華組 謝名堂華菜子ブログ
謝名堂華菜子

謝名堂華菜子

主婦・刺繍作家

古いもの、手仕事が好きです。
小2・小6の息子と夫の4人家族、関東暮らし初心者。
おのぼりさん目線で、美術館やカフェ巡り、時々刺繍作品など、のんびり綴っていければと思っています。

華組instagram 新しく始めました。@janakana777
刺繍・手仕事 @hinagiku25

20年捨てられない春色の刺繍ニット

2019年2月25日
エクラ3月号でも春色ニットがたくさん紹介されていて、アウターの中には優しい春カラーを取り入れたくなります。
20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_1
そんな中から私が一番惹かれたのは、ピンクにベージュやグレーのニュアンスカラーを組み合わせたコーデ。
20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_2
CARDIGAN:NOMBRE IMPAIR/SKIRT:no brand
ピンク&グレーは、大好きな組み合わせ♪

久しぶりに刺繍のピンク色のニットを、グレーのカーディガンと合わせて着てみました。

優しいピンクのウール地に白いお花の刺繍が施されたこちらのニット、
実は、昔キャスター時代に金沢の百貨店で買った思い入れのある服で、
もう20年間ずっと捨てられないでいるものです。
20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_3
濃いベージュ地にピンクの刺繍のワンピースと色違いで購入しました。

上質なウール地で、20年経ってもほとんど毛羽立つこともなく、きれいなまま私のクローゼットに居てくれています。
20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_4
機械刺繍ですが、ぽわぽわしたお花が可愛らしく、
着ないくせに、処分しようとは一度も思ったことがありませんでした、そういえば。

今でこそ刺繍にたずさわっていますが、買った当時は刺繍のシの字も知らなかった…
なのに色違いで2枚も手にしているって、
刺繍のテイストが好きという素地は、昔からずっと変わらずあったんだな~と、
久しぶりにニットを出してみて改めて想ったのでした。  
20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_5
ぽわぽわつながりで載せますと、ここのところミモザにまみれる日々を送っております。
  • 20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_6-1
  • 20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_6-2
  • 20年捨てられない春色の刺繍ニット_1_6-3
3月8日は「ミモザの日」
イタリアではこの日、「女性の日」とされ、男性から女性にミモザを贈る日であることから、
mimosaの日なんだそうです。

ピンクや黄色や鮮やかな花々...春は『色』から元気をもらえる嬉しい季節ですね♪

What's New新着記事

FEATURE
ランキング