一度黄ばんでしまった白ものを復活するには?【洗濯のコツQ&A】

2018年7月17日
クリーニング派の人でも、日々の洗濯からは逃れられないもの。洗い上がりが今ひとつだと感じるひとは、間違った洗い方をしているからかも! しまっていた白ものが黄ばんでいた…なんてときに知ってて得する“洗濯のコツ”を専門家が伝授。

一度黄ばんだ白ものを復活できますか?

A.原因がわからなければ、まず煮ましょう。

しまっていた白ものを出そうとしたら黄ばんでいた、なんてことはよくありますね。全体に黄ばんでいる場合は洗剤成分の残存、つまり、すすぎ不足が原因です。まずは、下の手順で煮ましょう。お湯の色が変わるので、成分が溶け出ているのがわかります。それでも落ちない場合は、汗の成分が酸化した黄ばみなので、酸素系漂白剤を使ってください。忘れがちですが、本来の効果を得るには、必ずお湯を使うこと。漂白剤は液体より粉末のほうが強力です。

1/4

2/4

3/4

4/4

全体に黄ばみがある服の黄ばみ落とし

①大きな鍋(アルミは避ける)に湯を沸かし、弱アルカリ性洗剤を表示の分量どおりに入れて、かき混ぜる。粉末洗剤はよく溶かす。
全体に黄ばみがある服の黄ばみ落とし

②黄ばんだ服を入れてかき混ぜながら、10分ほど煮る。この間に色が出てお湯がにごってきたら、すすぎきれていない洗剤成分が主な原因。
全体に黄ばみがある服の黄ばみ落とし

③10分煮たら、シンクに移し、水を流しながら服をすすぐ。すすぎの水が透明になるまでじっくりとすすぐ。

④この段階で残った黄ばみは、汗成分の変色なので、漂白剤を使う。
汗が原因とわかっている黄ばみ

40℃のお湯を洗濯桶にはり、酸素系漂白剤を溶かして、服を30分ほどつけ置きする。その後、水を流しながらすすぐ。落ちが悪い場合は、重曹を足すのも有効(※酸素系漂白剤の場合のみ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング