【マダム戸野塚流「働くスーツ」】仕事相手に威圧感を与えない「スーツ」の着こなし方

働く女性のスーツに関する悩みを、スタイリスト・戸野塚かおるさんが解決!エクラ世代のスーツ姿をもっと素敵に見せるテクニックを伝授します。
戸野塚かおる

戸野塚かおる

スタイリスト。華やかな小物使いが映える、エレガントなスタイリングが女性誌で人気。パーソナルスタイリングのお問い合わせは

Instagram : kaoru.tonotsukaから。

スーツにツヤと輝きを足せるのは女性だけの特権

スーツは素材も仕立ても、基本的にメンズライクなアイテムですから、50代のエグゼクティブ女性がマニッシュなパンツスーツを着ると、時に威圧的に見えたり、怖い印象を与えかねません。だからこそ、スーツにはツヤのあるブラウスやジュエリーの輝きで女らしさを加えることをおすすめします。あくまで、仕事相手に失礼がないよう、やりすぎは禁物。上品に見えるさじかげんが大切です。


もうひとつよく耳にするのが、「スーツを着るとなんだかやぼったく見える」という声。そんなときはご自分のスーツを見直してみて。5年、10年前のスーツをいまだに着ていませんか? 一見変わらないように見えるベーシックなスーツも、シルエットや丈感など、時代とともに変化しています。なにより、中身の自分も変化しているわけですから、それに合わせたアップデートが必要です。“女らしさ”と“アップデート”、これらを意識すればあなたのスーツ姿はもっと素敵に映えるはずです。

働くスーツ

ジャケット¥359,000・スカート¥84,000/キートン ブラウス¥100,000/ミカコ ナカムラ 南青山サロン(ミカコ ナカムラ) ネックレス¥890,000/TASAKI 時計¥590,000/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン(ゼニス) バッグ¥240,000/アクリスジャパン(アクリス) 靴¥105,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

 

  • 【働く50代女性に似合う「黒ジャケット」】理想の一着を見つけて!

    働く女性の必須アイテムである黒ジャケットは、シンプルなものだからこそ、素材と仕立てに妥協のない、理想的な一着に出会いたい。そんなエグゼクティブ女性にふさわしい逸品を、ハイブランドの名品の中から厳選。黒ジャケットがきわだつ、カラーコーディネート術も必見!

What's New

Feature
Ranking