Jマダムの足元は、いつだって「ヒールがなくても素敵な靴」 五選

2018年1月2日
自然体で、決して無理せず、溌剌と輝く女性の足もとを見ると、素敵なローヒール靴だった……、近ごろそんな場面に多く出会う。そう、おしゃれな人の条件のひとつは、「ヒールがなくても素敵な靴」を知っていること。目ざしたい"こなれた印象"は足もとから!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.Herme`s 足もとから感じる上質感!
進化版ローファーはレトロボーイッシュ
2017年秋冬に登場したローファーがアップデート。2018年春夏のプレコレクションにも多く登場する注目の一足で、"H"バックルとフリンジの組み合わせがレトロな雰囲気。クリーンな白で、軽やかな細身のトゥだから、パンツにもスカートにも合わせやすく、幅広いコーディネートが楽しめる。

ローファー「ロワイヤル」(H1.5※実寸)¥137,000・ドレス¥439,000/エルメスジャポン(エルメス)
2.Chanel 春の第一歩は、永遠のステディ靴、
バイカラーバレリーナの新色から!
エクラ世代の女性ならその履き心地の快適さと美しいスタイルを熟知しているシャネルのバイカラーのバレリーナ。ヒールからトゥまで細部にまでこだわり、あらゆるシーンですべてのルックに美しく溶け込むデザインであることが最大の魅力。その魅力はそのままに今季登場したのが、ゴートスキンの本体に光沢あるサテンのトゥの組み合わせが、完璧な優雅さを感じさせる一足。シックなブルーが足もとをより軽やかに。

バレリーナシューズ(H1)¥70,000・ツイードコート¥1,025,000・バッグ¥467,000/シャネル
3.Bottega Veneta ローヒールとシックなソックス。
ハッとするほど新鮮なトレンドの足もと
さりげないアクセントになる台形シェイプのヒールは高さ2.5㎝で、ノンストレスで履きこなせる一足。履き心地のよさの秘密はソフトなナッパ素材。アイコニックなイントレチャートの模様を、トゥとバックルにプリントした技ありディテールも魅力的。

パンプス(H2.5)¥88,000・スカート¥203,000・バッグ¥385,000・ソックス¥12,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)
4.Dior 1枚パーツがつくる美しいシルエットと、
真っ赤なハートに視線釘付け!
2017-2018年秋冬プレタポルテ コレクションで人気を博したパンプス「ディオールアムール」。今シーズン、そのフラットタイプが登場。アッパー部分とヒール部分が1枚のレザーパーツで作られ、かかとの赤いハートがいっそうきわだつ。上質なスエード素材。

バレリーナシューズ「ディオールアムール」(H1)¥95,000・コート¥590,000・帽子¥180,000・ピアス¥56,000・バッグ¥460,000/クリスチャン ディオール(ディオール)
5.Gucci ビーとスターとファーのトリオが
グラマラスに昇華させる春の足もと
ファッションシーンに大きなインパクトを与えた「プリンスタウン」。バリエーションも増え、人気はますます加熱中だ。2018年クルーズコレクションで話題の新作は、アレッサンドロ・ミケーレのデザインに頻繁に登場するモチーフ、ビーとスターの個性的なゴールドエンブロイダリーが印象的。

スリッパシューズ「プリンスタウン」¥147,000・デニムパンツ¥110,000/グッチ ジャパン(グッチ)

What's New新着記事

  • 和菓子とTeaで、午後のおもてなし 五選

    季節感も堪能できる和菓子。フードスタイリストの千葉美枝子さんがまだまだ続く蒸し暑さをやわらげる逸品をセレクト。お茶選びや器使いとともに、おもてなしのひと時をコーディネートしてくれた。

    eclat五選

    2018年8月21日

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング