春らしいカラーで肌映えよく “色だけ甘い”トップス7【映えるセミスイート・トップス】

2019年3月8日
コートを脱ぐ季節になると、ついつい春らしいスイートトップスに手がのびがち。でも、大人が一枚で着映えるには、甘さは色か形のどちらかにとどめるのがベター。アラフィー女性もバランスがとりやすいのは、形はベーシックな“色だけ、甘い”アイテムをご紹介。

色だけ、甘い。

春のショップには、思わず目移りしそうなスイートカラーが花盛り。甘い色を大人が上手に着るには、形はベーシックなニットやシンプルなシャツなど、甘さ抑えめがベスト。
スイートカラー ニット

1/7

スイートカラー シャツ

2/7

スイートカラー シャツ2

3/7

スイートカラー ブラウス

4/7

スイートカラー ニット2

5/7

スイートカラー ニット3

6/7

スイートカラー ニット4

7/7

ライラックカラーのカシミヤ×シルク素材と色も素材感も柔らかでスイーティ。Vネックならスマートに。

ニット¥39,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) スカート¥18,000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) 手に持ったジャケット¥95,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥22,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャ
ンニ キアリーニ)
ピンタックがマニッシュなシャツなら、甘い色の筆頭・ライトピンクも難なく取り入れられる。合わせるほかのアイテムはブラックで統一して、甘辛のバランスを吟味して。

シャツ¥42,000(サルヴァトーレ ピッコロ)・パンツ¥70,000(ブラミンク)/以上ブラミンク バングル¥24,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥89,000/ジミー チュウ

1.オレンジベージュのスキンカラーをカジュアルディテールでさっそうと

シルク100%の柔らかさととろみ、光沢感が魅力のスキンカラーのシャツ。素材と色の甘さをほどよくクールダウンしてくれる、カジュアルシャツを思わせるポケットディテールが特徴。ポケットつきシャツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ)

2.さらりとした素材でピンクを軽やかに着られるブラウス

短め丈に幅のある身頃で、ボリュームあるボトムと合わせやすいブラウス。リネン混のさわやかさのある素材感で、ライトピンクの甘さをほどよく緩和。共布のベルトつきで、甘さを調整できるのもうれしい。ブラウス¥32,000/ebure(エブール)

3.クルーネックで取り入れる青み多めの優しいピンク

ほんのりラグランスリーブのシンプルなクルーネックニット。コットン70%×シルク30%の、軽やかさの中に上質感が漂う素材感だから、ライトピンクも抵抗なく着こなせる。コットンシルクニット¥49,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー)

4.スタイルをバージョンアップする優雅なラベンダーのブラウス

大きくあいた背中に一本のストラップが印象的な攻めのブラウスも、優しげなラベンダーカラーならほどよい印象に。落ち感のある柔らかな素材も春らしい。背中あきブラウス¥21,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)

5.意外性のあるデザインをオレンジピンクでフェミニンに

前から見るとシンプルなスタンドカラーニット。後ろにはリボンつきで前後のギャップも楽しい一枚。オレンジがかったピンクはデニムや黒とも好相性。シルク混ニット¥34,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング