50代秋冬のおしゃれは「大人のジャンパースカート」が新鮮!

まだ暑い日は続くけれど、新しい服にはちょっと秋の気配が欲しい注目したいのは、ジャンパースカート。トップスとの重ね着しだいでさまざまに印象が変わり、気温にも対応し、 さらにはおしゃれ度がぐっと上がる。今こそ、大人のジャンパースカートを始めよう。

 

 
①ジャンパースカートの選び方

トップスとのレイヤードを楽しむためにネックラインに注目。そして素材は光沢が華やかなサテン、レザーのマットな質感、ウールの柔らかさなど、秋をさりげなく印象づけて。

ベージュニットのJSKでTシャツがイメージチェンジ

ベージュニットのジャンパースカート

ほどよい厚みで体のラインを拾わず、すらりとした印象。ニットのタンク型は大人がさらりと着るジャンパースカートの代表格。まだ暑い日、Tシャツに重ねるだけで、ちょっと秋を感じさせる着こなしが実現。後ろセンターにスリット入り。

ジャンパースカート¥37,400/スローンTシャツ¥13,200 /エイトン青山(エイトン) ピアス¥35,200(モダン ウィーヴィング)・ネックレス¥35,200・ブレスレット¥39,600(ともにマリハ)/以上 ショールーム セッション バッグ¥69,300 /アマン(ア ヴァケーション) 靴¥97,900 /トッズ・ジャパン(トッズ)

大人に似合うジャンパースカート

可憐に装う「フラットネック」(右)

まっすぐな胸もとのラインとごく細いストラップの相乗効果で繊細な女らしさを演出。サテンの光沢はシーズンを問わず、着こなしに軽さと華やぎをプラス。¥47,300/イレーヴ

シャープに見える「深Vネック」(真ん中)

ウエスト近くまで深いVネックは、重ね着しても凛とした印象に。ちょっとスマートに見えるのもうれしい。大人のリッチ感をフェイクレザーで。¥45,100/ニアー(ニアー ニッポン)

ジレ気分で着る「
タンクシルエット」(左)

ダスティローズのタンク型はさりげなく体型をカバー。合わせるトップスを選ばないから、初心者にもおすすめ。¥59,400/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス)

 
②ジャンパースカートの重ね着着回し

ジャンパースカートは合わせるトップスしだいで印象も、季節感もチェンジできるのがいいところ。一枚のスカートの着回しで、そのバリエーションが実感できる!

蒸し暑い日はTシャツ&スニーカーでカジュアルに

蒸し暑い日はTシャツ&スニーカーでカジュアルに
カーキのスカートとネイビーのTシャツ。シックな配色でまとめれば、夏の終わりから初秋まで楽しめる、小粋な重ね着に。ウエストまわりは締めつけがなく楽で、深Vネックできりりとスマートな印象ながら、着心地は快適。
着回したジャンパースカート¥31,900/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥9,900/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) サングラス¥20,900/RHC ロンハーマン(RHC)ピアス¥22,000/インデアン・クラフト バッグ¥53,900/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) 靴¥59,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

秋色のブラウスならぐっとフェミニンな装いに

秋色のブラウスならぐっとフェミニンな装いに
ボウブラウスとの組み合わせで、女らしい初秋の装いに。トップスの身頃を覆うジャンパースカートは、ゆったりと優雅なレイヤード効果を生んでくれるのも魅力。上品さに今どきのリラックス感をプラスでき、ちょっとした外出にぴったりのおしゃれモードに。カーキ+ブラウンの秋色でしっとりとまとめて。
ジャンパースカート¥31,900/インターリブ(サクラ) ブラウス¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥26,400/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥126,500/八木通商(ザンケッティ) 靴 ¥80,300/トッズ・ジャパン(トッズ)

透けるニットと重ねて秋一番の着こなし

透けるニットと重ねて秋一番の着こなし
この秋注目のシアーなニット。ジャンパースカートは胸もとの透けをカバーできるから、重ね着でシアー感を満喫できるのもアドバンテージ。深Vネックとハイウエストのおかげで全身バランスもシュッとスマート。
ジャンパースカート¥31,900/インターリブ(サクラ) ニット¥24,200/エイトン青山(エイトン) 頭に巻いたスカーフ¥25,300/マニプリ ピアス¥85,800/ホワイトオフィス(ジジ) リング¥45,100/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥484,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥49,500/フラッパーズ(ネブローニ)

 
③冬まで活躍するジャンパースカート

合わせるトップスしだいで夏の終わりから秋、さらには冬まで活躍するジャンパースカート。ワードローブにひとつ加えて、手持ちのトップスも新鮮な装いに。

マニッシュなピンストライプでいっそうクールな着こなしを

マニッシュなピンストライプでいっそうクールな着こなしを
深いVネックとポケットのアクセントで、まるでロングジレのようなイメージの着こなしが実現。軽いウール混素材は肩も凝らず、タンク型のシルエットもきれい。シャツと合わせれば、清潔感あるオンタイムの装いに。
ジャンパースカート¥72,600/コロネット(アッシュ) シャツ¥31,900/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) パールネックレス¥85,800/ジョン スメドレー横浜店(ジョン スメドレー/ジジ) ネックレス¥77,000/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ¥101,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

シーズンもシーンもフルで活躍。装いが盛り上がるレザー素材

シーズンもシーンもフルで活躍。装いが盛り上がるレザー素材
合わせるトップスで、季節も装うシーンも広がるのがレザー素材のいいところ。両サイドに入った深いスリットが粋なアクセント。Vネックにはボートネックの水平なラインを合わせると胸もとが美しく決まる。ネックレスを添えて。
ジャンパースカート¥154,000/ebure GINZA SIX店(ebure) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ネックレス¥17,600(2本セット)/シジェーム ギンザ(ソワリー) ブレスレット¥19,800/リューク バッグ¥64,900/アマン(ペリーコ) 靴¥97,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

Aラインのミニマルブラックはほんのり甘い雰囲気がいい

Aラインのミニマルブラックはほんのり甘い雰囲気がいい
季節を問わず着られるマットで張りのあるタイプライター素材で、いっそう使い勝手のいい一着。シースルーブラウスと重ねれば、品よく愛らしい装いに。胸もとの隠れるジャンパースカートだからこそ楽しめるレイヤードで黒をドラマチックに。
ジャンパースカート¥11,000/ノークブラウス(キャミソールつき)¥26,400(マルティニーク)・イヤカフ¥13,200(La Soeur)/以上マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店 ブレスレット¥231,000/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ¥53,900/アマン(ペリーコ) 靴¥53,900/フラッパーズ(ネブローニ)

しなやかなコーデュロイでカジュアルに柔らかな女らしさを

しなやかなコーデュロイでカジュアルに柔らかな女らしさを
人気のタートルネックのカットソーとジャンパースカートは好相性。カットソーのフィット感とスカートのゆとり感のバランスで、モードでこなれた雰囲気に。
ジャンパースカート¥59,400/アナイ カットソー¥12,100/インターブリッジ(マジェスティック フィラチュール) サングラス¥42,900/プロポデザイン(プロポ) ピアス¥36,300/ショールーム セッション(マリハ) リング¥31,500/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ ¥83,600/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥102,300/トッズ・ジャパン(トッズ)
▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 50代スタイル美人!"ラクしてきれい"がかなう秋の最旬アイテム

    ラクちんな夏の装いにすっかり慣れてしまった今日このごろ。着心地はラクなのにすっきりと見せてくれて、手持ちの夏ものにも合わせやすく、さらに秋本番までフル活用できる、といいことずくめの「ほど薄スウェット」「渋色パンツ」「額縁ジャケット」の魅力を徹底的にレクチャー!

What's New

Feature
Ranking
Instagram