おしゃれ上手なアラフィー「女友だちと会う日」冬のベストコーデ大公開

会えなかった友人たちとの再会も増え、おしゃれの楽しさを実感しているというエクラ 華組の皆さん。モチベーションが上がるお気に入りを主役にした、気持ちが華やぐ冬スタイルを披露してくれた。

 

 
①急増中!インパクトスカート

パンツ派の多かった’21年を一新する勢いで、存在感のある色、柄、デザインのスカートをさらりとはきこなす人が続出。

会った瞬間の第一印象を明るく華やかに

会った瞬間の第一印象を明るく華やかに 華組 一色華菜子さん

一色華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家)

癒し効果抜群の肌ざわりというフェイクファー×ムートンのリバーシブルコートに、お気に入りのスカートを組み合わせて。「昨年購入したもののはく気分になれなかったスカートですが、今年は一番に着てみたいと思えて。パニエのようなボリュームがあるので、コートを脱いでも華やかな気持ちが持続します」。

●コート(トラッツォドンナ)・ニット・靴(ZARA)・スカート(フレンチパヴェ)・バッグ(メゾンマルジェラ)

遊び心たっぷりのスカートは紺ブレでノーブルに

H&M×TOGA archivesのインパクトスカート姿の根本有加里さん

根本有加里さん(エクラ 華組・パーソナルスタイリスト)

流行を意識したモード感のあるアイテムでキレのある着こなしを心がける根本さん。「紺と白で清潔感を意識しながら、バッグのグリーンをさし色に今年らしさを意識しました」。

●スカート(H&M×TOGA archives)・ジャケット(ユナイテッドアローズ)・ブラウス(brisé for CHIEKO KURODA)・バッグ(ZARA)

フェザー柄の揺れるスカートを黒合わせでクールダウン

フェザー柄の揺れるスカートを黒に合わせる松ヶ崎由紀子さん

松ヶ崎由紀子さん(エクラ 華組・骨格診断師・パーソナルスタイリスト
新年会ランチをイメージ。「甘くなりすぎないように黒を各所に投入。短丈ジャケットやファーでマキシスカートとのバランスを整えました」。視線が上半身に集まり脚長効果も◎。
●スカート(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット(ダブルスタンダードクロージング)・ニット(ユニクロ)・バッグ(オルセット)・靴(サルトル)

ディテールがきわだつ大人かわいいスタイル

ディテールがきわだつ大人かわいいスタイルの宮原江里子さん

宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰
「ウエストラインがシェイプされたペプラムニットにピンクのアシンメトリースカートで動きのある着こなしに。メリハリのある配色は気持ちも上がるし、細見え効果もあるのがうれしいですね」。
●スカート(ミラ オーウェン)・ニット(ダブルスタンダードクロージング)・コート(ルフィル)・バッグ(エルメス)・靴(ZARA)

 
②美人度アップ!淡色ワントーン

ダークカラーが増える冬の街に映える、柔らかなニュアンスのワントーンコーデ。小物の効かせ方、なじませ方などお手本にしたい。

お気に入りのジレが主役の真冬のホワイトコーデ

お気に入りのジレが主役の真冬のホワイトコーデ 華組 鈴木たま江さん

鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰)

会う場所や相手によってT.P.Oに合わせたスタイリングを心がけるという鈴木さん。「白を多めにしたコーデは、素材のバリエーションが増える真冬に楽しむのが好き。シンプルなニットとワイドパンツに、一昨年購入した淡いグレージュのムートンジレをポイントにして甘さを抑えました」。

●ジレ(カールドノヒュー)・ニット(3.1 フィリップ リム)・パンツ(アクアガール)・ストール(エルメス)・バッグ(フェンディ)

手編みニットを洗練に導くきれいめワントーン

手編みニットを洗練に導くきれいめワントーン 華組 佐藤綾子さん

佐藤綾子さん(エクラ 華組・主婦)

地元ではカジュアル、都心に出るときはきれいめな上品さを意識する佐藤さんは、アルパカの手編みニットをさっそうと着こなして。「オーバーサイズのかわいさと抜け感を醸し出してくれるニットは、今一番のお気に入り。スカートもニット素材なので、ゴールドのアクセサリーでツヤ感をプラスしました」。

●ニット・ニットスカート(ウィムガゼット)・帽子(トゥモローランド)・バッグ(ア ヴァケーション)・靴(GU)

ベージュのワントーンに思い出のスカーフをプラス

ベージュのワントーンに思い出のスカーフをプラス 華組 大垣佳世さん

大垣佳世さん(エクラ 華組・会社員)

理想のエコレザースカートを手に入れ、大好きなベージュカラーでハイ&ロースタイルを満喫。 「20年前、姉妹で旅したイタリアで購入したフェンディのスカーフがやっと照れずに使えるようになりました」。柄の中の一色とブーツをリンク。

●コート(マックスマーラ)・ニット(ヴィンス)・スカート(ZARA)・靴(ジャンヴィト ロッシ)

冬こそおしゃれに見えるオフホワイト&キャメル

冬こそおしゃれに見えるオフホワイト&キャメル 華組 近藤和子さん

近藤和子さん(エクラ 華組・主婦)

黒の着こなしが得意な近藤さんも、冬になると暖かみのある色が着たくなるそう。「黒と同じくらい好きなキャメルでボリューム控えめのボアコートを新調。クリーミーな白で柔らかなイメージに」。ストール使いもお見事。

●コート(ソージュ)・ニット・靴(ZARA)・ニットスカート(COS)・ストール・バッグ(エルメス)

白多めのニュアンスカラーでがんばりすぎない着こなしを

白多めのニュアンスカラーでがんばりすぎない着こなしを 華組 伊藤美帆さん

伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント)

まるで発光しているような美しい淡色を重ねたフェミニンコーデが似合う伊藤さん。「ふわふわした配色なので、リラクシーだけどすっきり見えるように心がけました」。アウターは伊藤さんがブランドとコラボして製作した新作。

●アウター(アトリエエヌズ)・スカート(ソージュ)・バッグ(ZARA)・靴(セルジオ ロッシ)

 
③黒ボトムに+1カラーでマンネリ打破

目をひくグリーンやピンク、大胆なチェックを効果的に取り入れることで黒ボトムの新しい着こなしが見えてくる。アイテム選びにも個性が光る。

大人ミニの足もとに大好きなピンクを少量

大人ミニの足もとに大好きなピンクを少量 華組 木原みどりさん

木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員)

ピンクソールのブーツに夢中の木原さん。「好きすぎて毎日のように履いています。久しぶりのミニスカートですが、このブーツがあれば怖いものナシ。バランスがとりやすく、今っぽく決まるのでおしゃれに自信がもてます」。

●スカート・靴(ボッテガ・ヴェネタ)・ケープ(yori)・ニット(ユニクロ)・バッグ(カルトガイア)

グリーンダウンが全身ブラックをリフレッシュ!

グリーンダウンが全身ブラックをリフレッシュ! 華組 細谷奈弓さん

細谷奈弓さん(エクラ 華組・うつわコンサルタント・多国籍料理研究家)

イタリア在住時代のダウンが今また旬に。くすみのないきれいなグリーンで黒が若々しく見える。「ショート丈なので脚長効果も。上質なバッグでカジュアル感を抑えます」。

●ダウン(モンクレール)・ニット(ユニクロ)・ニットスカート(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス)・バッグ(シャネル)・靴(ファビオ ルスコーニ)

ヴィンテージやエコ素材でサステイナブルなおしゃれを

ヴィンテージやエコ素材でサステイナブルなおしゃれを 華組 山口りえさん

山口りえさん(エクラ 華組・シンガーソングトランペッター・NPO法人代表)

「意識したのはおしゃれのサステイナビリティ。リサイクル素材を使ったケープに、新婚旅行時にロンドンで購入した古着のディオールのニットを合わせて、地味にならないコーデを心がけました」。

●ケープ(オリ バイ シュオリ)・ニット(ディオール〈ヴィンテージ〉)・パンツ(セオリー)・バッグ(エルメス)・靴(ペリーコ)

クールなロングジレをデニムでカジュアルダウン

クールなロングジレをデニムでカジュアルダウン 華組 横山希世さん

横山希世さん(エクラ 華組・主婦)

気心の知れた女友だちと会う日は、お互いにリラックスした気持ちになれる服を選びたいという横山さん。「黒のロングジレは今季のお気に入り。合わせるものしだいでかっこよくも着られますが、今日はワイドシルエットのデニムでカジュアルにまとめました」。ヒールのあるショートブーツとジレのボウタイ効果でスタイルアップも完璧!

●ジレ・カットソー(プレインピープル)・デニム(ZARA)・靴(セルジオ ロッシ)

 
④頼れるのは濃色ワントーン

おしゃれに 求めるのは自分らしさや安心感。その想いに応えてくれる、黒、グレー、ネイビーのワントーンコーデをご紹介。

服のディテールをアクセントにしたブラックコーデ

服のディテールをアクセントにしたブラックコーデ 華組 豊田真由美さん

豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦)

長身を生かしたシンプルな着こなしが得意な豊田さん。「ラクだけど手抜きに見えない着こなしが理想。変形ドルマンニットやデザインパンツなど、最近は定番すぎないものを選んでいます」。

●ニット(リエス)・パンツ(エンポリオ アルマーニ)・ハット(COCA)・コート(ソージュ)・バッグ(サンローラン)・靴(ZARA)

清潔感のあるエレガントなデニムスタイル

清潔感のあるエレガントなデニムスタイル 華組 成田千恵さん

成田千恵さん(エクラ 華組・「スタジオ・シェリー」プロデューサー)

「近ごろ、黒を着るときつく感じられるようになったのでネイビーやグレーを選ぶことが多くなりました。リボンブラウスを合わせたら、センタープレスのデニムできれいめなカジュアル感を加えます」。小物もネイビーで統一。

●コート(ebure)・ブラウス・デニム(マディソンブルー)・バッグ(エルメス)・靴(ピッピシック)

 
⑤パールを取り入れた今どきコーデ

2人に1人がパールを愛用中

今回の撮影で熱烈支持されていたのがパール。コンサバなイメージが払拭されたカジュアル&モードなデザインが目白押し。

細谷奈弓さん(エクラ 華組・うつわコンサルタント・多国籍料理研究家)

細谷奈弓さん(エクラ 華組・うつわコンサルタント・多国籍料理研究家)

母親から譲り受けたというバロックパールと、今季ZARAで購入したイニシャルを重ねづけ。

一色華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家)

一色華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家)

コートの襟に添うベビーパールとバロックパールのピアス。あえて異なる色やサイズが◎。

根本有加里さん(エクラ 華組・骨格診断師・パーソナルスタイリスト))

根本有加里さん(エクラ 華組・骨格診断師・パーソナルスタイリスト))

白いコットンブラウスとパールピアスの組み合わせで、大人に必要な清潔感が手に入る。

豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦)

豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦)

ティファニーのリングに大きなバロックパールを重ねて。胸もとのチャームはエルメス。

宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰)

宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰)

華奢なシルバージュエリーはすべてティファニー。淡水パールネックレスの繊細さが引き立つ。

木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員)

木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員)

グルーデコでオーダーしたバングルとラ・スールのイニシャルチャーム。小粒のパールがキュート。

 
⑥小物は効かせずなじませる

小物はコーデのアクセントという考え方がある一方、いかにおしゃれに同調させるかの具体例が目立った今回。服と小物のつなぎ方、ぜひ参考にしたい。
近藤和子さん(エクラ 華組・主婦)

近藤和子さん(エクラ 華組・主婦)

時計のダブルベルト、レザーバングル、バッグ、すべてをコートの色に合わせてキャメルで統一した好例。キャメルカラーは肌なじみもよくこなれ感も◎。

伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント)

伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント)

淡色コーデをよりおしゃれに見せるのが、トープカラーの小物たち。

成田千恵さん(エクラ 華組・「スタジオ・シェリー」プロデューサー)

成田千恵さん(エクラ 華組・「スタジオ・シェリー」プロデューサー)

小物すべてがネイビー。人工的にゴールドを注入・加工した大きな天然石リングは、ペルー発のイラリアというブランドのもの。ひとつでも存在感抜群。

鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰)

鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰)

フェンディのピーカブーも、ムートンジレとおそろいのグレージュをチョイス。シューズは1段濃いグレージュを選ぶことでコーディネート全体が引き締まる。

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

Feature
Ranking
Instagram