日常にジュエリーを。カジュアルな装いにツヤをプラスする“つや出しモードなジュエリー”

2018年7月13日
全体の印象は若々しいのにつやっぽく大人の香りが漂う。その秘密はジュエリー使いにあり。「ジュエリーは力んでつけるものではなく、日常に楽しんでこそ」と語るスタイリストの伊藤美佐季さんが、上品なモード感とクラス感が両立するスタイリングをご提案。

伊藤美佐季さん

ジュエリーの若々しいつけこなしで完成するツヤ出しモード

上品なモード感とクラス感が両立する伊藤さんのスタイリングは、カジュアルな装いにフレッシュなツヤのあるジュエリーコーディネートが最大の特徴。「ジュエリーは力んでつけるものではなく、日常に楽しんでこそ」と語る伊藤さん。自身も実践する"ツヤ出しモード" は、円熟期を迎えた肌感と内面をもつ大人だけのスタイルだ。

1/9

2/9

3/9

4/9

5/9

6/9

7/9

8/9

9/9

グラフィカルな色使いのチャーミングなバングルを主役に

Gジャンの袖をキュッと上げて、カラフルなバングルとゴールドボールが美しい2本の地金バングルを。「ブトン ドール」バングルは、異なる色の円形パーツがアシンメトリーに連なったグラフィカルなデザイン。ブレスレット〈上と下〉「ペルレ ゴールドパール ブレスレット」1連(YG¥480,000・5連(YG)¥890,000・〈中〉「ブトン ドール ブレスレット」(YG×クリソプレーズ×オニキス×D¥5,650,000・「ペルレ フープ ピアス スモールモデル」(YG¥305,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) Gジャン¥29,800/ショールーム セッション(SERGE de bleu)
存在感あるモチーフリングは白シャツを背景にして軽やかに

"シンプルな白いシャツにクールなジュエリー"は、素敵だけれど、エクラ世代には少しもの足りないことも。そんなときは、存在感のあるボリューミーなリングを小指につけて大人の遊び心をアピール。妖艶さもあわせもつ砂漠のサボテンをモチーフにした「カクテュス ドゥ カルティエ」は、オープンワークとボリューム感のバランスが絶妙。リング「カクテュス ドゥ カルティエ」(YG×D)¥1,280,000 /カルティエカスタマー サービスセンター(カルティエ) シャツ¥52,000
/ディースクエアード 東京(ディースクエアード)
ヘアは風を感じるようなラフな仕上げで、抜け感を演出

"ジュエリーが主役のときは、ヘアスタイルはあくまでラフに" は、伊藤さんのスタイリングの最大のこだわり。「さりげなさやナチュラル感があるヘアこそ、若々しさのための必須条件。ロングでもショートでも、風を感じられるヘアスタイルで、老け見えを回避して」。後れ毛の間から見え隠れするフープピアスは、個性的なパール使い。後ろから見たときも素敵。ピアス(YG×パール)¥260,300(参考価格)/ステディスタディ(ソフィー ビル ブラーエ) Gジャン¥32,800/シ
ョールーム セッション(SERGE de bleu)
ダイヤリングだって、あえてクリアな爪で

"キメすぎず、ラフに"は、手もとにも!「 凝ったネイルアートや派手なカラーは、トゥーマッチな印象になることも。例えばリングが主役のときは、あえて何もしていないようなクリアな爪のほうが素敵です」。透明感とツヤ感だけを強調した爪と、ダイヤモンドだけが指の両わきから顔をのぞかせる楽しいデザインのリングの組み合わせは、肩の力の抜けた"大人の素敵" を実現してくれる。リング〈中指・薬指とも〉(WG×D)各¥250,000・デニムプルオーバー¥32,000・デニムパ
ンツ¥25,000/チェルシーフィルムズ(SINME)
まくった袖まで計算しつつ、ブレスレットは複数使いが必須

ブレスレットは重ねづけが基本。シャツの袖のまくり具合も、計算されていないかのようなラフさを目ざして。ブレスレット〈⼿⾸側から〉(YG×トルマリン)¥580,000・(YG×ペリドット×トパーズ×アクアマリン×スペサタイトガーネット等全8種)¥400,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(マグノリア トゥエルブ) バングル(YG)各¥130,000/シハラ ラボ(SHIHARA) シャツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) デニムパンツ¥22,800/ショールーム セッション(SERGE de bleu)

ダイヤリングだって、あえてクリアな爪で

"キメすぎず、ラフに"は、手もとにも!「 凝ったネイルアートや派手なカラーは、トゥーマッチな印象になることも。例えばリングが主役のときは、あえて何もしていないようなクリアな爪のほうが素敵です」。透明感とツヤ感だけを強調した爪と、ダイヤモンドだけが指の両わきから顔をのぞかせる楽しいデザインのリングの組み合わせは、肩の力の抜けた"大人の素敵" を実現してくれる。リング〈中指・薬指とも〉(WG×D)各¥250,000・デニムプルオーバー¥32,000・デニムパ
ンツ¥25,000/チェルシーフィルムズ(SINME)
リングをつける指は決めない。固定観念を捨てて自由に!

「個数は1個、地金は白のみ、などの固定観念を捨てると、新鮮な発見があります」。例えば、リングをつける場所。第1関節と第2関節の間や、根元から少し上にずらしてみたら、新しい風景に出会える。リングすべて(YG×D)。⼈さし指と中指の連結リング¥440,000・中指と薬指の連結リング¥435,000・中指上のリング¥220,000/シハラ ラボ(SHIHARA)薬指と⼩指の連結リング「ノー エンド リング」¥270,000/
イレアナ・マクリ GINZA SIX 店(イレアナ・マクリ) シャツ¥18,000/1LDK apartments(. マイ)
あえて小指に思いがけないボリュームをつくって

若いころ一世を風靡したピンキーリングが今また気になるアイテムに。「あのころと違うのは、ピンキー用のリングというわけではなく、存在感あるデザインのものをあえて小指につけるという発想」と伊藤さん。ヘビをモチーフにした「セルパンボエム」のデザイン違いを2種小指に重ねてサイドから見た手の表情がとても新鮮。濃い色合いでさらに大人っぽく。
リング「セルパンボエム」〈指先から〉(YG×マラカイト)¥206,000・(YG×ラピスラズリ)¥475,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) デニムプルオーバー¥32,000・デニムパンツ¥25,000/チェルシーフィルムズ(SINME)
あえて真円のパールではなくいびつさが魅力のバロックを

パールの中でも、今、伊藤さんが注目しているのが、ナチュラルな印象を醸し出すいびつさが魅力のバロックパール。「バロックは、高級感や上品さをキープしつつ、軽やかさとナチュラル感を感じさせてくれる。1カ所集中で満喫して」。⼀番上と4列⽬で2重巻きにしたネックレス(YG×あこやバロック)¥150,000・2列目ネックレス(YG×⽩蝶バロックパール)¥380,000・3列目ネックレス(YG×⽩蝶バロックパール)¥250,000/ボン マジック デニムシャツ¥35,000/マッキントッシュ⻘⼭店(マッキントッシュ)
あえて若々しい印象のイヤカフを大人流に

ピアスの複数づけや、左右で異なるデザインなど、遊び心を発揮しやすい耳もとジュエリー。「ピアス穴が複数なくても、変化のあるつけこなしが可能なので、大人にこそおすすめなのがイヤカフです。取り入れないなんてもったいない!」。上品なデザインを厳選して大人の横顔にモード感あるギャップを投入したい。イヤカフ〈上から〉(YG×パール)¥36,000・(WG×D)¥39,000・片耳ピアス(YG×D)¥38,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) デニムジャケット¥30,000/ストラスブルゴ(シヴィリア)

日常にジュエリーを。そのギャップがほどよいツヤにつながる。

「例えば若い人なら、肌や髪自体がみずみずしいから、ジュエリーの力を借りずとも十分なツ
ヤを発揮できるもの。一方エクラ世代になると十分にケアしていたとしても、どうしても肌も
髪もマットな印象になりがち。これは自然なことだからしかたないけれども、それを逆に強み
に転換できるのが、ジュエリー使いの極意だと思います」と伊藤さん。ジュエリーのもつ上質
で高貴なツヤは、年齢を経た大人の肌があってこそ強調できるもの。一方、本物のジュエリーは若い人がつけても、そのよさを十二分に発揮することはなかなかむずかしいとか。「ジュエリーを楽しむのはまさに大人ならではの特権なのです。そんな大人の味方を、いざというときのためにだけとっておくのは本当にもったいない!何げない日常の装いにこそ合わせてみましょう。そこに生まれるギャップこそがツヤ感につながるのです」。ただし、気をつけてほしいポイントもいくつかあるそう。「単純に高価なジュエリーをいくつもつければいいというものではありません。やみくもにつけると、かえって老け見えにつながることも。計算しつくしたつけ方のルールを心得るのがポイントです。そこで、常々私がプライベートでも、またスタイリングのうえでも心がけている、"ツヤ感とモード感を感じさせるジュエリー使いのルール"をご紹介します。ぜひ自分のものにして、大人の特権を満喫して」。

ジュエリーの若々しいつけこなしで完成する「ツヤ出しモード」

伊藤美佐季さん

幼いころから、母や叔母の美しいジュエリーや洋服に憧れ、ファッションに興味をもつ。ジュエリー関連のPR業務を経て、イタリア・フィレンツェへ遊学。帰国後スタイリストに転身。世代を超えた数々の媒体で、上質なスタイリングを披露し、その洗練された世界観で厚い支持を得る。ジュエリーディレクターとしても活躍中。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング