郷智香子さん

instagram>@chikako.hongo

本郷さんがブランドとコラボしてつくる服は、大人をきれいに見せると評判。「年齢の出やすい肘や首もとをカバーしながら、背中をV字に開けて着映えと涼しさにこだわりました。お家時間の急な宅配対応、パッと行く買い出しも自信をもって振る舞えます」。

ワンピース/クウム ネックレス/chieko+ バングル(2本とも)・リング/ソワリー バッグ/マルニ 靴/エルメス

 

「心惹かれるインディゴ。私の日常を心地よくしてくれる麻とカラーです」

エクラ 華組・主婦・刺繡作家の謝名堂華菜子さん

エクラ 華組・主婦・刺繡作家

謝名堂華菜子さん

謝名堂さんにとって、天然素材のワンピースは定番中の定番。「ふと作ったブルーのエプロンをきっかけに、今まであまり着なかったインディゴブルーが着たくなって。シンプルなワンピースにはフォークロア調の小物でほんの少しクセを足します」。

ワンピース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ バングル/bloomikumi バッグ/NOMADIS 靴/海外で購入

 

 
⑦鉄板配色の黒×ベージュも思い思いのシルエットで楽しむ

鉄板配色もトップスのサイズ感やパンツのシルエットで個性を発揮。

「最も落ち着く配色だから、パンツのシルエットをハイライズ&ワイドに更新」

エクラ 華組・主婦の近藤和子さん

エクラ 華組・主婦

近藤和子さん

「このパンツは娘がはいているのを見て思わずポチリ。脚長効果もあってTシャツとの相性もよかったので、先日はワンマイルを越えて丸の内まで出かけました」。かごとリネンのストールも同じ配色で大人っぽく。

パンツ/ザラ Tシャツ/GU ネックレス・リング/ティファニー リング/カルティエ かごバッグ/RICORDY ストール/アソース メレ 靴/TKEES

 

「今、目ざすのは“~すぎない”ゆるさです」

エクラ 華組・主婦の豊田真由美さん

エクラ 華組・主婦

豊田真由美さん

がんばりすぎない、締めつけすぎない、流行を追いすぎない、をワンマイルウエアの指針に掲げた豊田さん。「今まではトップスもパンツもジャストサイズやスリムを選んでいましたが、今年は少しゆったりめを選ぶように」。サイズチェンジしたシンプルな着こなしが、スタイルのよさをより引き立てて。

パンツ/セレクトショップにて Tシャツ/CLOCHE 時計/ロレックス バングル/メゾン ボワネ 靴/ザラ

 

 
⑧涼しくてラクで体型カバーも叶う!ひらりんスカート

揺れ動くしなやかな素材で余韻のある着こなしが完成。

「ラクさよりきれいめな着こなしを求めてあえてヒールを!」

エクラ 華組・イメージコンサルタントの伊藤美帆さん

エクラ 華組・イメージコンサルタント

伊藤美帆さん

揺れるスカートに抜け感を感じる全身黒のシックな着こなし。「少し前はコンバースで媚びない女性らしさを心がけていましたが、今は気持ちを上げるためにヒールを履きます。断捨離中に見つけた20年前のティファニーのブレスが今も主役を張れることに感動しています」。

スカート/プラージュ トップス/ユナイテッドアローズ ブレスレット/ティファニー 靴/エルメス

 

「揺れる素材と元気が出る色のパワーを借りてシンプルを更新しました」

エクラ 華組・受付事務の沢辺 史さん

エクラ 華組・受付事務

沢辺 史さん

「通販で買い物しない私が、この色に惹かれてポチリ。そのとき改めて気づいたのが、欲しいものは欲しいときに買うのが一番ということ。冒険カラーなので引き算のおしゃれを心がけています」。外出時にはもちろん、自宅でのフラダンスのお稽古にも揺れる素材が大活躍。

スカート/通販で購入したノーブランド トップス/プラステ 靴/Visconti& Du Réau

 

 
⑨乾いた色が夏らしさを格上げするベージュのワントーン

流行に左右されないリュクスな色は、トーンも素材もドライタッチに。

「ゆるっとした着こなしを素材感とヴィンテージのバッグでクラスアップ」

主婦の高木めぐみさん

主婦

高木めぐみさん

「流行を追うより、自分の心地よさを優先する傾向が強くなりましたね」と高木さん。カジュアル感漂う組み合わせだからこそ、上質な素材を重ねた淡ベージュのワントーンで洗練を極めて。

ニット/ブラミンク パンツ/ザ ロウ ストール/アソースメレ ピアス/J Products ネックレス・ブレスレット(すべて)/chieko+ バッグ/ヴィンテージ 靴/エルメス

 

「おしゃれは自分を健やかに保つための大事な存在です」

maison de R クリエイティブディレクターの宇都宮理香さん

maison de R クリエイティブディレクター

宇都宮理香さん

いつもベージュのワントーンが印象的な宇都宮さん。着こなしとリッチな小物使いにファンも多い。「花を買ってオフィスまで歩いて出勤、そんな日はベージュのコットンニットとリネンパンツのお気に入りの組み合わせで。穏やかな気持ちになれるワントーンが好きです」。

ニット・パンツ/maison de R バングル(左)/ティファニー かごバッグ/ロエベ 靴/エルメス

 

「おしゃれをあきらめず笑顔で過ごせるワンマイルを心がけます」

バッグデザイナーの鈴木仁子さん

バッグデザイナー

鈴木仁子さん

instagram>@meong_satoko

サーマルのワンピースにミルクティー色のはおり、グレージュの帽子に自身がプロデュースするシルバーバッグというワントーン上級者。「存在感のある帽子とバッグでシンプルなコーデと気持ちを盛り上げます」。

ワンピース/チャオパニック カーディガン/ジャーナルスタンダード 帽子/ドゥーズィエム クラス バッグ/meong blue 靴/UGG

 

What's New

Feature
Ranking