50代のまつ毛力を復活!簡単に実践できる「マスカラ術」まとめ

アイラインだけで目ヂカラが出るのは30代まで。アラフィーが本気でこだわるべきは「マスカラ」。まつ毛の存在感こそ、目もと印象逆転のカギです。今すぐできる「マスカラ術」を覚えて、まつ毛力を復活させていきましょう!
教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん

エクラをはじめ女性誌や美容誌、広告などさまざまなメディアで活躍。驚くほどナチュラルにその人自身の最大きれいを引き出すセンスとテクニックに定評があり、女優やモデルなどからの信頼も厚い。

 

アラフィーはマスカラのある・なしで、こんなに違う!

アイラインは引いてもマスカラはしないことも……というアラフィーは、今すぐマスカラとよりを戻すべし! ヘア&メイクアップアーティストの広瀬さんが、マスカラがアラフィーの目にもたらす3大メリットを力説。

アイラインだけで目ヂカラが出るのは30代まで

マスカラのある・なしで、こんなに違う!!

まずは下の写真。ほら、マスカラをつけるだけで目もとパッチリ、女性らしさも断然高まる。そんなマスカラ力に今こそ目覚めるべし!

【マスカラがアラフィーの目にもたらす3大メリット】

《MERIT 01》

かぶりまぶたをきゅっと持ち上げる

《MERIT 02》

目の縦幅を大きく広げてくれる

《MERIT 03》

少ない&細いまつ毛を増量して見せる

【マスカラなし】

マスカラなし
ベージュのアイカラーをアイホールにぼかし、黒のインサイドラインを軽く引いた状態。アイライン効果で目もとのフレームはくっきり見えるものの、眉と目の間が間延びして見えるうえ、目もとのメリハリに欠け、目ヂカラはイマイチ。横顔にも華が欠ける。
目ヂカラはイマイチ

【マスカラあり】

マスカラあり
アイカラーやアイライナーは右の写真と同じ状態で、ビューラーでまつ毛を上げてマスカラを塗ったのがこちら。まつ毛がかぶりぎみの上まぶたを持ち上げるため、眉と目の間も引き締めつつ、目も上下に大きく見える。まつ毛の存在感もアップし、印象も女性らしく。
若さも女らしさも色気もマスカラでこそ復活
「アラフィー世代になると、目ヂカラって落ちますよね。その大きな要因が実はまつ毛にあるんです」と広瀬さん。確かに、年齢とともにまつ毛は細く短く、まばらになりがちなもの。

「毛髪もそうですが、毛には若さや女性らしさ、色気が宿るんです。まつ毛が乏しくなると、その要素も落ちてしまうわけで、アイラインだけでは、それらを挽回させることがむずかしい……」

だからこそ、アラフィーに本当にマストなのは“マスカラ”。

「カールアップ効果のある黒のマスカラでまつ毛力を補強すれば、かぶったまぶたも持ち上がり、目も大きく、増毛効果も。その結果、若さも女性らしさも復活する。アラフィーは“マスカラをつけた目が素顔”ととらえましょう」
使うべきは黒のカールマスカラ

使うべきは黒のカールマスカラ!

大人のまつ毛を上向きに固定するカールアップ力の高い黒のマスカラがマスト。濃さ、長さ、カール力もアップ。にじみにくく、ふさふさな仕上がり。

エクストラボリューム カラーマスカラ00 ¥4,400/アンプリチュード

にじみにくく、ふさふさな仕上がり
ニット¥18,000/フィルム(ソブ) イヤカフ¥16,000/ジュエッテ

 

アラフィー世代のマスカラ術《STEP1》 まつ毛はしっかり立ち上げるべし

ナチュラルなのに印象が断然変わる! アラフィーの目もとに若さと女らしさと色気を復活させるマスカラ術をヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんが伝授。まずは、まつ毛の根元をしっかり立ち上げるテクニックからご紹介!
アイラッシュカーラーでしっかり根元を立ち上げる
アラフィーのまつ毛力を上げるには、まずはビューラーでまつ毛のカールアップを。まつ毛の根元をビューラーのカーブにピタッと添わせてギュッと立ち上げる。鏡をやや下側に見るとまつ毛の根元がより見えやすくなるのでトライして。さらに、目頭と目じりはそれぞれのカーブに合わせてビューラーを当て、残さずアップ。

目のカーブに合わせる

目のカーブに合わせる

目じり側もしっかりと

目じり側もしっかりと

短い毛、細い毛にはミニのアイラッシュカーラーが便利

短い毛、細い毛にはミニのアイラッシュカーラーが便利
目頭や目じりのまつ毛が通常のビューラーで上げにくい人は、細かな部分に使いやすいこんなアイテムを利用するのも手。端の一本こそが大事。
細く短く上がりにくいまつ毛もカールアップ
広瀬さんご愛用。目頭や目じりの、細く短く上がりにくいまつ毛もこれがあればたちまちカールアップ。
コバコ アイラッシュカーラー(ミニ)¥1,200/貝印

 

アラフィー世代のマスカラ術《STEP2》 下まつ毛にもマスカラ必須!

アラフィーの目もとに若さと女らしさと色気を復活させるマスカラ術をヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんがご紹介。アイラッシュカーラーでしっかり根元を立ち上げた後は、ブラシを縦にして、下まつ毛から増毛を!
ブラシを縦にして、下まつ毛から増毛
目の縦幅を広げるためには、下まつ毛の存在感を復活させることが大切。なので、下まつ毛にもマスカラ必須! 上まつ毛からつけはじめると下まつ毛につけるときについ目を見開きすぎて、上まぶたにマスカラがついてしまう場合も。だから、最初に下まつ毛から塗るのがポイント。マスカラは写真下のように一度ティッシュで液をしっかりぬぐってから使うときれいに塗れる(上まつ毛も同様)。マスカラはブラシを縦にして左右に小刻みに揺らしながら全体につけていく。

つける前に、マスカラ液をティッシュオフ

つける前に、マスカラ液をティッシュオフ

まつ毛が下がりやすい人は、根元のみ下地を仕込んで

まつ毛が下がりやすい人は、根元のみ下地を仕込んで
マスカラだけでは下がってきちゃう……という人は下地を。ただし、まつ毛にコシがないので、下地は根元だけにつけてテコ入れするのが正解。
マスカラ下地は速乾性の高いものを
マスカラ下地は速乾性の高いものを。
1.カールラッシュ フィクサー¥3,000/エレガンス コスメティックス
2.UZU モテマスカラTM クリア¥1,800/UZU BY FLOWFUSHI
3.ディオールショウ マキシマイザー3D¥4,100/パルファン・クリスチャン・ディオール

 

アラフィー世代のマスカラ術《STEP3》 毛先からつけてしっかりセパレート!

アラフィーの目もとに若さと女らしさと色気を宿すマスカラ術を、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんが伝授。上まつげは毛先からつけて、まつ毛一本一本をしっかりセパレートさせることで増毛効果もプラス!
最初につけるのは毛先のみ。しっかりセパレートさせる

《STEP2》に続いて上まつ毛。根元からつけると思っている人が大多数だが、アラフィーともなると、細くコシのないまつ毛同士が根元でくっついてしまい、その結果、まつ毛の本数が少なく見えてしまいがち。だから、大人は毛先からつけて、まつ毛一本一本をセパレートさせ、増毛効果もねらうべき。毛先をつけ終わったら、中間から根元は軽くささっとつけるのがポイント。

中間から根元は軽くささっと。手鏡は見下ろす位置にあると塗りやすい

中間から根元は軽くささっと。手鏡は見下ろす位置にあると塗りやすい

広瀬さんおすすめのカールUPマスカラ

マスカラ選びのポイントの一番はカールアップ力に優れているもの。しっかり上向きまつ毛をキープできるものを。色は黒でくっきりと。ただし色白肌ならブラウンでもOK。
しっかり上向きまつ毛をキープできるものを

1.カールをつくる面と根元を立ち上げる面の2つの機能をもつブラシが優秀。ラッシュ クイーン セクシー ブラックWP01 ¥4,800/ヘレナ ルビンスタイン

2.まつ毛の根元も塗りやすいスリムブラシ。短いまつ毛も長くカールアップ。オペラ マイラッシュ アドバンスト ¥951/イミュ

3.日本女性の目もとのカーブに合わせて設計された細型ブラシ。長さと広がりをオン。ヴィルトゥーズ ドールアイ01 ¥4,000/ランコム

4.超極細三角ブラシが細かい部分もしっかり拾ってオン。デジャヴュ ラッシュアップE ブラック¥1,200/イミュ

5.美しいセパレートまつ毛に。まつ毛ケア効果も。ル ヴォリューム レヴォリューション ドゥ シャネル10 ¥4,500/シャネル

 

アラフィー世代のマスカラ術《STEP4》 目頭&目じりもしっかり塗るべし!

ナチュラルなのに断然変わる!ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさん流のアラフィーマスカラ術を大公開。仕上げに、目頭や目じりの細い一本も見逃さずにマスカラを塗ることがアラフィーの目もとを復活させる大事なポイントに。ブラシ&手鏡の持ち方までしっかりご紹介。
目頭、目じりの隠れまつ毛をしっかり掘り起こす
仕上げに目頭や目じりの細い一本も見逃さずマスカラを塗ること。目頭はブラシを縦にしてその先で一本ずつ拾って塗る。その際、手鏡を目じり側に置くと、マスカラブラシが視線を遮ることがないので、当たる位置をちゃんと確認しながら塗ることができる。目じり側を塗るときは手鏡を目頭側に置き、ブラシを横に流すようにつける。最後に毛先だけ上に引き上げるように重ねづけすれば完璧。

目じり側はブラシを横に

目じり側はブラシを横に

仕上げに毛先を引き上げる

仕上げに毛先を引き上げる

\\違いは一目瞭然//

違いは一目瞭然
改めて、マスカラありとマスカラなしを見比べてみて。マスカラによってたるみまぶたも引き上げられて、目が大きくなっているのはもちろん、瞳の輝きまで違って見える。目もとの印象力を上げるには、やっぱりマスカラが命!

What's New

Feature
Ranking