富岡佳子が着る真冬の「エレガントホワイト」 五選

2018年1月1日
澄みわたる空気に高い空、そして優しい光。そのすべてに白という色は美しく映える。そう、冬に着る白が特別だということを、私たちはもう何年も、実感しているはず。もちろん、冬特有の空気感との相性だけでなく、この時期に重くなりがちな着こなしや、時に沈みがちな気持ちを、明るく一新してくれるのが、白という色。さらには、肌色に透明感を添えたり、着るだけで女らしさをまとえるという、大人の女性にとってはうれしい効果ばかり。そんな真冬こそ頼りたい白は、とびきり軽やかに、そして上品に着たい──。「エレガントホワイト」。真冬の白を最大限に味わう、大人ならではの結論です。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.上質な素材を重ねたオールホワイトで、
風のように軽やかな印象に
ラムスキンの手もととすそにラムファーをあしらったコートは、リバーシブル仕様。カシミヤ100%のロング丈スカートにさらりとはおって、大人ならではのオールホワイトを完成。エレガントな白素材を重ね、冬の寒空に凛と映える、軽やかな女性像を目ざしたい。

コート¥868,000・ニット¥153,000・スカート¥230,000/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店(ロロ・ピアーナ) ピアス¥64,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
2.北風を味方につけて着こなす白のロングコートは、
大人に与えられた贅沢な特権
とびきりかっこいい白のロングコートを気負わずまとえるのは、どこか優しさを感じさせるミルキーな発色のおかげ。ノーカラーブラウス×ワイドパンツに合わせて、むだを削ぎ落としたシンプルコーデを堪能。風が吹くたびになびくロングコートのニュアンスが、スペシャルな女性らしさを演出して。

コート¥434,000・パンツ¥55,000(ともにマックスマーラ)・ブラウス¥45,000(スポーツマックス)/以上マックスマーラ ジャパン
3.エレガントかつモードなセットアップでつくる、
大人フェミニンのお手本コーデ
光沢感のある素材にあしらわれた、控えめなストライプ柄とアシンメトリーなフリル使いがモードな表情のセットアップ。大胆にスリットが入ったスカートの、どこかスポーティな雰囲気にも注目して。フェミニンすぎないほどよい白のモード感を満喫したい。

ブラウス¥107,000・スカート¥133,000・バッグ¥92,000・靴¥92,000/ステラ マッカートニー ジャパン(ステラ マッカートニー)
4.白ニットの顔映え効果を倍増してくれる、
旬の金ボタン使いに注目
顔色と気分を一気に上げる白ニットは、体を美しく見せる着膨れ知らずのベーシックなシルエットをチョイス。左ショルダーにのみ配されたゴールドのボタンが、
シンプルデザインのアクセントになると同時に、顔まわりにエレガントな華やかさを加味して。白のニットだからこそ手に入る効果を実感して。

ニット¥114,000・パンツ¥98,000・肩にかけたジャケット¥395,000/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン コレクション)
5.例えば旅のシーンでも、軽やかなオールホワイトで
エレガントに装いたい
ノーストレスではおれるライトウエイトの白トレンチ。タートルニット×デニムのカジュアルコーデをエレガントに昇華させる白のパワーを感じる瞬間。

コート¥98,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥32,000/スローン(スローン) デニム¥44,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン(ゴールドサイン) ピアス¥126,000/TASAKI(TASAKI) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥74,000/ジミー チュウ

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング