富岡佳子の「今、欲しい暮らしのモノ、コト」~弥生~

2019年3月1日
"春夏秋冬"のライフスタイルを提案する、富岡佳子さんの連載。「3月3日は桃の節句。エクラ世代なら、女友だちとのティータイムを兼ねた、大人の雛祭りを演出してみてはいかが?」と話す、富岡さん。

桃の節句

富岡佳子の「今、欲しい暮らしのモノ、コト」~弥生~_1_1
お気に入りのおいしいお菓子を持ち寄り、あとはお茶を用意するだけ。ただし、器や道具類はセンスよくそろえてみたい。そんなシーンにぴったりなのが、アフタヌーンティースタンド。写真は銅製の本体に、単体でも使える杉材の丸盆が2つついたもの。本体は無塗装で使い込むほどに味わいが増し、丸盆は職人による“うづくり”で仕上げられている。凛とした和のたたずまいながら、洋菓子やサンドイッチ、チーズなど盛りつけてもよさそうな、和洋問わず使える懐の深さもある。置くだけでいっきにおもてなしの食卓になりそう。
「意外と日常でも使えると思います。果物を2〜3種類盛りつけるだけでも様になるし、丸盆は鍋料理の具材を盛りつけるなんてときにも重宝しそう」と富岡さん。
富岡佳子の「今、欲しい暮らしのモノ、コト」~弥生~_1_2
「食卓に器を並べるときは、高さのあるものを投入し、高低差をつけるようにしています。ふだんの食事なら鉢を使ってみたり、おもてなしのときなら脚つきのトレイにケーキを盛りつけてみたり。食卓もファッションと同じで、フラットになりすぎないよう心がけています」とも。
高さのあるものがひとつあるだけで、食卓に抑揚がつき、華やいで見える。ましてや、シンプルで洗練されたアフタヌーンティースタンドにおいしいお菓子が並んでいたら……。きっと雛祭りのおしゃべりにも花が咲くはず。
本体の銅の部分は、風合いを出すために職人の手により、深みのある変色加工が施されている。丸盆は秋田杉を用い、職人が手作業で製作。丸盆は取りはずして単体でも使え、本体はコンパクトに折りたたむことができるので、収納もしやすい。アフタヌーンティースタンド 丸盆付き¥39,000/Sゝゝ[エス] その他/スタイリスト私物 
[富岡さん]シャツ¥23,000/インターリブ(サクラ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング