50歳を前に手にしたい!世代を超えて継承できる「ミキモトのパールネックレス」

年齢とともに似合うアクセサリーは変わってくるもの。スタイリスト・大草直子さんが50代のステージを前に、今改めて選ぶ逸品とは?

MIKIMOTO

パールネックレス

まさに今、ウィッシュリストにあるのがミキモトの『マチネー』。フランス語で昼の公演を意味する言葉に由来したその長さは約60㎝。着席したときにも見える絶妙さで、動くと控えめに揺れるのも素敵。自然の営みが育んだ、奇跡のように美しいパールのネックレスは正統そのもの。いつかはと思っていながらこれまで手にとることができずにいました。でも、短くも長くもないこの長さなら、正統派の美しさを私らしくくずせるかもしれない、と。50歳を迎える今、芽生えてきた心の余裕が、私を『マチネー』へと向かわせています。(スタイリスト・大草直子さん)

パールネックレス
ネックレス「Mikimoto Premium」(ホワイトゴールド×アコヤ真珠、径約6.5〜7㎜、長さ約60㎝)¥825,000・ピアス(ホワイトゴールド×ダイヤモンド)¥187,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) ワンピース¥100,100/マディソンブルー 時計¥880,000/IWC シャフハウゼン
パールネックレス

「およそ40㎝の『チョーカー』と2連にもできる長さの『オペラ』の中間の『マチネー』。ほかのネックレスとレイヤードしやすい長さというのも気に入った理由です。一点の曇りもないこの美しいネックレスは、愛用していく中で長さの調整をお願いすることも可能で、いずれは娘に、そしてさらに世代を超えて継承できるもの。それって究極のサステイナブルですよね」。

ネックレス/着用分と同じ ニット¥53,900/カオス表参道(カオス)

What's New

Feature
Ranking