DOLCE & GABBANA のデニムで不思議な本屋さんへ

いま1番お気に入りのデニムで♪タイトルも装丁も購入するまでわからない本が並ぶ変わったコンセプトの本屋さんへ。

● ひとくせデニムはシンプルコーデで

真夏のインドネシアから真冬の日本に一時帰国中です。
入国後14日間の隔離を終えたら東京は雪で、
寒さが身に沁みました。
雪 夜道
冬に何を着ればいいのか、すっかり忘れてしまっているのですが、そんな時はやはりデニムに行き着きます。
いま1番気に入っているのは、こちらのドルチェ&ガッバーナのデニム。
ドルチェ&ガッバーナ デニム
少しワイドなローライズは、控えめなブーツカットで、裾を折り返して履くデザインです。

程よい色落ちが絶妙カラーで、
折り返した部分のみが濃いインディゴブルー。
  • デニムアップ ロゴ

  • ヒップラベル

腰を落として履くから大きめサイズにしていて、
しかもローライズなので、
下にタイツを履いても、中に沢山着ても、
お腹いっぱい食べても、ウエストの苦しさはゼロです。
とても履き心地が良いので、つい手が伸びます。
デニムコーデ
この日は、ホワイトのハイネックニットに
ダブルフェイスのエクリュカラーのコートで、
ベーシックカラーのコーディネート。
シンプルコーデ
合わせたPUMAのバックスキンスニーカーはMIHARA YASUHIRO のコラボレーション。
履き口がハラコになっていて、とても可愛くて大事にしています。
PUMA
シンプルコーデ
tops : Liala×PG
denim : DOLCE & GABBANA
inner coat : UNIQLO
coat : Deuxieme Classe
shoes : PUMA
シンプルデニムコーデ

● 池袋の不思議な本屋さん『梟書茶房』

待ち時間に池袋駅近くでカフェを探していて
たまたま見つけたのが、こちらの喫茶店併設の本屋さん
『梟(フクロウ)書茶房』です。
梟茶房
書房でもあり茶房でもある、ということを表現したロゴデザインの喫茶エントランス
この本屋さんがとても変わっていました。
並んでいる本は全て、中が見えないようにモノトーンのペーパーで包んであります。
梟書房
それぞれの本には、ナンバーと
その本のヒントになるような文章がついていて、
そらを読んでビビッときたものを購入する、
という仕組み。
梟書房
本棚はナンバー順に並べられていました。 逆側には平置きコーナーも。
書いてある文章は、あらすじ風なものあり、
書評風なものあり、
でこれまたインスピレーションをくすぐられるような内容です。
ジャンルも小説あり、料理本あり、絵本、写真集、と様々。
大きさもお値段もバリエーションがありました。
書評
1冊に1枚、本の内容をイマジネーションできるような文章がついています
本の説明
最初の1冊を選ぶと、
次にどの番号に進むのがオススメか?
が書いてあって、ループのように色んなジャンルの本を手に取れるようになっています。
梟書房 インストラクション
梟書房での本棚の選び方について説明の看板があるので、まずこれを読んで仕組みを理解
私も一冊買ってみようとしたのですが、、、
最初の1冊を選ぶのが難しくて!
梟書房の本の種類は全1231あるそうです。
本に付いている紙を読めば読むほどわからなくなってきたので、
自分の誕生日の番号の本にしよう!
と決めてその棚に行ったら
前後の数字はあるのに、その番号だけ欠品でした。
フクロウ書房
次回また気合いを入れて、
本探しに行こう!
併設の茶房には、本棚に本や雑誌が並んでいて、
自由に手に取ることができます。
梟書房
本とイマジネーションを楽しむ初体験でした。

皆さまも機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♬
梟茶房 オムライス
ビーフシチューオムライスとカフェラテで1人ランチ。 窓際席からは池袋駅の入口が見下ろせます。
monyet★

monyet★

東京都在住。2021年はインドネシアで生活予定。子供は大学生、中学生。アジアンテイストの小物が大好き。外見も内面も透明感ある美しさを大切にしたい50代です。お気に入り情報を私らしく投稿したいと思います

Instagram:bluemonyet

What's New

Feature
Ranking
Instagram