おしゃれな春服、どこで買う?「50代が買うべきブランド」最新ナビ

欲しいものはある。だけど、どこで買ったらいいのかわからない! そんなJマダムたちの疑問に答えるべく、おしゃれのプロに緊急リサーチ。今の私の体型に合うデザインは? 素敵な大人服がそろうブランドは? その答えがココに!

 

 
①体型別の美脚パンツ

この春は素敵なパンツが欲しい、でもどこで買ったらいい? そんなアラフィー女性へ、体型別におすすめのブランドをご紹介。小柄な人向き、背が高い人向き、体型を問わずはけるパンツをそれぞれ厳選。

とにかくシルエットがきれいなパンツが欲しいなら…「YLÈVE(イレーヴ)」

質感、シルエット、仕立てにこだわり、“上質とシンプル”を徹底した服づくりで知られるイレーヴ。特にパンツのウエストラインやシルエットは綿密に計算されており、デビュー当初からおしゃれのプロたちの評価も高い。
品格あるたたずまいが決まる上質な仕立てのオールインワン

脚のラインを拾わず、ハイウエストからストンと流れる美シルエット

’90年代をイメージしたというハイウエストのワイドテーパードパンツ。太すぎないワイド感、すっきりとした腰まわりにセンタープレス入りなので、おしゃれ感もありながら、縦長ラインを強調してくれるシルエットになっている。ライトフランネルのソフトな質感も心地よい。
パンツ¥36,300・ニット¥30,800・ジャケット¥72,600/イレーヴ ピアス¥29,700・バングル¥42,900/プリュイ トウキョウ(プリュイ) スカーフ¥30,800/スローン バッグ¥198,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

「マニッシュなメンズの型をレディスに落とし込んでいて、ハイウエストの太めシルエットはスタイルアップがかないます。仕立てがいいので誰が着てもしゃれて見えますよ」(スタイリスト・徳原文子さん)

「脚を長く細く見せてくれるパンツとして、真っ先に思い浮かんだのがイレーヴ。ややメンズライクなこなれたシルエットで、毎シーズン絶対にベストなパンツが見つかります」(スタイリスト・山﨑静香さん)

 

小柄な人でもお直し不要のパンツは…「M・fil(エムフィル)」

ウエストゴムパンツの先駆者的ブランド。計算された細部の仕立てにより、ほかとは一線を画す美しいシルエットに。細身クロップトのほか、シーズンによりバギータイプなども人気。
小柄な人でもお直し不要のパンツは、M・fil(エムフィル)

きれいめウエストゴムの人気テーパードパンツ

ややゆとりのある太ももからすそにかけて細くなっていく、スタイルアップ効果の高いテーパードパンツ。麻のような軽い素材はしわになりにくく手洗いすることも可能。ウエストゴムの心地よいホールド感も特徴。
パンツ¥25,300/サロン ド 1993(エムフィル)

「きれいなテーパードシルエットが脚長に見せ、丈が短めなので小柄な人でもお直しがいりません。ウエストゴムがベルト見えし、きちんとした雰囲気ではけます。手洗いできるのもうれしい」(スタイリスト・大沼こずえさん)
 

背が高い人向きのパンツなら…「INSCRIRE(アンスクリア)」

パンツ好きのデザイナーが大人の女性にはきやすいサイズ感やフィット感を追求し、毎年バリエーション豊富なパンツを製作。デザイナーが高身長のため、背が高い人がフルレングスではける丈感にこだわっている。
背が高い人向きのパンツなら…【INSCRIRE(アンスクリア)】

長身でもゆるっとはけるこなれイージーシルエット

ブランドで人気の「EASY PANTS」シルエットをコットン×リネンのナチュラルな素材感で実現。センタープレス入りでラフすぎないところが大人におすすめ。長めのパンツ丈は身長の高い人にちょうどよい丈感に。
パンツ¥49,500/アマン(アンスクリア)

「高身長でパンツをはくと迫力が出すぎて気がひけるときがあるのですが、ココのパンツは、自然な落ち感があってリラックスした雰囲気ではける点が気に入っています」(編集S)
 

体型問わず美脚にはけるパンツは…「Col Pierrot(コルピエロ)」

服づくりの理念は「上品できちんと見えるのに日常になじむ服」。パンツは脚を通したときのシルエットと着心地のよさを追求。カジュアルときちんと感のバランスを意識したパンツがそろう。
体型問わず美脚にはけるパンツは…【Col Pierrot(コルピエロ)】

プロにも愛用者が多い美脚見えジョガーパンツ

スタイリストなど、おしゃれのプロにも愛用者が多いジョガーパンツは、すっと細身で、流れるような落ち感がきれいなとろみ素材。すそリブに大きく入ったスリットにより足首が見え、脚長かつ華奢な足もとをつくってくれる。
パンツ¥39,600/コル ピエロ

「コルピエロのパンツのすごいところは“身長を問わず美脚に見える”こと。とろみ素材が脚のラインをうまくカバーしてくれるので、太ももが張っている人なども安心です」(スタイリスト・室井由美子さん)

 
②大人向きの着映えワンピース

大人に似合う春のワンピースが欲しい、そんなときにおすすめのブランドをご紹介。

一枚で着映える大人向きのワンピースなら…「BLAMINK(ブラミンク)」

しなやかに体に寄り添うエレガントな万能ブラック

さらりと着るだけで凛としたオーラが漂う、コットンリネンの白

立体的な膨らみをもたせた上品な袖と、開きすぎずデコルテを美しく見せるVネックラインのホワイトワンピース。ややハイウエストの位置にベルトがついているため、ウエスト下が縦長に見えるように計算されている。コットンリネンの心地よい素材感も大人の肌に優しい。

ワンピース¥110,000/ブラミンク ピアス¥22,000(イオッセリアーニ)・バッグ¥137,500(ジャック・ル・コー)/以上アッシュ・ペー・フランス

「甘さとモード感がほどよく、シルエットが立体的で大人の体型に無理なく着られるものが多い。高級感ある素材と洗練されたデザインなので、着るだけでリッチ感が出ます」(スタイリスト・村山佳世子さん)

「ブラミンクは、大人の女性を美しく見せるフォルムを熟知したブランド。甘くなりがちなワンピースを凛としたたたずまいに見せてくれるのが最大の魅力です」(スタイリスト・青木貴子さん)

 

ちょっとドレスアップしたい日のワンピースは…「Room no.8(ルームエイト)」

足し算ではなく引き算することが大人を美しく見せる、という思いからワンピースを強化。体型が変化する大人世代が着心地よくスマートに見えるワンピースを毎シーズン企画している。
張り素材とバンドカラーでハンサムなイメージを楽しむ

細部にこだわるミニマルな華ベージュは、フォーマル&仕事にも活躍

定番シルエットの優しいピンクベージュのワンピース。ボトルネックの首もとがフェイスラインをすっきりと見せ、レイヤードされた肩のデザインがさりげなく二の腕を細く見せる効果もあり。ポケットつきなので使い勝手もよく、いつもより少しドレスアップしたい日にちょうどよい上品さ。

ワンピース¥55,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) ピアス¥121,000/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) バッグ¥105,600/セラピアン 阪急うめだ本店(セラピアン) 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

「凝ったディテールがさりげなく体型カバーになっていたり、大人の女性に寄り添ったワンピースが充実しています。このワンピースは甘すぎないヌードカラーが素敵です」(スタイリスト・望月律子さん)

「一見シンンプルでいて、襟もとや袖つけなどに工夫があり、今を感じる色みもおしゃれ。きちんと感もシックさもあるので、大人のドレスアップワンピースにちょうどいい」(編集SH)

 

フォーマル用のワンピースなら…「THE LINER(ザ ライナー)」

「ミュラーオブヨシオクボ」のデザイナーが手がけるセレモニー向けの洋服の新ブランド。これまでのフォーマル服を一から見直し、体型を問わず女性が美しく見えるシルエットを実現した全7型。
フォーマル用のワンピースはTHE LINER(ザ ライナー)

体型カバーもモダン見えもかなうフォーマルな一着

一見シンプルながら、ダーツのとり方に工夫し、腰からゆるやかなカーブを描き体型をうまくカバーしてくれる。コンサバすぎないシルエットは、フォーマルウエアとしてはもちろん、ふだんのお出かけにも活躍。
ワンピース¥35,200/ザ カーター(ザ ライナー)

「適度に今っぽさやモード感があり、コンサバすぎないフォーマル用のワンピースがそろっています。きちんと感もありながら、しゃれて見える絶妙なデザインです」(ライター・宮崎桃代さん)

 
③上品でこなれたシャツ

大人の女性を魅力的に見せるかっこいいシャツを厳選してご紹介。

大人の体をきれいに見せるシャツなら…「MADISONBLUE(マディソンブルー)」

もともとシャツ6型から始まったブランドということもあり、シャツ抜きには語れないのがココ。マダムシャツ、ハンプトンシャツなど、大人の女性が着たときに魅力的に見えるように考えぬかれたアイコンシャツがそろう。
誰もがスタイルアップできる計算された美シルエット

袖をまくり、デコルテを大きく開けてかっこよく着たいマダムシャツ

着用時に自然と襟が外に開くようにつくられているマダムシャツは、大きく胸もとを開け、デコルテをきれいに見せて着たい一枚。ジャケットの手法で袖づけをしているので、細身でありながらも動きやすい。

シャツ¥39,600・スカート¥81,400・ネックレス¥429,000/マディソンブルー ピアス¥31,900/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) リング¥165,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥111,100/ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥59,400/アマン(ペリーコ)

「少しコンパクトな肩、襟もとのバランス、胸もとのあき、素材感。そのすべてが今の自分の感覚にぴったり。年齢を重ねた体のためにつくられたシャツだと思います」(スタイリスト・望月律子さん)

 

シンプルだけどこなれ感が出るシャツ…「CINOH(チノ)」

ディテールやパターンにこだわったマスキュリンな要素があるシャツが得意。デザインがカジュアルでも、エレガントさが感じられる素材を選び、品のよいシャツスタイルを提案。
シンプルだけどこなれ感が出るCINOH(チノ)

素材のよさが光る、大人が気負わず着られる長め丈

ジャケットやニットと合わせやすいようミニマルに仕上げられた新作のロング丈のブザムシャツ。ノーカラーで前後差のある長めの着丈は大人が着やすい仕様に。カジュアルになりすぎないなめらかなコットン素材の上質感もポイントに。
シャツ¥29,700/モールド(チノ)

「大人にちょうどいいモード感、クリーンさ、仕立てのよさ。特に定番のスタンドカラーシャツはおすすめで、古く見えがちな大人のシャツスタイルを新鮮に見せてくれます」(副編N)

 

上品フェミニンなブラウスを探すなら…「DRAWER(ドゥロワー)」

トレンドに流されず長く愛用できることを意識したブラウスは、サイズ感やボリューム感など、細部まで美しさ、上品さ、着心地のよさを追求したていねいな仕立て。定番のブラウスも常に見直し、ブラッシュアップしている。
形も色もシャープな一着でクリーンな女らしさを

クリーンさの中に、ひとさじの女らしさが上品に香る黒ブラウス

張り感と肌ざわりのよい、コットンリネンのブラウスは、甘さを削ぎ落とした大人の黒。ネックからラグラン線上に入ったタック、素材の張りを生かした、ふんわりと立体的なボリューム袖がさりげなく華やか。前後差のあるすそはアウトしても様になる。
ブラウス¥68,200・パンツ¥69,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥24,200/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バングル¥165,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥218,900/リシュモン ジャパン(アライア)

「フリルブラウスなども甘すぎない素材で、デニムやパンツに合わせやすいものが多い。ふだん甘めの洋服を着ない人でも着たいと思えるものがそろっています」(スタイリスト・福田亜矢子さん)

「女性らしいブラウスが必要なときはまずドゥロワーをチェックします。セレクトアイテムも素敵ですが、オリジナルも素材がよいので、一枚で着映える魅力があります」(ライター・新田幸子さん)

 
④おしゃれプロがおすすめ「頼れるブランド5」

「春はまずココで買い物したい!」とおしゃれのプロからの声が多かった、5つのブランドをおすすめの新作とともに発表。

“ココにしかない”、極上素材のミニマル服「ATON(エイトン)」

ずっと大切にしているのは“ここにしかないもの”をつくり続けること。素材にこだわり、その特徴を最大限に生かした洋服は、着用したときのシルエットの美しさとストレスフリーな着心地が格別!とおしゃれのプロも太鼓判を押す。
エイトン パンツ¥42,900/エイトン青山(エイトン)
最高級のベルギー産リネンを使用したワイドパンツは、ウエストまわりがすっきりとした立体的なワイドシルエット。はくとメンズパンツのようなこなれたシルエットになる。
パンツ¥42,900/エイトン青山(エイトン)

「一見シンプルですが、とにかく生地がすばらしく、本当に軽くて着ていて疲れず気持ちがよい!この春はリネンのスカートやパンツを購入する予定です」(スタイリスト・福田亜矢子さん)

「一見シンプルですが、とにかく生地がすばらしく、本当に軽くて着ていて疲れず気持ちがよい!この春はリネンのスカートやパンツを購入する予定です」(スタイリスト・福田亜矢子さん)

フーディ¥37,400/エイトン青山(エイトン)
アンスリウムの天然染めの優しいピンクが春らしいスウェットパーカ。シャープな三角形のフードや少し大きめのシルエットが特徴。左胸の「A」マークもさりげなく。
フーディ¥37,400/エイトン青山(エイトン)
シャツ¥53,900/エイトン青山(エイトン)
生地の加工にもこだわったドレープ感のあるロングシャツ。ドレスシャツをベースに、ラフに着られる雰囲気を出しつつ、襟と袖にもドレスシャツのディテールを残している。
シャツ¥53,900/エイトン青山(エイトン)
コート¥86,900/エイトン青山(エイトン)
世界最細の糸を使用したオリジナル素材のAラインコートは、まるで薄いダウンを着ているかのように軽く快適な着心地。撥水(はっすい)性も兼ね備えているので、梅雨の時期にも活躍。
コート¥86,900/エイトン青山(エイトン)

「このコートのグレーをねらっています! あえてビッグサイズを選んで、足もとにはピンヒールを合わせた少しレトロなクラシックスタイルで着こなす予定です」(モデル・LIZAさん)

旬と女らしさが絶妙バランス。洗練のふだん着なら「Chaos(カオス)」

“大人のための上質な日常着”をコンセプトに2018年にデビュー。カシミヤやシルク、リネンなどの天然素材、また、細部までこだわった縫製で、快適さもありつつ女性らしさを引き立てるオリジナルアイテムを展開。
ブラウス¥64,900/カオス丸の内(カオス)
美しいラベンダー色のリネンブラウス。ウエストのリボンがポイントで、後ろでも前でも結べてドラマティックに着られる。ショート丈でスカートにもパンツにも合わせやすい。
ブラウス¥64,900/カオス丸の内(カオス)
コート¥57,200/カオス丸の内(カオス)
撥水性、ポケッタブル仕様のアウターは人気の定番。ウエストにドローコードがついているので、キュッと絞るとさらにかっこよく着られ、シルエットの変化を楽しめる一品。
コート¥57,200/カオス丸の内(カオス)

「トレンド感と着心地のよさのバランスがよく、行けば必ず着たいものに出会える、大人のデイリーなおしゃれを支えるブランド。このコートの黒をキープしました!」(副編N)

ジャケット¥86,900・パンツ¥46,200/カオス丸の内(カオス)
厚みのあるしっかりとしたシルクリネンのジャケットは、こなれ感の出るオーバーサイズなシルエット。同素材のパンツとセットアップで着たい。
ジャケット¥86,900・パンツ¥46,200/カオス丸の内(カオス)

「素材や縫製、染めにもオリジナリティがあり、一枚でも主役感があるので満足度が高く、リピート買いしています。流行に左右されないので長く着られます」(ライター・坪田あさみさん)

ニット¥19,800/カオス丸の内(カオス)
使い勝手のよいインナーもカオスの得意分野。上品な透け感が楽しめるウール混の薄手リブニット。中にキャミソールを重ねて、ジャケットなどの襟もとからチラ見せすると素敵。
ニット¥19,800/カオス丸の内(カオス)

まとうだけでエレガントになれる、大人の上質服「ebure(エブール)」

こだわりぬいた素材と削ぎ落とされたデザイン。まとえば体を美しく見せ、気分が高揚するような服がそろう。生地をたっぷりと使い、着るだけで華やかに見えるフレアスカートやワンピースが人気。
パンツ¥36,300/ebure GINZA SIX店(ebure)
美しいテーパードシルエットで、股上がやや深くセンタープレス入りなのでスタイルアップ効果は抜群。ドライなシャリ感のある素材でオールシーズン着られる。
パンツ¥36,300/ebure GINZA SIX店(ebure)
スカート¥58,300/ebure GINZA SIX店(ebure)
フレッシュなイチゴで染められたコットンリネンのフレアスカート。軽やかな素材でありながら、張り感があるので、はいても美しいフレアシルエットをキープ。
スカート¥58,300/ebure GINZA SIX店(ebure)
ブラウス(インナーつき)¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure)
繊細でありながら存在感のあるレースのブラウスは、違いのわかる大人にふさわしいリッチなグレー。トリミングによりシャープさも加わって。
ブラウス(インナーつき)¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure)

「デイリーに使えるのにエレガントなところが素敵です。サイズが合えば即買いします。今季はリネンシフォンのフレアスカートが気になります」(ライター・宮崎桃代さん)

ワンピース(ペチコートつき)¥78,100/ebure GINZA SIX店(ebure)
リネンツイードのカフタンワンピースは、ラベンダーで染めた淡く上品な色調。サイドがボタンで大きく開くので、パンツと合わせても素敵。
ワンピース(ペチコートつき)¥78,100/ebure GINZA SIX店(ebure)

「子供の学校行事や、仕事の打ち合わせに、よくここのワンピースを着るのですが、ほめてもらえることがとても多くて。大人に必要な優美さが得られます」(ライター・松井陽子さん)

 

大人が宝探しのように楽しめる場所「THIRD MAGAZINE(サードマガジン)」

旬度の高いオリジナルに加え、海外で買い付けた厳選ブランドのアイテムやヴィンテージ&古着まで幅広くラインナップ。すべての服の試着のみ可能なショールームが代官山にあり、買い物はオンラインショップで。
ブラウス¥25,300/サードマガジン
磯部さんが購入したブラウスは、襟と袖のレース使いがほどよい甘さ。カジュアルなスウェットやヴィンテージのTシャツなどからレースをのぞかせたレイヤードスタイルがおすすめ。
ブラウス¥25,300/サードマガジン

「大人としての品格や上質さを保ちながらも、鮮度の高いアイテムがそろっているのでとても信頼しています! ココの服を着ていれば、時代遅れにならない気がします」(ライター・磯部安伽さん)

デニム¥44,000・白デニム¥19,800/サードマガジン(ヴィンテージ リーバイス)
大人の女性が取り入れやすく、価値の高い古着をバイイングしている。右は’90年代、左は’70年代のリーバイスのユーズドデニム。
デニム¥44,000・白デニム¥19,800/サードマガジン(ヴィンテージ リーバイス)

「サードマガジンの小物や、インポートのシャツやメンズライクなジャケットがとっても好きです。ヴィンテージの好きなかたにもぜひおすすめです」(モデル・RINAさん)

ほのかにパリが香るブランド「LÂCHEMENT(ラシュモン)」

2017年秋冬よりスタート。メンズライクな生地を使い、女性がより美しく見えるパターンや女らしい形にこだわりコレクションを発表。春夏はワンピース、秋冬はアウターとニットの人気が高い。
ブラウス 各¥31,900/アペリア(ラシュモン)
むだをいっさい削ぎ落としたシンプルなブラウスは、ドルマンスリーブで着るとゆるっとしゃれたシルエットに。黒白色違いで持っておくと重宝すること間違いなし!
ブラウス 各¥31,900/アペリア(ラシュモン)

「甘さ、辛さ、モード感のすべてがほどよくて、すべてのデザインが好みです。今シーズンはワンピースやブラウスを買いたいと思っています」(スタイリスト・村山佳世子さん)

スカート¥42,900/アペリア(ラシュモン)
吉村さんが今季チェックした新作スカートは、生成りにグリーンのストライプが映える、ちょっとクラシックなデザイン。ストライプの切り替えが動くたびに印象的に映える。
スカート¥42,900/アペリア(ラシュモン)

「適度なトレンド感でコーデの主役になる一点が見つかるブランド。丈感やサイジング、色の取り入れ方が絶妙で、どのアイテムも大人の女性におすすめできます」(スタイリスト・吉村友希さん)

▼その他のおすすめ記事もチェック

エクラプレミアム売れ筋ランキング

  • E by eclat
    とろみコクーンワンピース
    ¥ 20,900
  • E by eclat
    ランダムドットワンピース
    ¥ 22,000
  • E by eclat
    艶とろタックパンツ
    ¥ 17,600
  • ADAWAS
    異素材プルオーバー
    ¥ 17,600
  • E by eclat
    とろみコクーンブラウス
    ¥ 10,890
  • E by eclat
    Vネックワンピース
    ¥ 20,900
  • E by eclat
    華奢見えノースリーブ
    ¥ 12,100
  • E by eclat
    大人五分袖Tシャツ
    ¥ 9,900
  • SACRA
    バンドカラーワンピース
    ¥ 31,900
  • E by eclat
    ジャージー切替ワンピース
    ¥ 18,700
  • E by eclat
    リネンラップ風スカート
    ¥ 18,700
  • TICCA×eclat
    ドルマンVカーディガン
    ¥ 25,300
  • NEBULONI E.×eclat
    アンクルゴムフラットサンダル
    ¥ 49,500
  • E by eclat
    フレンチスリーブTシャツ
    ¥ 8,800
  • E by eclat
    リネンワイドパンツ
    ¥ 6,545 (65%OFF)
  • CINOH×eclat
    コンパクトTシャツ
    ¥ 13,200
  • TICCA
    カーゴパンツ
    ¥ 25,300
  • HAUNT×eclat
    洗えるジャージードレス
    ¥ 19,800
  • ATON
    フレアジャージードレス
    ¥ 34,320 (20%OFF)
  • YLEVE
    オーガニックコットンプルオーバー
    ¥ 11,000

What's New

Feature
Ranking