おしゃれなアラフィーが着ている新定番シャツは「バンドカラーシャツ」

レギュラーカラーほどきちんとしすぎず、すっきりとした襟もとでこなれ感も演出してくれるバンドカラーシャツが人気上昇中。カジュアルはもちろんモダンな着こなしにも取り入れやすく、柔らかな表情に見せてくれるこの春の本命を手に入れたい。

 

 
①バンドカラーシャツがおすすめな3つの理由

大人にバンドカラーシャツがいい理由

1.すっきりシンプルな襟もとで優しげな表情に

2.ふんわりシルエットが体を華奢に見せてくれる

3.ボトムを選ばず着こなしが決まる長め丈が安心

大人にバンドカラーシャツがおすすめな3つの理由

ほどよくきれいめな上質感と、ラフなムードの二面性が魅力

バンドカラーの襟もとと繊細なピンタックを施したブザムが美しい、きめ細かなコットンシャツ。きれいめパンツと合わせてもコンサバになりすぎないのは、すそをラフに出したバンドカラーシャツのこなれ感のおかげ。後ろが長い前後差のある着丈やサイドスリットによって、細身パンツも自信をもって着こなせる。

シャツ¥28,600/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店(トラディショナル ウェザーウェア) パンツ¥39,600/オーラリー ブレスレット¥25,300/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥63,800/ ebure GINZA SIX店(ebure)

 
②クリーンな魅力の白シャツ

どんな色のアイテムも受け止める白の包容力。シャツのこなれ感に、クリーンな魅力も加わって。

1.どんな色のアイテムも受け止める白の包容力。シャツのこなれ感に、クリーンな魅力も加わって

ベージュのワントーンコーデに白シャツをさらりと重ねて

シャツ襟がないのはもちろん、体のラインを拾わない厚手素材とドロップショルダーにより、薄手のタートルニットを重ねたレイヤードでももたつかずすっきり。ヒップ全体をカバーする長め丈もマニッシュなムードに。

シャツ¥36,300/ステディ スタディ(トムウッド) ニット¥23,100/エストネーション パンツ¥62,700/リエート(ヴィンス) ピアス¥31,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥93,500/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥162,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥95,700/ドゥロワー 日本橋店(マノロ ブラニク)

白バンドカラーシャツ×パンツスタイル

ウエストインしてもまじめになりすぎない軽やかさがいい

上質なコットンシャツにギンガムチェック柄を同色で織り上げたバンドカラーシャツは、ほんのり女らしさも。ピスタチオグリーンのカーディガンを肩がけして春らしい柔らかな配色を楽しみたい。

シャツ¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) カーディガン¥27,500/スローン パンツ¥30,800/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ピアス¥14,850(パズ コレクティブ)・バングル¥82,500(マリアルドマン)・靴¥85,800(ニナ リッチ)/以上ザ ストア バイシー 代官山店 バッグ¥40,700/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ヴァジック)

 白バンドカラーシャツ×パンツスタイル 

襟もとのさりげないあしらいもバンドカラーならすっきりと

バンドカラーの内側に小さなスカーフをアシンメトリーにキュッと結んでアクセントに。やや厚みのある柔らかなリネン素材だから、体が泳ぐ立体感のあるふんわりとしたシルエットを楽しめる。前だけ少しインにした着方も小粋に見せてくれる。

シャツ¥36,300/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカート¥31,900/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) スカーフ¥13,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥83,600/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 白バンドカラーシャツ×パンツスタイル 

ゆったりとしたシルエットがこなれたムードを演出してくれる

長め丈のすそにドローストリングを施し、全体のフォルムに膨らみをもたせたデザインが主役感たっぷり。ストレートなリブスカートやスニーカーなどカジュアルダウンした着こなしも、洗練された大人のこなれ感が漂う。

シャツ¥26,400/ウィム ガゼット 青山店(セピエ) スカート¥12,650/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ハット¥35,200/キジマ タカユキ ネックレス¥54,780/ザ ストア バイシー 代官山店(インディアンジュエリー)バッグ¥136,400/ジミー チュウ 靴¥59,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

 
③ハンサムな雰囲気のメンズライクなブルー系

凛としたハンサムさが魅力のブルー系。白よりも少し理知的なたたずまいも魅力。
2.凛としたハンサムさが魅力のブルー系。白よりも少し理知的なたたずまいも魅力。

デニムシャツをモダンに昇華する繊細なピンタックのバンドカラー

デニムライクなコットン生地をナポリの最高級シャツブランドが手がけると、バンドカラーがドレスシャツのような凛としたたたずまいに。ボタンを上までとめたきちんと感のある着こなしも、ほどよくゆとりあるシルエットが大人の抜けを感じさせてくれる。

シャツ¥31,900/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ) パンツ¥48,400/オーラリー ピアス¥78,100/ステディスタディ(トムウッド) バッグ¥132,000/カオス横浜(ザンケッティ) 靴¥97,900/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

ブルー系のバンドカラーシャツ

スカートの甘さを引き算するシャツのラフさがちょうどいい

ライトブルーがラフな雰囲気のバンドカラーシャツを合わせて、フェミニンなスカートスタイルに変化をつけて新鮮に。ウエストは前のみ少しタックインに、長い後ろ身頃を大胆に出すことで気になる腰からヒップまわりをカバーすれば、スタイルアップも自然とかなう。

シャツ¥37,400(マーガレット・ハウエル)・ニット¥39,600(イレーヴ)/以上アングローバル スカート¥69,300/ebure G INZA SIX店(ebure) ブレスレット¥29,700/リューク バッグ¥173,800/ドゥロワー 六本木店(ペラン パリ)

ブルー系のバンドカラーシャツ

端正なストライプシャツは襟足をぐっと抜いて女っぽく装う

メンズライクで強い印象になりがちなストライプシャツも、襟もとのボタンを開けて着るバンドカラーなら、清潔感のある色気を感じさせてくれる。ブルーのパンツと合わせたワントーンコーディネートに柄を合わせることで、単調にならずメリハリのある着映え度の高い着こなしに。ブルーの少しくすんだ色みもおしゃれ。

シャツ¥33,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥30,800/イウエン マトフ 横浜店(イウエン マトフ) イヤカフ¥29,700/リューク

 
④モダンで新鮮なダークカラー

あえて春にまといたいダークカラー。ワンツーコーデも、モダンで新鮮に。
あえて春にまといたいダークカラー。ワンツーコーデも、モダンで新鮮に。

洗練されたクールな黒がシャツの存在感をきわだたせて

白やブルーのイメージが強いバンドカラーは、ブラックやネイビーなどのダークカラーを選ぶだけでぐっとモード感が強まり鮮度がアップする。ラウンドヘムやサイドスリットが入ったデザインなら、ボトムに合わせてすそのあしらいも自在。肘よりも長い六分袖もしゃれたムードに直結。

シャツ¥31, 900/ボウルズ(ハイク) ジャケット¥64,900/カオス横浜(カオス) パンツ¥39,600/オーラリー ブレスレット¥30,250/アッシュ・ペー・フランス(デルフィーヌ・シャルロット パルモンティエ) バッグ¥221,100/ジミー チュウ

 
⑤女らしいムードのニュアンスカラー

ブラウス感覚で取り入れられるまろやかなあいまい色で女らしいムードに。

3.ブラウス感覚で取り入れられるまろやかなあいまい色で女らしいムードに

春らしいワントーンコーデもデザインシャツをアクセントに

シャープになりすぎずブラウス感覚で着られるから、シャツに苦手意識のある人も挑戦しやすいニュアンスカラー。カシュクールのような共布ベルトつきの変形デザインが、着こなしに立体感を出してくれる。

シャツ¥49,500/モールド(チノ) コート¥86,900/ザ ストア バイシー 代官山店(ヴァッシュモン) パンツ¥38,500/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) サングラス¥41,800/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥97,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking