おしゃれな人たちの間で人気上昇中、「へインズ」が手がけたジャパンメイドのTシャツ

2018年6月5日
一番頼りになるのは、エクラ世代スタッフの「ベストな一枚」情報。「ヘインズらしいベーシックな雰囲気でディテールがさりげなく大人向き」、「わきのフィット感がよくて、インしてもすそがもたつかない」などスタッフの間でも人気上昇中!テクニックいらずで体がきれいに、そしておしゃれ見せがかなう厳選Tシャツをご紹介。

Hanes PREMIUM Japan Fit(ヘインズ プレミアム ジャパン フィット)

“ヘインズらしいベーシックな雰囲気が好きです。それでいてディテールがさりげなく大人向きに!”
スタイリスト 村山佳世子さん

“わきのフィット感がよくて、インしてもすそがもたつかない。今どきのサイジング感でレディス感があるのが○。”
編集 SH

レディなディテールのスカートにTシャツをさらりと合わせた、夏の日射しに映える白と黒のワン
ツーコーデ。スカートのフェミニンさをシンプルな白Tがバランスよく引き算してくれるから、軽やかで、旬度の高いカジュアルスタイルに仕上がる。Tシャツ¥3,000/ヘインズブランズ ジャパンカスタマーセンター(ヘインズ) スカート¥38,000/ebure(エブール) ピアス¥92,000・ブレスレット¥56,000 /ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥134,000 /ジミー チュウ

王道ブランドが手がけたジャパンメイドの名品

現代の日本人体型に合わせて改良したというやや短めの着丈、絞られたアームホール、詰まりぎみのVネックや身につけたときの美しいフィット感などに、王道のTシャツブランドならではのこだわりがしっかりと反映された一枚。透けすぎず厚すぎない天てん竺じく素材のボディは、綿ニットに定評のある和歌山県の工場の丸編み機で、丸い筒状にていねいに編み上げられた丸胴仕様。独特の繊維構造により、心地よい通気性があり、着るほどに肌なじみのよさが増していくというTシャツならではのカジュアルなこなれ感をそのままに、大人を満足させる存在感で、おしゃれな人たちの間で人気上昇中!
「すっきりとタグなし仕様に」
ネームタグのかわりに施された赤文字のプリント。首への当たりのストレスを払拭。
「わき縫いのない丸胴仕様」
体を立体的に包み込む筒状の丸胴のボディ。縫い目がなくストレスフリーに着られる。

What's New新着記事

  • 旬ブランドvs王道ブランドで「トレンチ」対決! 間違いない名品7

    ここしばらく遠ざかっていたという人も、この秋は“今の気分”のトレンチコートを更新してみては? スタイリスト・村山佳世子さんがアラフィーにぴったりな、旬ブランドと王道ブランドの名品を厳選してご紹介!

    ファッション

    2018年11月16日

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

FEATURE
ランキング