50代の冬スタイル「着映えジャケット」で上品な華やかさを

いつものコーデにジャケットをはおるだけで、おしゃれ度が格段にあがる。普段の着こなしにプラスしたいツイードジャケットやダブルジャケット、特別な日にまといたいディオールのエレガントなジャケットを上品に着こなす大人の冬スタイル。

 

富岡佳子さんがまとう「DIORバー」ジャケット

偉大なるクチュリエが生み出した「バー」ジャケットは、誕生から75年を経た今もなお、世界中の女性たちの憧れの存在。着れば自然と背すじがのび、背中のシルエットもすっきりと美しく。

理想のエレガンスを語る世代を超えた不朽のアイコン

終戦後間もない1947年2月12日。この日、自身のブランドを立ち上げたクリスチャン・ディオールが、初のオートクチュール コレクションを開催した。そこで披露された革新的なスタイルは「ニュールック」と呼ばれ、のちの女性のスタイルを決定的に変えることに。

歴史的なこのショーで注目されたのが、「バー」ジャケットだ。きゅっとくびれたウエストライン、ヒップを強調するペプラムのすそ、なだらかなショルダーなど、ひと目でそれとわかる優雅なシルエットで、究極のフェミニティを表現。メゾンの名を全世界にとどろかせた。

“彫刻のように美しい”と評されるそのシルエットは、メゾンのサヴォワールフェール(職人技)の賜物(たまもの)だ。直線的な部位がほとんどない立体的な仕上げは、職人たちによって、パターン作製、裁断、仮縫い、縫製と、膨大な時間がかけられ完成するという。

メゾンのプライドが生んだタイムレスなアイコンピースは、腕を通した瞬間に、背すじがすっとのび理想のシルエットをつくり出してくれる。「バー」ジャケットは、女性への賞賛を惜しまなかったムッシュ ディオールから今を生きる私たちへの、最高の贈り物なのだ。

【富岡佳子 DIOR「バー」ジャケットをまとって】ホワイト&ブラックコーデで華やかに

洗練のシルエットを軽やかな素材と色で楽しんで

1947年にお披露目された初代「バー」ジャケットのコーディネートを彷彿とさせる華やかなホワイト&ブラックの組み合わせ。さらりとしたウール×シルク素材のホワイトジャケットは上品なシングルブレスト。自然と背すじがのび、背中のシルエットもすっきりと美しく。歩くたびに揺れるチュールスカートで、現代の軽やかなエレガンスを感じさせて。

ジャケット¥572,000・スカート¥585,000・インナースカート(参考商品)・ベルト¥86,900・バッグ¥460,000・靴¥90,200(参考価格)(すべてディオール)・ピアス¥840,000(ディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール

モードは時代に即したものでなければならないのです。――ムッシュ ディオール

【富岡佳子 DIOR「バー」ジャケットをまとって】細部まで美しい千鳥格子柄のジャケット

端正な格子柄で満喫するしなやかなシルエット

アクティブに着こなせる千鳥格子柄の「バー」ジャケット。上品なノッチドラペルと、ウエストをさりげなく強調するウェルトポケット(ポケット口に飾りの口布がついたスリットポケット)の美しさがよりきわだつ。くるみボタンの格子柄も、ジャケットと違和感なくなじみ、ディテールに見え隠れする見事なサヴォワールフェールに脱帽だ。

ジャケット¥580,000・パンツ¥220,000・バッグ¥665,000(3点ともディオール)・リング〈指先側から〉¥320,000・¥165,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール

幸せでいることこそ、あらゆる美しさの秘訣。――ムッシュ ディオール

【富岡佳子 DIOR「バー」ジャケットをまとって】快適ニット素材で今らしく

現代のライフスタイルにフィットする快適ニット素材

現在のクリエイティブ ディレクター、マリア・グラツィア・キウリは、Tシャツやデニムにも気軽に合わせられるような「バー」ジャケットを次々に提案。リラックス感あるニット素材の「バー」ジャケットは、時代に合ったエレガンスと快適さ、動きやすさを兼ね備えた、今を生きるエクラ世代にジャストフィットな一着だ。

ジャケット¥517,000・Tシャツ¥125,000・デニムパンツ¥210,000・バッグ¥435,000(すべてディオール)・ピアス¥590,000・リング¥540,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール

女性の体のラインをいやがおうでも女らしく見せることを追求して生まれたのが、「ニュールック」なのです。――ムッシュ ディオール

【富岡佳子 DIOR「バー」ジャケットをまとって】ダブルブレストで優雅に

オケージョンシーンでも美しくきわだつダブルブレストの魅力

鎖骨が美しく見えるVゾーン、腕をきれいに見せる3ボタン袖口のロングスリーブ、こだわりのウールシルク素材など、オケージョンシーンでもエレガントなオーラを放つ「バー」ジャケット。クラシカルなダブルブレストジャケットとロングスカートのコーディネートは、オールブラックでも優雅な華が。

ジャケット¥572,000・スカート¥550,000・バッグ¥705,000・靴¥128,000(すべてディオール)・ピアス¥495,000・リング〈人さし指〉¥470,000・〈中指〉¥840,000(3点ともディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール

醜い女性などいない。そういう女性は、ただ自分を魅力的に見せる方法を知らないだけ。――ムッシュ ディオール

DIOR「バー」ジャケットらしさを継承する新ダブルブレスト

「バー」ジャケットらしさを継承する新ダブルブレスト

ウール×シルク素材を使用したダブルブレストの「V05 マレーネ ジャケット」。曲線で構成される女性の体を最も美しく見せるといわれる「バー」ジャケットの特徴を継承しつつも、現代に合うようにウエストのシルエットをややゆるやかに。快適性とスタイルアップを美しく両立できる。

ジャケット¥561,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

DIORバージャケット エレガンスとモダニティを融合したノーカラータイプ

エレガンスとモダニティを融合したノーカラータイプ

クラシカルな印象のノーカラーと短め丈、オープンフロントが特徴の「V12 クロップド オープンジャケット」。ストレートシルエットとスレンダーなスリーブがフェミニンだ。フラップポケットでウエストをさりげなく強調しつつ、コンパクトでスマートな上半身を形づくってくれる。

ジャケット¥528,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

DIORバージャケット タイムレスな魅力が漂うベルテッドショート丈

タイムレスな魅力が漂うベルテッドショート丈

ショート丈に「バー」ジャケットらしい優雅なノッチドカラーを配した「V08 クロップド ジャケット」。ウール×シルク素材を使用し、着心地は軽やか。同色ブラックの“CD”バックルつきの細いベルトが、ウエストラインをさりげなく締め、快適な着心地でも美しい姿勢が手に入る。

ジャケット¥572,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

Diorバージャケット 冬の日常を盛り上げるエレガントなキルティング

冬の日常を盛り上げるエレガントなキルティング

「バー」ジャケットの最新バリエーションのひとつ。ブラックのテクニカルタフタ素材を使用。マクロカナージュ柄のキルティングで、暖かさを兼ね備えつつも、すっきりとした上半身のシルエットを実現。ウエストに控えめなアクセントを添えるフラップポケットが洗練された印象だ。

ジャケット¥530,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

『クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ』展、東京都現代美術館にて開催!

世界を巡回してきた『クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ』展が、いよいよ東京に! クリスチャン・ディオールが影響を受けた芸術や、彼の庭園や芸術に対する愛など、75年を超える情熱にスポットが当てられ、「バー」ジャケットをはじめとした、過去から現在までのアクセサリーやオートクチュール モデルの数々など、貴重なアーカイブ資料が公開される。

会期:’22年12/21~’23年5/28 ※休館日あり

会場:東京都現代美術館 企画展示室 1F/地下2F

●問い合わせ/東京都現代美術館 ☎050・5541・8600(ハローダイヤル) ☎03・5245・4111(代表)

はおるだけで決まる「今どきジャケット」

本格的なアウターをはおる前に満喫したいジャケットは、レイヤードが人気の今季こそ新たに取り入れたいアイテム。きれい見えするツイードと、メンズライクなダブルの2種類のジャケットを、今どき感たっぷりに着こなす方法をご紹介。

華やぎを足したい人は「ツイードジャケット」

ふだんの着こなしが辛口テイストなら大人の華やぎをアップしてくれるツイードジャケットが最適。肩パッドなしや断ち切り処理など、進化系デザインが続々。
デパリエのジャケットの黒田エイミ

ジャケットが本来もつ堅さを払拭(ふっしょく)した、ラフな華のある一枚を

アラフィ―世代がファンシーツイードをかっこよく着こなすには、仕立てやコーディネートのラフさが必須。ブルゾン感覚ではおるのがちょうどいい。
ジャケット¥101,200/デパリエ ニュウマン新宿店(デパリエ) ニット¥26,400/スローン パンツ¥64,900/シクラス ピアス¥101,200・ネックレス¥253,000・ブレスレット¥217,800・リング¥107,800/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ¥221,100/ジミー チュウ 靴¥105,600/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

オールブラックでシャープに着るのが今の楽しみ方

オールブラックでシャープに着るのが今の楽しみ方

ハウンドトゥース柄のツイードジャケットは、金糸を織り込んだブラック地に、ゴールドボタンをアクセントにしたエターナルな一枚。シンプルな白Tシャツを合わせて、今らしく、力が抜けたさじかげんに。

ジャケット¥176,000・Tシャツ¥25,300・パンツ¥93,500/ブラミンク ネックレス¥694,100・リング(右手中指)¥308,000・(右手薬指)¥341,000・(左手人さし指)¥550,000・(左手薬指)¥159,500/シハラ トーキョー(シハラ) バッグ¥404,800/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) 靴¥111,100/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

モノトーンのクールさをツイード素材で柔らかく

モノトーンのクールさをツイード素材で柔らかく

襟ぐりや袖先、すそなどに立体感のあるブレードを施しアクセントにした、モノトーンのツイードジャケット。すそにかけて少し絞ったシルエットだから、合わせるボトムを選ばずバランスよく決まる。スウェット風のジョグパンツとローファーの力の抜けたコーディネートでかっこよく装いたい。

ジャケット¥169,400・パンツ¥67,100/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) トップス¥23,100/サードマガジン ピアス(片耳)¥167,200・バングル¥1,314,500/エスケーパーズオンライン(キウナ) バッグ¥184,800・靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

本来きれいめなツイードだからこそラフなディテールが日常にちょうどいい

本来きれいめなツイードだからこそラフなディテールが日常にちょうどいい

断ち切り処理やクロップト丈により、まるでカーディガンのように軽やかに着用できる。

ジャケット¥64,900/ザ ストア バイシー 代官山店(ザ・ストア バイ シー) シャツ¥41,800/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) スカート¥19,800/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バングル¥9,900/フラッパーズ(レフィエ) ストール¥64,900/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥148,500/八木通商(ザンケッティ) 靴¥84,700/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

とびきり上品なカジュアルダウンができるミックスツイードとデニムの組み合わせ

とびきり上品なカジュアルダウンができるミックスツイードとデニムの組み合わせ

イタリアの高級インポート生地を使った華やかなミックスツイードジャケットは、ヴィンテージ感のあるブルーデニムと合わせてこなれ感たっぷりな着こなしに。ダークカラーが多くなる季節に、顔映えのいい明るい色みが秋冬のコーディネートに活躍する。

ジャケット¥74,800/サードマガジン Tシャツ¥9,900/リノウン(ニコラ ジェンソン) パンツ¥28,600/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥31,900・バングル¥63,800/マリハ バッグ¥39,600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥53,900/アッシュプラスエリオトロープ(ネブローニ)

かっこよさを足したい人は「ダブルジャケット」

体のラインも印象もシャープに見せてくれる、マニッシュさが魅力のダブルジャケット。トラッドさや堅いイメージをくつがえす、力の抜けたラフなかっこよさをまといたい。
ブルーシャツで小気味よく。上質なカジュアルミックス

ブルーシャツで小気味よく。上質なカジュアルミックス

ブリティッシュ感が魅力のガンクラブチェックのダブルジャケットとタイトスカートのセットアップは、まさに“かっこよさとエレガントさ”の組み合わせそのもの。シャンブレーシャツで青を効かせると、着こなしがぐっと軽やかに見える。

ジャケット¥48,400・スカート¥28,600/プルミエ アロンディスモン シャツ¥35,200/マディソンブルー ピアス¥49,500・ネックレス¥95,700/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) バングル¥121,000/ドゥロワー 青山店(アグメス) バッグ¥729,300/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

体になじませ自分らしく着用できるサイジングが旬

体になじませ自分らしく着用できるサイジングが旬

わき下からウエストにかけて少しシェイプさせることで、“着られている感”なく華奢な体型でも着こなしやすい細見えシルエット。ヒップが隠れる長めの着丈も今らしさのポイント。同系色のスカートでワントーンに仕上げれば、素材違いでもセットアップ風な着こなしに。

ジャケット¥51,700・ニット¥28,600・スカート¥35,200/カオス表参道(カオス) ピアス¥85,800(ソフィーブハイ)・バングル¥52,800(アダワット トゥアレグ)/以上エスケーパーズオンライン ネックレス¥275,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥152,900/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

オーセンティックなジャケットは異なるテイストを合わせてメリハリを楽しむ

オーセンティックなジャケットは異なるテイストを合わせてメリハリを楽しむ

本来マニッシュなダブルブレストを、ウエストにかけてシェイプさせた、少しだけコンパクトなフォルム。女性らしいムードに落とし込み、体型にかかわらず着こなしやすく。総レースが美しいワンピースを合わせたコーディネートなら、エレガントな華やぎが加わりちょうどいいバランスに。

ジャケット¥82,500/ハーヴェル スタジオ ワンピース(ペチワンピースつき)¥176,000/ebure GINZA SIX店(ebure) バングル¥72,600/リューク バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥82,500/ザ・グランドインク(ロランス)

しなやかな素材感とシルエットでスリーピースの着こなしを進化させて

しなやかな素材感とシルエットでスリーピースの着こなしを進化させて

カシミヤ混の上質なウールを使用したオーバーサイズのダブルジャケット。しなやかな柔らかさがあるから、スリーピースでのセットアップもマニッシュすぎず女らしいムード。

ジャケット¥33,990・ベスト¥22,770・パンツ¥27,940/アンクレイヴ(アンクレイヴ ホワイト) サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) チェーンネックレス¥57,200・パールネックレス¥107,800/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ¥141,900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥77,000/ブルーベル・ジャパン(クレジュリー)

▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 50代をエレガントでかっこよく見せる「辛口ベージュ」2022秋

    50代をエレガントでかっこよく見せる「辛口ベージュ」2022秋

    上品で優しげでふんわり、というのがベージュ本来のイメージ。今季は、その品のよさは保ちつつも、色選びでもコーディネートでも辛口に表現するのが気分。少しエッジを効かせたり、モード感を加えることで、大人が欲しいきれいめ感とかっこよさが両立するたたずまいに。新鮮な色のパワーを楽しみながら、秋のおしゃれを始めよう。

  • 2022秋冬「50代が買うべき5着」でつくる最旬コーデ

    2022秋冬「50代が買うべき5着」でつくる最旬コーデ

    大人のおしゃれを上品かつ鮮度高く引き立ててくれる、この秋のワードローブに加えるべき5着とは?エクラのファッションをリードするスタイリスト・福田亜矢子さんが厳選。おすすめコーディネートとともに、大人が素敵に見える着こなしのヒントを一挙にお届け!

  • 【大草直子】50代の私が持ち続けたい名品6選

    【大草直子】50代の私が持ち続けたい名品6選

    「40代は見かけも仕事も30代の貯金でできたけれど、50歳ははっきりと違いますね。そのすべてをもう一回、心して立て直さないと」と、大草さん。50歳を目前に常に進化を続ける女性が新たな視点で選ぶ、この先の自分にとっての名品とは?

エクラプレミアム売れ筋ランキング

  • VERMEIL par iena×eclat
    ウエストシェイプワンピース
    ¥ 30,800
  • E by eclat
    大人チュールスカート
    ¥ 20,900
  • MADISONBLUE×eclat
    【別注】ノーカラーツイードジャケット
    ¥ 203,500
  • New Balance
    MS327
    ¥ 11,990
  • 村山佳世子×RED CARD TOKYO
    別注30th Anniversary HR(ハイライズ)
    ¥ 23,100
  • COOHEM×eclat
    ツイードノーカラージャケット
    ¥ 48,400
  • E by eclat
    大人コクーンパーカ
    ¥ 18,700
  • E by eclat
    ジャカード袖ボリュームジャケット
    ¥ 25,300
  • DANSKIN
    バックフレアプルオーバー
    ¥ 18,700
  • 和光×eclat
    三つ折り財布
    ¥ 13,200
  • E by eclat
    ミラノリブニットブルゾン
    ¥ 23,100
  • PIERRE HARDY
    アルファパッド ハンドバッグ
    ¥ 150,700
  • E by eclat
    バックジップコクーンワンピース
    ¥ 20,900
  • Aeta
    BASKET M+SHOULDER
    ¥ 58,300
  • mizuiro ind
    コクーンワイドワンピース
    ¥ 17,380
  • WOOLRICH
    ANORAK
    ¥ 57,200
  • E by eclat
    とろみフリルブラウス
    ¥ 17,600
  • CINOH×eclat
    パールボタンノーカラージャケット
    ¥ 63,800
  • Whim Gazette×eclat
    前後2WAYブラウス
    ¥ 25,300
  • E by eclat
    ジャージーセンターシームフレアパンツ
    ¥ 15,400

What's New

Feature
Ranking