お仕事スタイルから休日スタイルまで 亜希のリアルな7日間に密着!

2018年5月24日
モデル、ディレクター、母とさまざまな顔をもつ亜希さんの7日間をパパラッチ。忙しい中でも毎日を素敵に過ごすライフスタイルからおしゃれのヒントを探ります。

お仕事スタイルから休日スタイルまで 亜希のリアルな7日間に密着!

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

【day1】 撮影
「長時間、ロケバスに乗る撮影の日は、窮屈さを感じてしまうパンツスタイルよりも、快適に過ごせるスカートスタイルが多めです」。この日は、渋谷のヴィンテージショップで購入したロングスカートにヴィンスのニットを合わせた、ラクちんかつ女性らしいコーデで登場。コンバースは100周年モデル。
【day2】 リース
セルフスタイリング企画が多い亜希さんは、一日かけて、プレスルームをまわる仕事も頻繁にこなす。「ハイエースに乗ってまわらせてもらうので、実はそんなに歩かないんですよね。ヒール靴でも平気です」。ブラウスはバグッタ、デニムはジェーンスミス、カーディガンはボッテガ・ヴェネタ。
【day3】サイクリング
「最近、土日はこんな格好ばかり! 昔は苦手なスタイルだったのに、服が体になじむってこういうことですね」。この日は川沿いをサイクリング。子供たちのスポーツ観戦も、こんなスポーティなコーディネートが基本だそう。トップスとボトムとリュックはナイキ、スニーカーはゴールデングース。
【day4】映画鑑賞
「月に一度くらい、女友だちと映画を見にいきます。この日は、『グレイテスト・ショーマン』で号泣。映画鑑賞後にランチに行くことも多いので、きれいめスタイルを意識します」。トレンチはビューティフルピープル、スカートはマインデニム、コートの中に着たカーディガンはAK+1。
【day5】打ち合わせ
「セルフスタイリングやブランドのディレクションに携わるようになり、打ち合わせをする機会が増えました。何色にでも染まれるように(笑)、オールホワイトのカジュアルコーデで。もっときれいめな日もあります」。Tシャツはイザベルマラン、パンツはエイトン、カーディガンはAK+1。
【day6】スポーツジム
「水着撮影前には、週に何度もスポーツジムに通い、体を鍛えました。スポーツアイテムは、ナイキやアンダーアーマーを主に愛用。子供たちのものを含めると、わが家はスポーツショップ並みの豊富な品ぞろえです(笑)」。タンクトップに、短パン+スパッツが、亜希さんの定番のジムスタイル。
【day7】卒業式
「この春は、長男と次男の卒業式と入学式に、ダブル出席しました。天候が安定しない時期なので、直前まで着ていく服に悩み、長男の卒業式には、ジャケットのインにニットを着て、ハイクの春物のパンツスーツで出席しました」。バッグはグローブトロッター、靴はサンローラン。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング