【富岡佳子 ファッションは私の生き方です。】白シャツが“自分らしさ”を引き寄せてくれる

毎回、多くの反響が寄せられる富岡佳子さんの私服特集。今回は、スタンダードな白シャツ。そこには人生のフィロソフィーとも呼べる、彼女自身の生き方そのものがつまっていた。

“一生もの”はないと思って、常に買い物をしています。

自分らしさを引き寄せてくれる JIL SANDERの白シャツ

SHIRT : JIL SANDER

ボトムで冒険することが多い私にとって、スタンダードな白シャツは、その冒険を自分らしさに引き寄せてくれる、仲介役のような存在です。でもそのスタンダードだって進化させたい。白シャツという存在自体はスタンダードだとしても、アイテムそのものは止まっていたくないのです。だから、“一生もの”と思って買い物をしてはいけないと、常に自分に言い聞かせています。結果として、“一生もの”になるものがあるとしても。
パンツ¥31,000/サードマガジン(マークケンリー ドミノ タン) バングル(左)¥55,000・¥24,000/エスケーパーズ(タプレイ)

SHIRT : JIL SANDER
PANTS : MARK KENLY DOMINO TAN
BONECUFF BRACELET[RIGHT] : TIFFANY&Co.
BANGLE[LEFT] : TAPLEY
CHAIN BRACELET[LEFT] : HERMÈS
BAG : DELVAUX
SHOES : GUCCI

What's New

Feature
Ranking