美髪賢者が語る!「自腹買い」 ヘアケア 五選

2018年1月22日
日々たくさんのヘアアイテムの情報やウワサをゲットし、実際に触れている、 本誌でおなじみのヘア通美容エディターふたり。そんなふたりが「コレ、効く!!」と感動して私的に使っている溺愛アイテムだけを厳選してご紹介。
美容エディター 伊熊奈美さん
ヘアケア情報のスペシャリスト。美容ページではとりわけヘアテーマを多く編集・執筆。ヘア好きが高じて開設した大人女性のヘア情報サイト『HAIRISTA』を主宰。うねってゴワつくチリチリ白髪系。

美容エディター 中島彩さん
美容業界の事情通。化粧品メーカー、美容雑誌編集部を経てフリーに。最新の美容事情にも詳しく、テーマに切り込む鋭い視点と見解で信頼が厚い!細くてペタンコ軟毛ねこっ毛系。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ボリューム髪&ふかふか頭皮になる
極上シャンプー(中島さん)
悩みぬいて選んだのがコレ。「スキンケアの総合エイジング美容液と一緒で、髪の悩みも複合的。一本で髪のハリコシ、抜け毛ケアはもちろん、ふかふかの頭皮を育んだり、ダメージケアまでできたりするものは希少。トータルにケアが行き届く!一本使いきったときの髪質の変化の実感がすごいんです」。ハリコシ用のSYのほか、揺らぎ肌用、乾燥肌用がある。

プルミエ バランシングシャンプー SY 400㎖¥10,000/イーラル
2.一度使うとやみつき!
溺愛スカルプシャンプー(伊熊さん)
厳選した一本はアミノ酸系と両性活性剤のスカルプシャンプー。「白髪に特化したスカルプケア系。気持ちよく毛穴まで洗えて、超微弱なスースー感で血行促進効果も。トリートメントは頭皮にはスカルプ用、髪にはヘア用と分けて使うんだけど、立ち上がりふんわり、健康だった昔の髪の手ざわりを取り戻すような感触。植物系で、敏感頭皮にもいいんです。トリートメントも使って心地よく代謝促進」。

ビオーブ モイストスキャルプシャンプー 250㎖ ¥2,400/デミ コスメティクス
3.カッパのお皿ゾーンを
パワフルに集中育毛!(中島さん)
「分け目が目立ってるかも、とか、頭皮が透けてるかも、という危機を感じたときの集中ケアはコレ!血流不足・男性ホルモン・毛穴の糖化に働きかける育毛剤で、立ち上がりがぐんとよくなり、ハリコシが出ます。集中ケアって、やればやっただけの結果が出るし、実感できるとうれしい。1回で1本使いきりで、立ち上がりのよさをしっかり実感できる集中ケア」。

ルネ フルトレール トリファジック インテンシブ 5.5㎖×8本 ¥9,600/ピエール ファーブル デルモ・コスメティック ジャポン
4.頭皮がじんわり血流UPする、
かなりの実力派!(伊熊さん)
植物の精油を贅沢に使用。「髪を洗う前につけてマッサージすると、じわ〜っと温かく。毛穴から汚れが浮き上がって、血流がアップ。逆に、毎日は使えないポカポカぶりだけど、週2使いしはじめて、気づいたら、白髪化のスピードが弱まっていた!」。

ルネ フルトレール コンプレックス 5 50㎖ ¥6,000/ピエール ファーブル デルモ・コスメティック ジャポン
5.頭皮ケア界の金字塔!だけど私も好き♡
薄毛、抜け毛、白髪…すべてに!(中島さん)
「デイリー使用。細毛、抜け毛、白髪とすべてのケアをまんべんなくできるオールマイティですね。これは増えるというか、「毛が減らない」気がする。夫婦でも使える!」。アデノシンが発毛を促進する、人気育毛剤。

アデノバイタル アドバンスト スカルプエッセンス 180㎖ ¥7,000/資生堂プロフェッショナル

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング