きちんと感があってスタイリッシュ、2泊3日の出張コーディネート【着回しまとめ】

2018年5月9日
キャリーケースに入る最小限のアイテムで、場面に応じたクラス感やきちんと感を演出しながら着回せる、そんな出張スタイルをエクラがシミュレーション。移動、商談、レセプションなど、各シーンで、ただ自己満足できればよいのではなく、仕事相手に失礼がなく、好感を与えることも考えたお仕事スタイルに注目!

【1日目】

シーン1:空港から出発

B+F+G+J+K+M

きれいめコートがあれば、ノーストレスで、きちんと見えする移動スタイルが即完成

出発時には、機内でリラックスして過ごせるよう、おなかまわりがラクで、シルエットのきれいなウエストゴムのパンツをチョイス。インナーがカジュアルなときでも、こんなライトコートを上からはおってしまえば、ビジネス向きのコーディネートに早変わりするので安心。
サングラス¥33,000/ブリンク ベース(エナロイド) バングル¥464,000・リング(太)¥410,000・(ラウンド)¥200,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) 時計¥590,000/IWC

シーン2:早速、現地で商談

C+E+H+K

ワンピースにジャケットをはおって、好感度高く凛としたムードを演出

到着後すぐの会合には、女性らしいベージュワンピースにスーツのジャケットを肩かけして、初対面のかたにも好感をもたれる装いで。もう少しカジュアルなシーンなら、ジャケットを脱いでワンピース一枚でもOK。
メガネ¥37,000/ミラリ ジャパン(プラダ) ブレスレット¥56,000・リング¥50,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) 時計¥590,000/IWC ストッキング¥3,600/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー)

シーン3:夜はウエルカムディナーへ

A+C+E+L

レストランでは"上半身映え"を意識した華やかピンクのブラウスを

ディナーの席には、着席したときにも華やかに見える色鮮やかなピンクのブラウスを主役に。ボトムにはスーツのパンツを合わせて、華やかさを引き算するぐらいがビジネスの場ではちょうどよい。
ピアス¥68,000・リング(太)¥53,000・(細)¥50,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ベルト¥15,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)

コンパクト&エレガントな精鋭ワードローブはこれ!

1/13

2/13

3/13

4/13

5/13

6/13

7/13

8/13

9/13

10/13

11/13

12/13

13/13

A.ドレッシーブラウス
出張中でも、華やかな席用のトップスは必須。ドレープやふんわりした袖がエレガントなこちらは、ジャケットにインしても映えるハイネックタイプ。シルク素材でも、厚手で張りがあるので型くずれしにくい。

ブラウス¥80,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー)
B.シンプルブラウス
袖とすそがほんのりフレアになっているので、一枚でもきれいに装え、ジャケットの中に着てももたつかない。しわになりにくい厚手のポリエステル素材で、丈が長めなので、ウエストイン&アウトの両方いける!

ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(YOKO CHAN essence)
C.薄軽パンツスーツ
ポリエステル95%、ポリウレタン5%でしわになりにくく、伸縮性の強いストレッチ素材のダークグレー。手洗いもでき、速乾性もあるので、万が一汚れても安心。さらに、軽くて小さく折りたためる、まさに出張のためにあるようなスーツ。

ジャケット¥49,000・パンツ¥29,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)
D.ビジューパンプス
出張にあると便利なフラットタイプ。デザイン性のあるフェミニンなものを選べば、パーティシーンなどでも活躍。パールが贅沢に施されたストラップパンプスは、ドレスアップにも、スーツの足もとにも両方OK!

パンプス¥88,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
E.ブラックパンプス
出張中のパンプスは、どんな服にも合わせやすい黒やベージュが鉄板。素材は表革よりも、おしゃれ感の出せるスエードやエナメルのほうが、適度な華もあり、スーツスタイルもあかぬけた印象になる。

パンプス¥99,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
F.レザースニーカー
往復や長時間の移動にはスニーカーがあるとラク。移動時とはいえ、カジュアルすぎるものは避けて、白のレザーなど小ぎれいに見えるものを。サントーニのこちらは、イタリアブランドらしいスマートな形が大人っぽい。

スニーカー¥74,000/リエート(サントーニ)
G.きれいめイージーパンツ
移動時間を快適に過ごせる、ウエストゴムのイージーパンツ。落ち感が美しく、ポリエステルとアセテート素材のストレッチ入りで、しわになりにくい。吸湿速乾効果があり、はき心地も抜群。

パンツ¥29,000/デザインワークス コンセプトストア青山店(デザインワークス)
H.美ラクワンピース
厚手で張り感のあるナイロン、レーヨン、ポリウレタン素材で、ストレッチがきくのもうれしい。両袖やすそのスリットなど、ディテールでリッチ感を演出。ジャケットをはおれば、会合などにも適した着こなしに。

ワンピース¥89,000/ザ シークレットクロゼット六本木(シクラス)
I.レセプションワンピース
華やかさと落ち着き感をあわせもつ鮮やかグリーンのワンピースは、レセプションパーティに。シルク混のアセテート素材は上品な光沢がありながら丈夫。ドレープがしわをうまくカムフラージュ。

ワンピース¥170,000/エストネーション(セドリック シャルリエ)
J.ライトコート
撥水加工が施され、白でも汚れを気にしなくてよい、出張のお供向きのポリエステル100%のコート。トレンチタイプなど、さっとはおればインナーをすっぽり覆うデザインで、膝下丈のものが便利。

コート¥98,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)
K.スリットつきビジネスバッグ
ビジネスバッグは、まじめなルックスに加え、PCが入るなどの機能面もゆずれない。バッグの背面にスリットがあり、キャリーケースの持ち手にかけられるようになっていると移動時もスムーズ。

バッグ(H28×W38×D7.5)¥138,000/ウエニ貿易(セラピアン)
L.華ありクラッチ
パーティなどのドレスアップ時だけでなく、スーツにも合わせられるモノトーンのクラッチバッグ。マチが大きめで、ポケットが中についているので、財布やスマホ、名刺入れが十分入る。

クラッチバッグ(H14×W28×D5)¥137,000/ブルーベル・ジャパン(ペラン)
M.上質キャリーケース
ビジネス相手の目にも触れるキャリーケースは上質なものを。ゴヤールのこちらは、コンパクトながらマチが大きいので、2泊ほどの出張にベスト。イエローの布で覆われた内側の仕様も豪華。

キャリーケース(H50×W36×D24)¥924,075/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)

What's New新着記事

  • おしゃれプロが責任リコメンド! 「今、買いたいブランド」【エッセン.ロートレアモン&イレーヴ】

    誌面づくりに携わるリアル・アラフィー世代の面々。一歩先をいくファッション情報に精通している彼女たちが、本当に気に入って愛用しているブランドは? エクラ副編2人が、正直な「今、一番の私的お気に入りブランド」を責任リコメンド!

    ファッション

    2018年10月17日

  • 都会的なムードで美女度バツグン! 軽やか「ホイップグレー」コーデ11選

    着るだけで洗練された印象になれる「ホイップグレー」は、今秋の基本となるカラー!シフォンやシルクサテン、ウールなど異素材ミックスで楽しむもよし、白やパステルカラーと合わせるもよし、と楽しみ方はいろいろ。重くなりがちな秋冬の着こなしを、軽やかで都会的なムードにしてくれる。肌映えよく、美女度もアップのホイップグレーコーデをぜひマスターして!

    ファッション

    2018年10月11日

  • 50代の女らしさと余裕をアップ 焦がしキャメルの洗練コーデ17選

    カラメルソースを焦がして煮詰めたような、こっくりとしたキャメル〜ブラウンが秋冬の気分! ひと言でいい表せない深みのある色の幅は本当に豊か。焦がしキャメルを着こなすのは難しく思われがちだけど、参考にして欲しい洗練コーデを厳選して紹介。ぜひ、色の掛け合わせを楽しんで。

    ファッション

    2018年10月9日

  • カラーパンツは「こっくりフェミニン色」が旬!【50代・パンツコーデ】

    アラフィーのおしゃれに欠かせないパンツ選びは、この秋冬“改正”といっていいほど大きな変化が! カラーパンツはブルーやグリーンといった寒色系から、ベリー系やパープルなどのこっくりカラーのチョイスにチェンジして。難易度高そうに見えても、ベーシックカラーとの配色ならば失敗なし! より鮮度の高い着こなしを叶える、最新のカラーパンツコーデをお披露目します。

    ファッション

    2018年10月6日

  • 小さくても存在感大! 定番「キラキラシューズ」【キラキラで華やぐ】

    重くなりがちな秋スタイルに、つやめく「キラキラ」要素が加わるだけでぐっと軽やかで華のある着こなしに! 今季豊富に出そろう「キラキラ」アイテムの中から、大人に似合うものを厳選してピックアップ。足もとで存在感を主張する「キラキラ」シューズは、アラフィーのすでに定番的な存在。小面積だからこそトライしやすい、強めのグリッターや新鮮なデザインを揃えました。

    ファッション

    2018年10月5日

FEATURE
ランキング