【今夏“売れ売れ”の黒アイテム6選】人気ブランドのプレスに徹底リサーチ!

この夏のヒットアイテムは数あるカラーバリエーションの中でも「黒から売れていく」と話題! その理由は「モダン」「こなれ」「着回し力」の3つなのだとか。ベーシックカラーなのに決して地味にならない、今どきの“売れ黒”の魅力を徹底リサーチ。

PALOROSAのかごバッグ

「リサイクルプラスチック材の質感がクール。そして黒ということもあり、ミニマルで都会的な着こなしとマッチするモダンなかごバッグとして大人気。ほっこり感がなくご夫婦兼用で使用されるかたも。(ゲストリスト PR・武田泰輔さん)」

パロロサのかごバッグ

グアテマラの職人によってひとつひとつていねいに手編みされているバッグ。多数の人気セレクトショップが買い付け、おしゃれプロにも愛用者が多い。水で洗えて、雨にぬれてもOKという実用性も話題。
バッグ¥27,280/ゲストリスト(パロロサ/ハウント代官山)

ChaosのシルクアームレットTシャツ

「コットンだとカジュアル見えしてしまう黒Tですが、シルク素材ならモードにもきれいめにも取り入れやすく、発売以来再販を重ね人気。二の腕を細く見せるよう、袖の形状も緻密に計算されています。(カオス PR・小林明日香さん)」

カオスのシルクアームレットTシャツ

シルク100%素材の贅沢なTシャツ。カオスオリジナルカラーで染めた深みのあるブラックは黒にこだわりをもつブランドならでは。体のラインを拾わないシルエットも優秀。汚れや汗じみの心配もない黒は一番人気。
Tシャツ¥13,200/カオス丸の内(カオス)

JOHN SMEDLEYのニットポロシャツ

「一般的にはタイトめなシルエットのポロシャツが多い中、こちらは体型を拾わないゆとりのあるフォルムなのが特徴。なかでもブラックはきちんと感も両立できると大人の女性に支持されています。(ジョン スメドレー PR・和田かおりさん)」

ジョン スメドレーのニットポロシャツ

ドロップショルダーで身幅をゆったりさせたメンズライクなシルエットに改良し大ヒット。二の腕をカバーしてくれる五分袖も絶妙。シーアイランドコットンの上質な肌ざわりにファンも多い。
ポロニット¥30,800/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)

ASAUCE MELERのマワタシルク×リネンストール

「たくさんある色の中でも販売と同時に黒から売れはじめ、完売・再販を繰り返す人気ぶり。とても柔らかく軽い素材なので黒でも重く見えず、夏はもちろん季節の変わり目の防寒対策として購入されるかたも。(アソース メレ PR・平川俊介さん)」

アソース メレのマワタシルク×リネンストール

マワタシルクというシルク×リネンの凹凸(おうとつ)感ある素材で、リネンツイードのような風合い。定番のベルギーリネンよりも柔らかく巻きやすい。ニュアンスカラーを抑えてシーズンレスで活躍する黒が圧倒的人気。
ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ)

HAVEL studioのセパレート風コンビネゾン

「春は柔らかなニュアンスカラーを選ぶかたが多かったのですが、夏にかけてすっきり見せたいと黒に人気が集中。黒は、合わせる小物しだいでフォーマルにもカジュアルにも着回せて優秀です。(ハーヴェル スタジオ ディレクター・田口直見さん)」

ハーヴェル スタジオのセパレート風コンビネゾン

柔らかなジョーゼット素材で手洗い可能だから暑い夏にも大活躍のコンビネゾン。ウエスト部分がつながっているのは前のみで、後ろはヒップにトップス部分のすそがふんわりとかかり自然と体型をカバーしてくれる。
コンビネゾン¥63,800/ハーヴェル スタジオ(TSI)

COCUCAのシャツワンピース

「一枚ではもちろんボタンをあけてはおりに、また付属のベルトでウエストを絞ってスカート風にも着られる3WAY仕様。上質なリネン素材のブラックは大人がこなれて見えると評判も上々。(ザ ストア バイシー ディレクター・奥泉衣映さん)」

コキュカのシャツワンピース

シャツ素材で定評のあるイタリアのCarlo Bassetti社の独特な風合いがしゃれ見えに効果的。ほんのりとツヤを感じさせる黒リネンは上質感もたっぷり。黒以外にブルーストライプ柄もラインナップ。
ワンピース¥42,900/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)

What's New

Feature
Ranking
Instagram