大きな絵ば 描きたかった シスコ。

53歳から絵を描きはじめた搭本シスコ。 人生そのもの、ありのまま、描く。 学んだわけではなく、純粋に描く。

やってみたい事に正直に。好きだと思う事に直向に。

搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
かかずにはいられない!人生絵日記

53歳から絵筆を握ったシスコ。
息子の作品の絵の具をそぎ落とし、
そこに自分の絵を描いたシスコ。

大きな絵は団地の壁をイーゼル代わりに
仕上げたという。

何かを”はじめる”ことに、
年齢なんて関係ないのだ。

シスコの目に映る、シスコの大切なものたち。

搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
作品の前に立つと、笑顔になってしまう。
きっと、彼女はこう言うだろう。
「私にはこがん見えるったい」

植物も、動物も、いきいきと。

搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

大きな絵ば 描きたかった シスコ。_1_5
  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

  • 搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

    搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」

ボトルにも、布にも、描く。
立体作品も、つくり、描く。

どの作品にも、対象への、
シスコの優しい眼差しを感じる。

人生におこったことを描く、人生は絵日記。

搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
搭本シスコ展「シスコ・パラダイス」
夫を事故で亡くし、
作品の中に描かれている、愛娘も亡くし。
自身も脳溢血に倒れてしまった。

リハビリテーションのために、
石を彫りはじめ、53歳から大きなキャンパスに
油絵をかきはじめたシスコ。
91歳でその生涯をとじるまで、絵を描きつづけた。

何かを”はじめよう”とする思いに、
年齢は、きっと関係ない。
晴HAL

晴HAL

神奈川県在住、都内企業勤務。夫と大学生の娘、両親、愛犬の5人+ワンワン家族です。美術・音楽鑑賞や香りを楽しんだり、五感が喜ぶ事が好きです。私視点で感じた事や思った事で、ほっこりしてもらえたら嬉しいです。

What's New

Feature
Ranking
Instagram