ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

戸野塚かおるさんが伝授!秋から冬への「カギ」となる3タイプの靴とは?

靴をこよなく愛するスタイリスト・戸野塚かおるさんが今季注目する一足を特別にご紹介! 引き算コーデしがちな今だからこそ、日々のおしゃれに取り入れたい、戸野塚さんが選んだ「いい靴」とは?
戸野塚かおる(とのつか かおる)

戸野塚かおる(とのつか かおる)

スタイリスト。エレガントで小気味のよいスタイリングが本誌でも大人気。靴に精通し、インスタグラムの靴情報を愛読する編集者も多数。個別にアドバイスをする、パーソナルスタイリングも人気。

Instagram : kaoru.tonotsuka

見えてくる景色さえも変えてくれる。いい靴の魅力を日常で実感して

コロナ禍で生活範囲が狭くなる中、おしゃれも様変わりしました。全身バッチリと決め込んだようなパワフルな装いには気持ちが向かいませんね。実際私もそうです。今は、肩の力を抜いて、より心地のよい装いに身をゆだねたいというのが本音です。

実はこの状況下、私の中では靴への愛情がよりいっそう深まっているんですよ。以前にもお話ししましたが、靴は足先にちょこんと加えるだけの、おしゃれの中ではごく小さなパーツです。ところがそこに、眺めているだけでもうっとりできるような美しい一足を加えると、装いが華やぎ、気持ちも姿勢も変わり、見えてくる景色さえも変えてくれるんです。心躍るような外出はまだむずかしい状況ですが、それでも気持ちだけは素敵なところに向かっていたいなって。靴は、時にアクセサリーがわりにもなり、メイクアップ効果ももたらしてくれます。装いがよりシンプルになっている今は、心地よく、気分を上げてくれる一足で、足もとは楽しく遊んだほうがいい、そう思うのです。

秋から冬へのカギとなる靴は3タイプ。フラット靴と、マニッシュ靴、そしてブーツ。今のカジュアルスタイルにバランスよく合うもので、履き心地のよさと、歩きやすさも重視しています。エレガントなヒールパンプスは今は小休止。それにかわるフラット靴は、愛嬌があって、パンチの効いたものを。スニーカー感覚で取り入れたいマニッシュ靴はちょいワル風に。そしてブーツは、美しさと今どき感をポイントに。

つい引き算しがちな今だからこそ、日々のおしゃれの中にいい靴を。その魅力を多くのかたに実感してもらえたらうれしいです。
 

1.「ヒールのないフラット靴は、少し大胆なほうが断然素敵!」

ヒールのないフラット靴
(右上から)靴(1)¥85,000/ドゥロワー 六本木店(セルジオ ロッシ) 靴(0.5)¥83,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴(1)¥10,7000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 
 

2.「マニッシュ靴は、ちょいワルに。まじめすぎず、奇抜すぎないデザインが理想的です」

マニッシュ靴は、ちょいワルに
(左)靴(1)¥80,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ) (右)靴(1)¥107,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 
 

3.「ブーツは、フォルムの美しさが大切。安定感のあるヒールも欠かせませんね」

ブーツはフォルムの美しさが大切
(左)靴(6)¥127,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) (右)靴(4.5)¥105,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 

What's New

Feature
Ranking