<「揺れワンピース」でラクしてしゃれ見え>ドレスアップも1枚で簡単に! 人気スタイリストが教えるコーディネート術

女らしい華やかさが欲しいときにも重宝する「揺れワンピース」。人気スタイリスト 徳原文子さんが、選び方と着こなしのコツ、コーディネートを教えてくれました。

ニュアンス出しプリント&レース

ドラマチックな揺れはもちろん、プリントやレースに宿る女らしいニュアンスが上品な華やかさをかなえてくれる。ちょっとしたドレスアップも一枚で簡単に。
スタイリスト・徳原文子(とくはら ふみこ)

スタイリスト・徳原文子(とくはら ふみこ)

『éclat』『Marisol』など幅広い女性誌やカタログ、広告などで活躍。ご本人が私服で着用するカジュアルで今どきなスカート&ワンピーススタイルは常にスタッフ間でも話題に。

TOKUHARA’s Advice

女らしい華やぎが欲しいときに絶対重宝するのが、まわりの雰囲気までパッと明るく盛り上げてくれる美しいプリントや繊細なレースのワンピース。ベーシックカラーを基調にすれば、甘くなりすぎず大人仕様に。

【Look1】黒ベースなら花柄もシック。スニーカー合わせも似合う

下に着るキャミソールワンピースとの透け感を楽しめる前開きタイプのワンピース
下に着るキャミソールワンピースとの透け感を楽しめる前開きタイプのワンピースは、花とドットの組み合わせがフェミニン。スニーカーでカジュアルダウンさせればデイリーにも。
ワンピース¥52,000(バウム・アンド・フェルガーデン)・イヤリング¥11,000(ドミニク・デナイブ・パリス)/以上アルアバイル バッグ¥58,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥62,000/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)

【Look2】夏の暑さを忘れさせる涼やかでクリーンな配色

夏に一番映えるライトブルーの小花柄が涼しげなワンピース。
夏に一番映えるライトブルーの小花柄が涼しげ。バスト下からタックが入っているので、デコルテをすっきり見せつつ気になるおなかまわりはしっかりカバー。パイピングされたVネックが顔だちをシャープに引き締めて見せてくれる。
ワンピース¥78,000/ストラスブルゴ 帽子¥24,000/エッセンス オブ アナイ(ジンジ) かごバッグ¥13,000/カレンソロジー 青山(バリ ワークスタット) 靴¥27,000/アマン(ペリーコ サニー)

【Look3】キャッチーでフェミニンな花柄はジャケットで落ち着いたムードに

カットソーやTシャツに重ねてもおしゃれなキャミソールタイプのワンピース。
ベースカラーが黒だから、華やかな花柄も甘すぎず大人仕様。カットソーやTシャツに重ねてもおしゃれなキャミソールタイプ。
ワンピース¥55,000/トゥモローランド(ボーメ×トゥモローランド) ジャケット¥65,000/カオス新宿(カオス) ネックレス¥13,000/シジェーム ギンザ(フィリップ オーディベール) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥80,000/ジミー チュウ

【Look4】控えめプリントと美ドレープを主役に、シンプルコーディネート

少し短くしたフロントのセンター部分に美しいドレープを施したワンピース。
少し短くしたフロントのセンター部分に美しいドレープを施して。歩行時はもちろん、脚を組む所作までもがドラマチック! ドレスアップ感を出したいときは付属のリボンベルトでウエストマーク。
ワンピース¥190,000/ブラミンク ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥160,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【Look5】ハンサム&女らしい一枚は、フォーマルシーンにもフィット

上質なレースの女らしさと、ドレスシャツのクラシカルなフロントとのコントラストが新鮮なワンピース。
上質なレースの女らしさと、ドレスシャツのクラシカルなフロントとのコントラストが新鮮。ピンクのミニショルダーを合わせて軽やかなカジュアル感もプラス。小物しだいでフォーマルシーンにもOK。
ワンピース¥98,000/ebure ジャケット¥66,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥139,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ) 靴¥39,000/アルアバイル(ブレンタ)

What's New

Feature
Ranking