【1hour ドライヴレポート】武蔵一宮氷川神社(埼玉県さいたま市)

コロナ禍のお出かけ、我が家の鉄則は「マイカー、近距離、短時間」。 今回は地元・大宮の武蔵一宮氷川神社に初詣です。

2022年も「1hour ドライヴ」から

とげまる子です。
初春のお慶びを申し上げます。
本年も、Web eclat と とげまる子のブログをよろしくお願いいたします。


2022年最初のブログ「1hour ドライヴレポート」、目的地は、地元・大宮の武蔵一宮氷川神社。

地元民は皆、親愛の情をこめて「氷川さん」と呼びます。

とげまる家からはほぼ一本道、空いていれば10分程の、言わばご近所。

今の家に入居する際、家祓の御祈祷をお願いしてご縁を紡いでいただいて以来、毎年の初詣はもちろん、受験や願掛け等、事あるごとに訪れている氷川さん。
崇敬してやまない素晴らしいお社です。

すぐ近くに氷川さんが在る、それだけで私の人生は大分得してると思う!!!
武蔵一宮氷川神社/楼門
武蔵一宮氷川神社/楼門

武蔵一宮氷川神社

武蔵一宮氷川神社、通称・大宮氷川神社は、関東一円に280超の分社・寺社を持つ氷川神社の、言わずと知れた総本山。
創建2400年超と歴史ある全国でも屈指の古社です。

古くから「大いなる宮居」と崇敬され、「大宮」の地名の由来になりました。

初詣に毎年200万人を超す参拝客が訪れることでも広く知られています。
武蔵一宮氷川神社/拝殿
武蔵一宮氷川神社/拝殿
コロナ禍とは言え、今年の三が日は相当な人出が予測されていたため、空く頃合いを見計らって4日に参拝することに。

おかげで、行列に並ぶこともなく、スムーズな初詣となりました。

ちなみに、楼門と拝殿、三の鳥居の写真は以前訪れた際に撮ったもの。
さすがにここまでの空間は無かったです~ 笑
武蔵一宮氷川神社/三の鳥居
武蔵一宮氷川神社/三の鳥居
この三の鳥居から内側が氷川さんの境内となります。

氷川さんの参道はとても長く、中山道に面した参道入り口に一の鳥居が在り、そこから二の鳥居、こちら三の鳥居まで、距離にして約2kmにも及びます。
参道は、石畳とケヤキ並木の美しい遊歩道です。


立派な三の鳥居に一礼し、内に一歩足を踏み入れた途端、周囲の空気が一変するのを肌で感じます。

これは比喩ではなくて、本当のお話。
最強クラスのパワースポットとしても有名な氷川さんなのです!
境内の神池にかかる神橋にて
境内の神池にかかる神橋にて
境内を奥に進んでいくと、神池が見えてきます。
神池にかかる神橋を渡って、朱塗りの柱の楼門へと向かいます。

神池には数羽の鴨が飛来していて、人への警戒なく橋のたもとに寄ってきます。
餌付けされているのかな??
楼門にて並んで撮影する男性二人
楼門にて、参拝前の脚長さんたち(羨ましいぞ)
一礼して楼門をくぐり、拝殿へ進みます。

10列ほど参拝の列が出来ており、最後尾に並ぶと、ものの3分で最前列に。
警備員の的確な誘導もさることながら、参拝客の誰もが一定のソーシャルディスタンスを保ち、参拝自体も短時間で素早く済ませている印象でした。

神札授与所の列も混乱なく捌け、あっという間にお札と御守を手元に授かれました。

素晴らしい!!
楼門にてたたずむ女性
楼門にて、参拝後の眼鏡ショット
続いておみくじを求め、門外へ。

以前は門内の神札授与所で引けましたが、今は別の広い屋外空間に移っていて、こちらでも混雑を気にすることなく運を授かることが出来ます。

さぁ、今年最初の運試し、結果は如何に!!
吉のおみくじ
第四十七番の「吉」でした。
大吉じゃないのか、と期待せずに読んだら。。。
あら!かなり良い内容じゃありませんか♪♪


過去に会った他人の勧めで悪行の兆しがある。精神が不安定で心配事があるものの、思いがけずに良い人に助けられ吉に向かう。渡りに船の幸運もある。後から楽しいことが起こる運勢で、思いやりを忘れなければ幸せになれる。。。と、こんな感じでしょうか。


私は定番の「吉」でしたが、実は氷川さんのおみくじにはちょっと変わっているものが多いんです。

実際、夫は今年「平」を引きました。
タイラと読むそうで、一見して吉なのか凶なのか分かりません。
が、どうやら「平穏なので現状を保つのが良い」という運勢なようです。
とはいえ、願う内容には程遠かったらしく、夫は即、結びに行っておりました。

聞けば、平でも吉に等しい、良い内容のものは確かにあるようです。


三男は今年は「吉」でしたが、昨年はこれまた謎な「初凶末吉」なるおみくじを引き当てました。
「前半は凶だが後半は吉と転じる」という、なかなかレアな運勢だったようです。


他にも、吉凶未分や吉凶相交、凶向吉、なんていうのもあるそうですよ。
やっぱり大吉が良いなぁと思いつつ、変わり種を引くのもちょっと面白そう!!

いつか引けるその日を楽しみに。。。

今年の吉のおみくじはお財布にしまって大切に持ち帰りました。
大宮公園の紅梅と女性
大宮公園の紅梅
初詣を済ませ、氷川さんを後にしました。

昔は境内だったという神社に隣接する大宮公園を抜け、駐車場へと戻る道すがら、紅梅が小さな可愛い花をぽつぽつ咲かせているのを目にしました。
紅梅の花とつぼみ
大宮公園の紅梅
吐く息も白くなるような寒空の下ですが、春は一歩一歩、確実に近づいてきているのですね。
大宮公園の池
大宮公園の池にて
落ち着いたかに思えたコロナ禍でしたが、最近また急激に感染が拡大しつつあります。

日に日に制約が厳しくなり、不安も心配も尽きませんが、これまで頑張ってきた一人一人の責任ある行動が実を結び、暖かくなる頃には今より少しでも落ち着いた世界になっていますように。。。

2022年がコロナ終息の年となることを願ってやみません。
とげまる子

とげまる子

埼玉県在住。画家。家族は夫と息子3人。趣味は音楽(スピッツ最愛です)、野球観戦(ホークス命です)、料理(作るのも食べるのも)。心身のアンチエイジングを大切に、ゆっくりと丁寧な暮らしを心がけています。

Instagram:yukiko_ohchi

What's New

Feature
Ranking
Instagram