スタイリスト・戸野塚かおるさん直伝<おしゃれを格上げする「いい靴」の選び方>

上質かつ適度な“押し感”のある靴選びに定評のあるスタイリスト・戸野塚かおるさん。シンプル服でも見違える「いい靴」を誰よりも知る彼女に、この春の新作を例に、靴から始まるおしゃれについて教えていただきました。
スタイリスト 戸野塚かおる

スタイリスト 戸野塚かおる

とのつか かおる●スタイリスト歴30年以上という揺るぎのない経験値に基づく、大人のための洗練されたスタイリングに定評あり。本誌をはじめとする女性誌、広告などで活躍。ハイブランドの買い付けにも携わる。

悪目立ちさせず、品格を上げるのが靴選びの正解

「おしゃれは足もとから」とは言い古された言葉ではありますが、スタイリストを30年以上続けてきた経験からも、これはつくづく言い当てていると思います。靴は、装いの最端である脚先にあしらうもの。でもその小さなパーツを飾る靴には、その人の「人となり」がにじみ出てしまう。そう、靴はとても雄弁なのです。

男性にとっての時計や車に近い感覚でしょうか。単にハイクラスな靴を履いていれば上品かというと必ずしもそうではありません。もちろん美しい靴を履いたときの高揚感や、自信を後押ししてくれるそのスペシャル感は女性を潤わせてくれる美容液のようなもの。とても大切です。ところが、それだけに頼って、これ見よがしに靴を履いてしまったり、薄汚れていたり、サイズが合っていなかったりすると、逆に悪目立ちしてしまって、途端に残念なことに。

上質な靴をTPOに合わせながら自分のものとして美しく履きこなすことができる。それこそが真なるエレガンスなのです。そのことを、どうぞ心にとどめておいてくださいね。
戸野塚さんがピックアップしたこの春の装いのイメージに合う靴
この春の装いのイメージに合う靴をピックアップ。新作ばかりではなく、定番を改めて見直すのもマダム戸野塚流。
〈右上から時計回りに〉「洗練ベージュは旬のスリングバックで抜群のこなれ感」。靴(7)¥112,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 「つま先のグリッターは、まさにネイルと同じ効果が」。靴(0)¥71,000/ジミー チュウ 「シャイニー素材でローファーのイメージを見事に刷新」。靴(2.5)\100,000/ブラミンク(ジェイエムウエストン) 「この春注目しているのが白。デザインもパーフェクト!」。靴(6)¥97,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) 「長きにわたり愛用している靴は、今春はスモーキーなブルーを」。靴(4.5)¥89,000 /ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)
戸野塚さんのインスタグラム

靴をこよなく愛する戸野塚さんのインスタ。「靴の履きこなしのヒントが満載!」と編集部内でもチェックしている人多数。@kaoru.tonotsuka

What's New

Feature
Ranking