<ヴァレンティノ>クチュール技とモダンなストリートを融合した逸品【身体の一部のハイブランド服】

2019年3月19日
ハイブランドの服をまとう楽しみや心地よさも知っているアラフィー女性たちに、“着るだけで気持ちがアガる!”最愛ブランドを取材。ファッションディレクター・萩原さんの初ヴァレンティノは、当時ブランドのアイコンとして人気だったスカラップカットのミニドレス。以降、ヴァレンティノの服が醸し出す唯一無二の特別感の虜に。
ファッションディレクター・萩原輝美さん推薦
毎シーズン各コレクションを取材し、記事を寄稿するほか、各種セミナーも評判。自身のブランド「テン.(ten.)」も好調。

VALENTINO(ヴァレンティノ)

極上の素材からつくり出される優雅さ、華やかさ、気品に加え、レイヤードスタイルも数多く登場している。
<ヴァレンティノ>クチュール技とモダンなストリートを融合した逸品【身体の一部のハイブランド服】_1_1
左のイブニングドレスは、オーガンジーのリーフ形のモチーフをスカート部分に重ね合わせたブティック限定の一着。右は、メゾンのアーカイブからのプリントや装飾を蘇らせたヴィンテージライクなマリンルック。バッグや靴に配したロックスタッズは、日本の伝統技術“金継ぎ”へのオマージュ。
(左)ドレス¥950,000・(右)ジャケット¥356,000・シャツ¥192,000・パンツ¥112,000(4点ともヴァレンティノ)・バッグ¥326,000・靴¥115,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスク

クチュール技をプレタに落とし込むデザイン力に時代のエレガンスを感じて

クチュールブランドならではの手技をクラシックな枠に押し込めず、モダンなストリートと融合させることでマダムのためのブランドから一躍、大転身を遂げた「ヴァレンティノ」。手刺繡で側章を施したワイドパンツをランウェイで見たときの新鮮さは今でも忘れられません。
 私の初ヴァレンティノは、当時ブランドのアイコンとして人気だったスカラップカットを取り入れた黒のミニドレス。サイズがあまりにもぴったりだったので、服がもたらす緊張感や唯一無二の存在からしか味わうことのできない特別感を大切にしたい、と思ったことを今も覚えています。以来、少しずつ増えていった黒のワンピース。ファッションに一生ものはありえないと考えていたけれど、このワンピースなら一生着るでしょうね。着たいと思う服と出会えるブランドとして信頼を寄せています。
今欲しいのはこれ!
・「黒のワンピース」や「黒のドレス」にはついつい手がのびてしまいます

What's New新着記事

FEATURE
ランキング