<大草直子“地味派手服”のすすめ1>小柄プリント×とろみ素材でベーシックカラーに洒落感を!

地味に終わるのはもの足りないし、おしゃれが楽しめない。かといって、派手すぎるのは避けたい……。そんな悩めるアラフィー女性たちに、スタイリスト・大草直子さんがレクチャー。大人の柄選びのポイントを、ご本人のスタイリングとともにお届けします。

《大草さん流アイデア01》 ベースの色は“地味”めに、小柄プリントで“派手”さを盛る。とろみ素材でさらに華を足して!

パンツの小柄と同色のコートでリンクさせたコーデの大草直子さん

「遠くからは控えめ、近くでは華やかに見せるのがポイントです」

「ネイビーを背景に、点在しているのは三日月のようなベージュの小柄のプリント。このパンツが装いの味つけになって、洒脱さを添えてくれます。大人の柄選びのポイントは「小さな柄」、エレガントな「とろみ素材」、そして「ベースはベーシックカラー」の3つ。そう思うと、意外と簡単ですよね。」

ベースの色は地味めに、小柄プリントで派手さを盛ったコーデの大草直子さん
柄と同色のコートを。その共通項が洗練の秘訣。
パンツ¥46,000/サザビーリーグ(エキップモン) コート¥65,000(エイチ ビューティ&ユース)・リング(右手)¥82,000(プリーク)/以上エイチ ビューティ&ユース ニット¥32,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) サングラス¥31,000 /グローブスペックス エージェント(アン・バレンタイン) ピアス¥98,000 /マリハ伊勢丹新宿店(マリハ) リング(左手)¥83,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥36,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴/私物

“地味という基盤があっての派手さ”が人を惹きつける秘訣

「地味」と「派手」って、相反するもの。でもそのどちらかだけでは大人のコーディネートは成立しません。改めて紐解いてみると、「地味」とは単におとなしくて目立たないということではなく、もっとベーシックな事柄――知性や清潔感、他人に対する配慮のようなものの表れといえそうです。それは大人の基盤としてあるべきもの。だからといって、例えばベーシックな色であるネイビーやグレーは、とっても安心ではあるけれど、その色の後ろに自分が隠れてしまう、そう思うのです。

大人の女性には、きわだつことも恐れないでほしい。きわだったときの美しさや快感、それはとてもすばらしいことだから。私たちはまだまだベーシックだけに隠れなくていいんです!「地味さがあっての派手さ=華やかさ」こそ、もっと大人が楽しんでいい。楽しむべきだし、楽しみましょう。そのヒントをお伝えできればと思います。

What's New

Feature
Ranking