50代の理想のファッションスタイルとは?「最旬の10着」でとびきりのおしゃれを楽しむ!

「たくさんの服を持たなくても、とびきりのおしゃれが叶う」。その理想のファッションスタイルを実践する人気スタイリスト・村山佳世子さんに、今年の秋冬シーズンならではのアイテムを聞きました。村山さんらしいベーシック服と、今年らしさを映すトレンド服とのバランスが見事にとれた10着。この10着を使って、おしゃれを最大限に楽しむ方法を公開!

 

村山佳世子(むらやま かよこ)

村山佳世子(むらやま かよこ)

本誌をはじめとするファッション雑誌や、広告、カタログ等で活躍するエクラ世代の大人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく 10のルール100のコーディネート』(集英社)が、6刷5万部の大ヒットに!

 
①スタイリスト・村山佳世子さんが真に愛せるアイテムとは?

「“気分の上がる服”に、自然と手がのびます」

すべての人に、想像もつかなかったことが起こっている今、ファッションにできることはなんだろう?と、日々、考えています。

 

そんな中でやってきた秋冬シーズン、服選びの基準は、自然と、新しいライフスタイルへと向かいます。ふだんはベーシックな服やメンズライクな服が好きな私にも、大きな変化がありました。

 

それは、“ツヤ素材”や“きれい色”など、“気分の上がる服”に、自然と手がのびたということ。

 

もちろん、それらがトレンドだからという理由もありますが、ライフスタイルとおしゃれが切っても切れない関係であることの、証明でもあるような気がするのです。

そんな気分で選んだ最旬の10着とその着こなしを、お届けしたいと思います。

村山佳世子さんの最旬の10着

 
②2020秋冬に揃えたい「厳選の10着」をクローズアップ!

スタイリスト・村山佳世子さんが選んだ、厳選の10着をクローズアップ。今年らしさを映すのはもちろんのこと、来年も再来年も着たくなる、村山ベーシックの真髄に触れて。

1. ロングジレ

ロングジレ

取り入れた人からおしゃれ度が上がる

エクラ読者くらいのおしゃれさんなら、もう、ジレを着ることに抵抗を感じないのではと思って、5着の最初に選んだアイテムがこれ。どんな服にも似合う、メランジ調のロング丈。はおるだけで、間違いなく上級者見えする一着です。

 

ジレ¥125,000/エスケーパーズオンライン(ポステレガント)

 

2.白シャツ

白シャツ

秋冬にやっぱり欠かせない必需品

私のクローゼットには欠かせない白シャツですが、実は最初、今回はあえてはずしてもいいかもと思っていました。でも実際にコーディネートを組んでみたら、やっぱり白シャツが必要で。改めて白シャツの重要性を実感しました。すその大胆な前後差が今年らしさを映すデザイン。

 

シャツ¥20,000/サードマガジン

 

3.ビッグニット

《3》ビッグニット

ニュアンスのあるきれい色が今の気分

身幅は広めで丈は短め。冬の定番であるビッグニットは、このバランスが使いやすいと思っています。今年気になったのは、ニュアンスのあるきれい色。私のようなきれい色が得意じゃない人も、このトーンなら気負いなく取り入れられるはずです。

 

ニット¥63,000/ラグ&ボーン 表参道店(ラグ&ボーン)

 

4.サテンスカート

サテンスカート
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

ボトムにツヤ感が入るだけで一気に今年らしく

すっかり大人の定番服になったマキシ丈のスカートは、フレアシルエットは少し落ち着きを見せ、フィット感のあるIラインシルエットにトレンドが移行中。ツヤ感のあるタイプを、白シャツやニットの相棒に。

 

★スカート¥25,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×サクラ)

村山佳世子×サクラのスカートはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>>

 

5.シャツワンピース

シャツワンピース

旬のレイヤードを楽しみたい

シャツワンピースも、Iラインシルエットにこだわってチョイスしました。アレンジするなら、ボタンを開けてはおりものとして着るよりも、タートルニットやパンツをレイヤードするスタイルが、この秋冬は断然おすすめです。

 

ワンピース(共布ベルトつき)¥36,000/RHC ロンハーマン(OR フォー RHC)

 

6.ブラウス

イレーヴのブラウス

マニッシュ派も着られる絶妙な甘さ

イレーヴがつくる、甘すぎないフェミニン服が好きです。

このブラウスもまさにそのムードをもつ一枚。

ボウタイになるスカーフを取りはずせば、シンプルなノーカラーブラウスになるお得感もいい。

甘い服を着ると照れちゃう私も、気負いなく袖を通せます。

 

ブラウス(スカーフ取りはずし可)¥39,000/アングローバル(イレーヴ)

 

7.カラーパンツ

ブラミンクのパンツ

おしゃれも気持ちも動きだす!

数シーズン前から流行しはじめたカラーパンツ。

初めは抵抗がある人も多かったと思いますが、今はきれい色のスカートを着る延長で楽しめる人が増えていると思います。

大人は地味色のトップスをたくさん持っているから、この一本が加わればおしゃれが動きだすはず。

 

パンツ¥85,000/ブラミンク

 

8.ホワイトパンツ

ロエフのパンツ

カジュアルボトムと冬の白が好き!

カジュアルなパンツは、白シャツと同じく、今回は入れなくてもいいかなと思っていました。

でもやっぱりこの一本が入ると、着こなしが広がる。

オフホワイトという色も、やっぱり秋冬のワードローブによく似合う。

自分の“好き”を、改めて見直しました。

 

パンツ¥36,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)

 

9.チェック柄トレンチ

ドゥロワーのコート

柄ものは取り入れやすいアイテムで

ワードローブに柄ものアイテムがひとつあると、少ない服での着こなしが決まると思います。

ジレでウール素材を入れたので、いわゆる袖のあるアウターはトレンチコートに。

今回の10着にはロング丈が似合います。

 

コート(ムートンのつけ襟、ベルトつき)¥230,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

 

10.リブタートル

ブラミンクのニット

脇役に見えて、実は主役級の重要度

今回の10着の中で、ベーシック中のベーシック服が、このタートルニット。

脇役のように見えて、実はなによりも主役なのではないかと思うくらい、これがないと始まらない!不思議と、どんな服とも似合ってしまうアイテムなんです。

 

ニット¥48,000/ブラミンク

 

 
③10着で過ごす7日間コーディネート

村山佳世子さんの「真に愛せる最旬の10着をクローゼットに」を特集。村山さんらしいベーシック服と、今年らしさを映すトレンド服とのバランスが見事にとれた10着とその着こなしを紹介します。

1日目 ワンマイルの外出だって、さりげないおしゃれで気分を上げたい

今回の10着のセレクトは、このロングジレにひと目惚れしたところから始まりました。

シンプルな白シャツとカジュアルパンツにはおっただけ。それだけでおしゃれは特別に、そして、気持ちはぐっと明るくなる! あえて、なんでもない日に着たいコーディネートです。

村山佳世子さんのロングジレのコーデ
ジレ¥125,000/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) シャツ¥20,000/サードマガジン パンツ¥36,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) ストール¥130,000・バングル(リザード)¥85,000・バングル(カーフ)¥73,000/エルメスジャポン(エルメス) バッグ¥45,000(ア ヴァケーション)・靴¥39,000(アンスクリア)/以上アマン
 

2日目 鉄板のニット×パンツは、きれい色パンツで更新して

リブのタートルニットと、メンズライクなシルエットのパンツという私にとっての秋冬の“ど定番”スタイル。いつもだったら間違いなく地味色のパンツを選ぶのに、今年はツヤ感のあるきれい色のパンツに手がのびました。遊び心のあるボリュームアクセがポイント。

鉄板のニット×パンツ 村山佳世子さんコーデ
ニット¥48,000・パンツ¥85,000/ブラミンク イヤリング¥10,000/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) ブレスレット¥21,000/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥12,000/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティーボ)
 

3日目 チェック柄のトレンチを主役に、ひとさじの冒険を

無地の単色トレンチはもちろん素敵だけど、今年なら、チェック柄という選択はどうでしょう?冒険アイテムのように見えて、実はベーシックでもあるから、エクラ世代にこそ試してほしい。レオパード柄シューズとの“柄ON柄”が、この日の裏テーマです。

トレンチコートが主役のコーデ
トレンチコート(ムートンのつけ襟、ベルトつき)¥230,000(ドゥロワー)・バッグ¥55,000(ワンドラー)/以上ドゥロワー 六本木店 ブラウス(スカーフ取りはずし可)¥39,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥36,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) ピアス¥29,000/ステディ スタディ(トムウッド) 靴¥107,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
 

4日目 鮮度の高いフェミニンが、穏やかな一日をつくってくれる

なんてことないスカートスタイルですが、実は今年らしさを象徴する着こなしがこれ。 一枚あると便利なざっくりニットは、ニュアンスたっぷりのきれい色に、着心地のいいラクちんスカートは、Iラインのツヤ素材に、それぞれを更新。フェミニンで優しい気分に浸る一日に。

ニュアンスたっぷりのきれい色コーデ

ニット¥63,000/ラグ&ボーン 表参道店(ラグ&ボーン) ★スカート¥25,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×サクラ) ピアス¥52,000・リング¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥68,000/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 靴¥154,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

5日目 最旬のミックスコーディネートが、新たなライフスタイルを彩る

私のおしゃれに欠かすことができないミックスコーデ。 ベーシックな白シャツとツヤ素材のスカートという、新しいミックス感が、今年の気分を表現してくれます。さらに小物使いもミックスを。パールのネックレスとピアス、そこに合わせたスポーティな靴とバッグ。自然と気分が上がります。

村山佳世子さんのミックスコーデ
シャツ¥20,000/サードマガジン ★スカート¥25,000/エクラプレミアム通販(村山佳世子×サクラ) ピアス¥95,000・ネックレス¥620,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) バッグ(メンズアイテム)¥156,000/ジミー チュウ 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ)

6日目 あいまいな色と、隠れたきれい色。大人に似合う旬の配色

ここ最近、とても気になっているのが、何色かわからないようなあいまいな色。 このジレもブラウスも、グレーなの? ネイビーなの? って、光の当たり方で色みが違って見える服。そんなあいまいな色のコーディネートから、強い色のパンツが見え隠れする。 おしゃれって楽しいと思える瞬間。

あいまいな色と、隠れたきれい色でつくる村山佳世子さんのコーデ
ジレ¥125,000/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) ブラウス(スカーフ取りはずし可)¥39,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥85,000/ブラミンク 靴¥107,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) バッグ¥15,000/マスターピースショールーム(サイ)
 

7日目 この秋、ワンピースを着るなら、タートルニットと一緒が素敵

私自身、昔からよくしている、タートルネックのレイヤードが、この秋冬、トレンドの兆しを見せています。落ち感のきれいなワンピースに加えるだけで、ぐっと全身の鮮度が上がる。足もとにはスニーカー感覚で履けるブーツを。仕上げにあいまい色のストールを足して。

ワンピースを着るなら、タートルニットと一緒が素敵
ワンピース(共布ベルトつき)¥36,000/RHC ロンハーマン(OR フォー RHC) ニット¥48,000/ブラミンク サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥26,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥54,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥57,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥138,000/ジミー チュウ
 

 
④おしゃれを格上げする旬の小物リスト4

 1.ボリュームアクセサリー

存在感のあるものをガツンと! ボリュームアクセサリー

夏のイメージが強いボリュームアクセサリーを、秋冬シーズンにつける感覚が今っぽい。18金などのジュエリーではなく、“アクセサリー”というところが肝。遊び心たっぷりに、あえて大ぶりで目立つものをつけて、おしゃれを目一杯楽しみたいなって思います。

ボリュームアクセサリー
(右上から時計回りに)ネックレス¥28,000/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ) バングル¥160,000/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) バングル¥72,500/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) ネックレス¥30,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) イヤリング¥10,000/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) ブレスレット¥21,000/エストネーション(ペリーヌ タヴェルニティ)

 2.エルメスのストール

上品さと遊び心をラフに楽しむエルメスのストール

エルメスの小物にはとびきりの遊び心があると手にするたびにいつも感じます。 このストールもそう。 上質なカシミヤシルク素材に施されたキュートなカラー。 エレガンスと遊び心が集約された一枚をこうしてラフにつける贅沢。 大人だけの特権です。

エルメスのストール
ストール「リスト・オ・フィル・アンカドレ」(140×140㎝)¥130,000/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥63,000/ラグ&ボーン 表参道店(ラグ&ボーン) パンツ¥85,000/ブラミンク

 3.サブバッグ

バリエーション豊富に登場! サブバッグ

エコバッグの流れから盛り上がるサブバッグが、今シーズン、色も柄も素材も豊富に登場しています。 とにかく見ているだけで楽しい! 文字どおりサブバッグとして持つのもいいし、このバッグだけで出かけたってかわいい。 まさに時代の空気感を表現するアイテムです。

サブバッグ
白黒チェック・赤水色ストライプバッグ 各¥24,000/ザシー(ラストフレーム) 白黒ストライプバッグ¥12,000/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティーボ) 黒のレザーバッグ¥31,000/サードマガジン(ザムト) ニット¥48,000/ブラミンク パンツ¥36,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン)

 4.あいまい色の小物

とにかく気になるトレンドカラー「あいまい色の小物」

色名をつけるのがむずかしいような、何色かわからないようなあいまいな色のアイテムが気になります。 ひとつ取り入れるだけで途端に上級者のムードがつくれる。 バッグや靴だけでなく、アクセサリーやネイルカラーで取り入れるのも、素敵だなって思います。

あいまい色の小物
(右上から時計回りに)サングラス¥50,000/マスターピースショールーム(サイ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ネイルポリッシュ 各¥2,800/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ジェイハンナ) 靴¥110,000/アッシュ・ペー・フランス(ミッシェル・ヴィヴィアン) バッグ¥35,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション)

What's New

  • 【2020秋冬コーデ】アラフィー読者ブロガーの真似したい「大人のこなれコーデ集」

    おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!秋冬のアイテム選びや着こなしテクを参考にして。おしゃれを満喫するヒントがたくさん!

    ファッションまとめ

    2020年10月29日

  • 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集

    ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、スニーカーコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

    ファッションまとめ

    2020年10月29日

  • 【2020秋冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ユニクロ・GU』高見えコーデ特集

    ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

    ファッションまとめ

    2020年10月29日

  • 【50代最強コーデ】アイテム別「品格ワンツーコーデ」上下2アイテムでおしゃれが完成!

    おしゃれがどんどんシンプルな方向に進んでいる今、重要なのは、間違いのないアイテム選びとその組み合わせ方。この秋は厳選されたシンプルな2アイテムを使って、鉄板のコーディネートを3パターンだけ習得。ひとつひとつの上質さやシルエットを吟味し、それほど足したり盛ったりすることはせずとも、さりげない女らしさと品格を漂わせたい。アラフィーがもっと輝くおしゃれをワンツーコーデで簡単に!

    ファッションまとめ

    2020年10月27日

  • 【働く50代女性】働くスーツをもっと素敵に着こなすテク

    堅い印象に見える、着こなしがマンネリ化してしまうなど、働く女性のスーツに関する悩みは多い。雑誌や広告でのスタイリングのほかに、エグゼクティブ女性のパーソナルスタイリングも手がける、スタイリスト・戸野塚かおるさんが、アラフィー女性のスーツ姿をもっと素敵に見せるテクニックを伝授!

    ファッションまとめ

    2020年10月26日

Feature
Ranking