富岡佳子の女性らしい手元、腕をキープするハンド&アームケア

今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんは日々の手、指、腕のケアも徹底的。自然で美しい手元や腕を常にキープする方法をご本人に伺いました。

手、指、腕。服を着るときに意外と目立つ場所に心をくばって「HANDS&ARMS」

富岡佳子スタイル

手は徹底的に守りぬき、腕は適度なトレーニングで引き締めを心がけています

富岡佳子スタイル2

女性らしい手もとや腕を目ざしています

「昔からよくいわれる、“手には年齢が出る”という言葉がずっと耳に残っていて、若いころから手のお手入れには気を使っています。必ずゴム手袋をして洗い物をするだけでなく、リンゴも素手ではむかないようにしているくらい。顔のお手入れで使った美容液やクリームは、その流れで手にも塗るようにしています。

仕事柄、腕を出すことも避けられません。カメラマンさんに軽々しく、“レタッチで削って細くしておいて”なんて、口が裂けてもいえない(笑)。だからトレーニングは欠かしません。でも鍛えすぎた筋肉隆々の腕は自分らしくないので、あくまでも目標は自然なくびれ。週4回ペースで通うジムでは、負荷をかけすぎないように、あえて軽めのバーベルでトレーニングをしています。 

また、角質ケアは棕櫚(シュロ)のたわしで。肌質にもよると思いますが、最初は痛いと感じてもすぐに慣れるのでおすすめです」

富岡佳子スタイル3

スタイリスト 村山佳世子さんに聞きました!

「見えないところにも、美意識が宿っている人です」

佳子さんは、見えないところにも、常に気をくばっている人。モデルとして、いつでも出せるようにしている腕や背中はもちろん、誰にも見えないインナーもそう。その美意識を見習って、私も棕櫚のたわし使いをまねしたスタッフのひとりです(笑)!

トップス¥145,000/サードマガジン(ソニア リキエル) リング¥25,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ファリス)

What's New

Feature
Ranking