六本木がより"大人向け"に衣替え! 五選

2017年4月27日
今、一番熱い大人のお買い物エリア、六本木。そこで「アラフィーのお客さま、多いです」との声が多かった、人気セレクトショップの春のおすすめアイテムをリサーチ。

1.上質なオリジナルブランドとエレガントな小物ならここ!

ストラスブルゴ 東京ミッドタウン店

東京ミッドタウン内という場所柄、おしゃれ感度の高い、近隣のマダム層の顧客が多いという店長の岸本さん。「デザイン性の高いインポートブランドの服や、小物ならデルヴォーのバッグやジャンヴィト ロッシの靴が充実しています」とのこと。おすすめは岸本さんも着用しているオリジナルブランド、アリクアムのパンツ。
(右)リッチ感漂うレザーのミニバッグはミッドタウン限定。¥469,000(マウロ オリエッティ カレラ)・(中)Jマダムの支持率が高いジャンヴィト ロッシ。今春はこんなブライトカラーにトライ!¥73,000(ジャンヴィト ロッシ)・(左)カジュアルすぎない美シルエットのオリジナルパンツ。¥32,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ
東京都港区赤坂9の7の4東京ミッドタウン ガレリア1F ☎03・3403・0777 11:00~21:00 ㊡1月1日

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング