展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選

さりげない存在感があり、おしゃれさを高める優秀カラーとして一目置かれる「グレージュ」。では実際におしゃれプロたちはどんなグレージュアイテムを買って、どのように着こなしているのか? 展示会や撮影でいち早く新作をチェックするスタイリスト&エディターたちが購入したアイテムとは?
展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選_1_1-1

1/5

展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選_1_1-2

2/5

展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選_1_1-3

3/5

展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選_1_1-4

4/5

展示会や撮影でお買い取り! スタイリスト&エディターのグレージュアイテム 五選_1_1-5

5/5

1.「アパルトモン」のボートネックニット
スタイリスト 村山佳世子さん
「ゆったりしたシルエットと首・袖のデザインがお気に入り。インにシャツを合わせて、チノパンとのワントーンコーデに。シンプルなのにしゃれたディテールや、薄すぎず濃すぎずのグレージュの色合いで、着回し力も抜群です」(村山さん)。少し高さのあるボートネックと、すそ広がりになった身幅のあるシルエットが今どき。あぜ編みで立体感があり、体型を拾わないのもうれしい。

ニット¥49,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
2.「クリステンセン ドゥ ノルド」のカーディガン
エディター 向井真樹さん
「あいまいな色が得意なブランドなので、色幅の広いグレージュはお手のもの。大人なブランドだからカシミヤの手ざわりもスペシャルなんです! やや濃いめのグレージュは、今季なら黒と合わせてシャープに着たい」と向井さん。袖と身頃で変化をつけた編み地や、やや細く仕上げた袖、ゆとりのある身幅と絶妙なバランスの丈感など、計算されたフォルムの美しさは着やすさにもつながって。

カーディガン¥79,000/ストックマン(クリステンセン ドゥ ノルド)
3.「アパルトモン」のニットパンツ
スタイリスト 徳原文子さん
体のラインを拾いにくい地厚なリブニットは、エクラ世代にうれしいポイント。「ニットパンツを探していて見つけた旬度の高い一本。すそにかけて広がるシルエットがきれいで、都会的なムードでカジュアルに着こなす予定! グレージュはおしゃれな半面、地味にもなりがち。このパンツに黒のニットとコンバース、チェーンバッグを斜めがけして、老けないようカジュアルに着こなしたい」(徳原さん)。

パンツ¥38,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)
4.「ebure」のオールインワン
エディター 松井陽子さん
「薄くてあいまいな色は実は初挑戦。ウールの地厚な生地がほどよい張りを生み出し、冬ならではの素材感のあるアイテムも、すんなり受け止めてくれそう。全身で取り入れてもやりすぎにならないのがちょうどいい」(松井さん)。ウエストに入ったゴムと、サイドの光沢ラインが脚長に見せてくれる効果あり。ワンピース感覚で女らしく着られる。

オールインワン¥39,000/ebure
5.「ブルーバード ブルバード」のエコファーコート
エディター 宮崎桃代さん
「街で素敵に見える人は、脱・無難なアウターを着ていることに気づき、手に入れたこの冬の本命。ウエストベルトがドラマチック。おとなしい印象になりがちなグレージュを、もこもこのエコファーが愛嬌のあるムードに見せてくれます」(宮崎さん)。ダークカラーが多い冬の着こなしをトーンアップし、ファーの質感もぐっと高見えさせてくれるグレージュを満喫。

コート(グログランリボンベルトつき)¥69,000/WEST(ブルーバード ブルバード)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング