お仕事スタイルをランクアップ!夏をのりきる味方アイテム  五選

2017年7月31日
毎年私たちを悩ませる、暑い夏のお仕事スタイル。どうせなら、涼しげに、しかもおしゃれにのりきりたいもの。仕事の効率までアップする、とびきりの新情報をお届け!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.なんとスマホとほぼ同じ軽さ!
しわにならずに携帯できるジャケット
出張や旅行にもおすすめなのが、ニューヨーカーの「サマータイムジャケット」。持ち運びやすさを追求したというだけあって、手にとるとまずはその軽さに驚く。さらに、折りたたんでもしわになりにくく、表面をさっと手でなでるだけで、もとのきれいな状態に戻るという優れもの。バッグの中に携帯できる夏のお役立ちアイテム。

たたむと長財布くらいの大きさになるので、荷物にならない。しかも、洗濯機で洗えるので汗をかく季節に重宝! ジャケット 各¥23,000/ニューヨーカー(ニューヨーカー)
2.大人のビジネスシーンにふさわしい、
ラグジュアリーなトートバッグを発見!
エグゼクティブ女性に似合う上質レザーのトートバッグは、イタリアのレザーブランド、フォンタナ ミラノのもの。卓越した技術と選びぬかれた素材を惜しみなく注いだバッグは海外セレブにも人気。見た目より軽いので、書類をたくさん入れてもOK! シックでありながら、そこはかとなく漂うクラス感は、まさにデキる大人向き。

中は朱赤のレザーになっていて、付属のポーチは取りはずし可能。バッグ¥220,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(フォンタナ ミラノ 1915)
3."奇跡のかけ心地"と称される
軽メガネで汗ばむ季節も涼しげ顔
軽くて顔にフィットするかけ心地が評判の「ラインアート シャルマン」シリーズ。ふんわりエアリーな軽さの秘密は8年以上の歳月をかけて開発された、エクセレンスチタンという特別素材にあり。締めつけ感がないのにずれない、鼻パッドのあともつきにくいので、夏に汗でメガネがずり落ちるというストレスから解放されるはず!

特別素材を用いたテンプル部分は、かけ心地も見た目も軽やか。メガネ(右)¥45,000・(左)¥37,000/シャルマン カスタマーサービス(ラインアート シャルマン)
4.汗をかいても、ワインをこぼしても平気!
真っ白でもコワくない、耐久撥水加工のブラウス
あったらいいのに、というお客さまの声から誕生したという「カリテ」の耐久撥水加工素材のブラウス。水をはじき、液体汚れがつきにくいので、汗はもちろん、ジュースやワインをこぼしても大丈夫! また、薄手で繊細な素材を2重にすることで、軽さは残しつつ、透けを軽減。手洗いもできるので、会食にも積極的に着られる一枚。

きれいな透け感がありながら、インナーが透けにくく、ジャケットのインにも合わせやすいデザイン。ブラウス¥12,000/カリテ スケープ コレド日本橋店(カリテ)
5.はいていることを忘れるストッキングで
盛夏だって、つま先から美脚をキープ!
真夏のストッキングが苦手、という人に朗報! 新開発の8デニール糸を使用したピエールマントゥーの「ベルーティン0」は、世界一薄いといわれる5デニールと同じ透明感と、柔らかなベールのようなはき心地が自慢。また、つま先の縫い目が指の裏側にくるように工夫されているので、サンダルやオープントゥでも足先を美しく見せてくれる。

自然な透明感が美しい、ベージュ系が3色そろう。写真のように縫い目は裏側に。ストッキング¥3,600/ステッラ ピエールマントゥー事業部(ピエールマントゥー)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング