CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催

シャネルが、パリにある映画博物館「シネマテーク フランセーズ」にて、2020年1月8日(水)から3月1日(日)までジャン・リュック・ゴダール作品を網羅する回顧上映を開催しています。
CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催_1_1
©Gilbert ROY ELLE
映画『勝手にしやがれ』の公開から60年が経った今もなお、ジャン=リュック・ゴダールの名は世界中の映画ファンの間で、自由とモダニティを体現したフランスの映画運動“ヌーヴェルヴァーグ”の代名詞として親しまれています。

ゴダールは、あらゆるジャンルの芸術との対話を繰り広げながら、これまでに200本を超える作品を発表。その豊富な作品群は、絶えず映像の持つ力を問い直すとともに、繰り返し映画の在り方を改革し続けてきました。
CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催_1_2-1

1/4

CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催_1_2-2

2/4

CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催_1_2-3

3/4

CHANELがシネマテーク フランセーズにて回顧上映「TOUT GODARD」を開催_1_2-4

4/4

©Darlene Hammond Hulton Archive Getty Images
©Keystone Getty Images
©Keystone Getty Images
©Alain Nogues
シネマテーク フランセーズとのパートナーシップのもとに実現した本回顧上映会は、“ヌーヴェルヴァーグ”を代表する女優であり、ゴダール のミューズでもあったアンナ カリーナ氏に敬意を表するもの。1930年代にガブリエル シャネルがきっかけとなって始まったCHANELの映画界との親密な結びつき、そして一部の映画監督や女優との特別な絆に、メゾンが改めて光を当てるまたとない機会となるでしょう。

What's New

Feature
Ranking