梅雨の季節も、パッと上向き! プロが教える美まつ毛キープの秘訣 五選

2017年6月2日
せっかくカールしてマスカラをつけたまつ毛。その努力が、梅雨どきは台なしになりがち。美しく「パッと上向き」をキープする方法を、その道のプロ中のプロたちに緊急取材!

1. 50歳のマスカラメイクは「小ワザが命」!(広瀬さん)

まつ毛メイクはなんとなーくしている場合じゃない。広瀬さん直伝のここだけは!の小ワザを押さえて。雨の日の持ちも美しさも変わる!

  • 下まつ毛にもマスカラをつけるのは当然として、きわに明るいベージュのシャドウを塗ると不思議とその下まつ毛の存在感が倍以上に!
  • マスカラ液を一度に大量に、はダメ。まつ毛がダレる原因に。ティッシュで軽くぬぐい薄く塗る、を何度も。ブラシは根元にグッとさし込む。雨の日もこれならくずれない。
  • 大人の目はフレームがゆるみがち、1回のビューラーで一気に全まつ毛の根元はとらえにくい。中央、目頭、目じりと分けて。手首を回転させて、それぞれの根元をキャッチ。
美まつ毛師匠・広瀬あつこさん
ヘア&メイクアップアーティスト。繊細なテクニックと、適材適所のコスメ選びで、大人の女性をいきいきと見せる匠。

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング