「ピアジェ」の正統派リングはあえて辛口カジュアルコーデに合わせて

誰もが惹かれる甘口デザインの王道「フラワー・モチーフ」のジュエリー。スタイリスト・伊藤美佐季さんが選んだPIAGET(ピアジェ)のリングは、レースでできた薔薇のような正統派のモチーフ。辛口カジュアルに合わせて今っぽいおしゃれ感を楽しんで。

王道だからこそ軽やかに、「フラワー・モチーフ」

身につけると気分が上がるフラワー・モチーフは、どこかボーイッシュかつ、軽快につけこなしたい。
ピアジェ

バラがもつ永遠の女性らしさを、調和のとれた曲線とゴールドの豊かなボリューム感で表現した「ピアジェ ローズ」のリング。「まるでレースのように美しい正統派のモチーフ。きちんとしすぎた格好につけると正装感が出てしまうけれど、辛口カジュアルにつければ今っぽいおしゃれ感に」。

リング(2点とも)「ピアジェ ローズ」(PG×D)〈左から〉¥541,200・¥352,000 /ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ) シャツ¥20,900/三喜商事(イレブンティ)

伊藤美佐季
いとう みさき●リッチ感とモード感が両立したスタイリングが人気。著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社)はジュエリー好きのバイブルに。インスタグラムもついに始動!@jewelryconcierge_m

  • 「シャネル」のカメリアブローチはデイリーな装いにこそ効かせて

    大人の装いに華やぎをプラスしてくれる「ブローチ」。しかし、ピアスやネックレスに比べてつけこなしが難しいという声もあり、なかなか手を出せないという人も。スタイリスト・伊藤美佐季さんにシャネルのおすすめブローチと素敵につけるコツを教えてもらいました。

What's New

  • エルメスの「シェーヌ・ダンクル・ヴェルソ」【板谷由夏×伊藤美佐季の「ドラマを生むジュエリー」】

    ジュエリースタイリングの第一人者ことスタイリスト・伊藤美佐季さんと、女優・板谷由夏さんによる連載企画「ドラマを生むジュエリー」。今回は、HERMÈS(エルメス)を象徴する「シェーヌ・ダンクル」(=錨の鎖)モチーフを、よりリッチな印象で堪能できる新作のピアスをご紹介。

    50歳からのジュエリー&時計名品

    2021年6月21日

  • 【上質シルバーの逸品】クリーン&シンプルなトムウッドのシルバーで装いを明るく

    今季注目のニュアンスカラーの服と相性最高なのがシルバージュエリー。「ユニセックスに楽しめるトムウッドのシルバーは、クリーンでシンプルで、今どき。首もとに重ねれば、沈みがちな色をトーンアップしてくれます。合わせるならキュッと詰まったクルーネックに。今年らしいバランスになります」と話すスタイリスト・村山佳世子さんが、トムウッドのシルバーを使ったコーデをご紹介。

    50歳からのジュエリー&時計名品

    2021年6月20日

  • 【上質シルバーの逸品】ハムの辛口シルバーで甘やかなコーデを大人ムードに

    「ほのかに甘いくすみピンクを重ねたスタイリングと、燻(いぶ)されたようなシルバーチェーンは絶妙に合います。シルバーは、レイヤードした襟もとにはあしらわず、耳もとにさりげなく。あとは手もとだけで十分に素敵」とスタイリストの村山佳世子さん。ハムのシルバーをポイントに効かせたコーデを提案。

    50歳からのジュエリー&時計名品

    2021年6月19日

  • 【上質シルバーの逸品】知的さと洗練ムード漂うジョージ ジェンセンのシルバージュエリー

    「モダンでオーガニックなフォルムが存在感を放つジョージ ジェンセンのシルバージュエリー。しなやかでありながら強さもあるので、引き算しながらポイントに効かせて。ほっこりしがちな色もしゃれ見えさせてくれる名品です」とスタイリスト・村山佳世子さん。ジョージ ジェンセンのシルバーを使ったコーデをご紹介。

    50歳からのジュエリー&時計名品

    2021年6月18日

  • 【上質シルバーの逸品】ホアキン・ベラオの個性派モチーフで華やぎをひとさじ

    ニュアンスカラーの服と相性最高なのが、クールなシルバージュエリー。「ホアキン・ベラオは、ラテンののびやかさとユーモアのあるデザインが魅力。グレーみを帯びてより落ち着いた印象になったブルーを、豊かな表情をもつシルバーが、こなれた雰囲気に仕上げてくれます」と話すスタイリスト・村山佳世子さんが、夏の大人コーデを提案。

    50歳からのジュエリー&時計名品

    2021年6月17日

Feature
Ranking