夏の必須アウター、「包装紙カーディガン」を選べばいいことだらけ!

2018年5月25日
エクライチオシは体をすっぽり包む縦ラインでスタイルアップを叶える“包装紙カーディガン”。夏場のはおりものとして、持ち運びにも便利です。

体をすっぽりと包み込んでくれる包装紙カーディガン

【Check List】
・さっとはおって欠点隠す
・小さくまとまり軽く持ち運べる

Forte Forte(フォルテ フォルテ)

とびきりエレガントな一枚が、こっそり細見えもかなえて

レース素材のようなエレガントな透け感が魅力のシルク混のロングカーディガン。ほんのり広がりのある袖口と、ポケットを排した上品なデザインも特徴のひとつ。ワイドパンツを主役にした旬スタイルをすっぽりと包むことで、細見え効果を発揮して。
カーディガン¥59,000/コロネット(フォルテ フォルテ) ニット¥23,000/オーラリー パンツ¥44,000/ドゥロワー 丸ノ内店(ドゥロワー) サングラス¥24,000/メゾン イエナ(ブラン)リング¥250,000/シハラ ラボ(SHIHARA) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

(右)qualite(カリテ)

華やかな万能グレーを、この夏のヘビロテに決定!

ポリエステル混レーヨン素材で、美しい落ち感と涼しげな表情を手に入れた万能のグレー。うっすらラメ感と縦ラインを感じさせるディティールが、シンプルの中にも華やかさを演出し、ヘビロテアウターとして活躍するはず。
¥16,000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ)

(右から2番目)Theory luxe(セオリーリュクス)

真夏まで活用したい、究極のシンプルカーデ

真夏までのロングスパンで楽しめる、清涼感たっぷりのシャリ感素材。どんな服にも似合う純白カラーと、ポケットを排したむだのないデザインは、まさに包装紙カーディガンというネーミングにぴったりのシンプルさ。
¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン

(左から2番目)HYKE(ハイク)

エクラ世代にふさわしい、きれい色カーデを一枚

きれい色全盛の今シーズンは、はおりものにも明るい色を取り入れたいもの。どこかスポーティなテイストで、大人っぽく着こなせるライトブルーの一枚を発見。いつものカジュアルコーデにたちまちきちんと感が宿る、エクラ世代のマストハブ。
¥28,000/ボウルズ

(左)Cruciani(クルチアーニ)

極上素材のロングカーデを、この夏こそ手にしたい

意識の高い大人にぴったりなのが、上品さとリッチ感あふれる、カシミヤシルク素材のグレージュカーデ。シンプルなデザインの中に備わったスペシャル感で、着る人に優雅さや品格を添えてくれる極上の一枚に、ぜひトライしたい。
¥146,000/ストラスブルゴ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング