今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選

2018年4月5日
主役級のデザインがそろうこの春のスカートは、もともとパンツ派だった人をも巻き込む勢いで豊富に登場!ドラマチックなボリュームスカートは、きれい色なら、さらにおしゃれ心が上がる。フラット靴で気楽に仕上げるのがカギに。
今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選_1_1-1

1/5

今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選_1_1-2

2/5

今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選_1_1-3

3/5

今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選_1_1-4

4/5

今年の大人カジュアルは「きれい色スカート×フラット靴」が新しい! 五選_1_1-5

5/5

1.ブルーグリーンの長め丈スカート
&ベルベットのマニッシュローファー
ブルーグリーンのスカートに、ゆるめのネイビーシャツとベルベット素材のローファー。どこか力の抜けた空気感が生まれ、これまでにない新しいカジュアルバランスが手に入る。

スカート¥52,000/ドゥロワー 青山店(ソフィー ドール) シャツ¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) バングル¥170,000/アパルトモン 青山店(バウボウ デザイン) バッグ¥187,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥100,000/ジミー チュウ
2.ダスティピンクのリネン混フレアスカート
&白レザースニーカー
グレーみを帯びたダスティ系なら、ピンクのボリュームスカートでも甘さはぐっと控えめ。スニーカーやニット、バッグをすべて白アイテムで合わせて、春らしくクリーンなリラックス感をプラスさせて。

スカート¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥24,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) バングル¥47,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥125,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥51,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
3.イエローリネンの軽やかラップスカート
&白のひとひねりフラットパンプス
ほんのりとスモーキーなイエローのボリュームスカートは、軽やかな薄手のリネン素材で甘さはやや控えめ。ひとひねりデザインの効いた白のフラットパンプスで足もとからトーンアップさせて、ヘルシーに女度を上げて。ベージュのバッグが上品なアクセントに。

スカート¥38,000/レキップ ジャケット¥31,000/ストラスブルゴ(シヴィリア) Tシャツ¥4,900/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥26,000/エストネーション(エストネーション)
4.オレンジのアシンメトリーラップスカート
&キャメルのフラットサンダル
こっくりオレンジのスカートは、生地量たっぷりのラップデザイン。折り返したウエストデザインもアクセントになって、抜群の華やかさが自慢。オレンジと相性のよいシンプルなキャメルのフラットサンダルで、足もとは品よく軽やかに仕上げるのがポイント。ドライなベージュのニットで品よく仕上げて。

スカート¥48,000/クルーズ(エリン) ノースリーブニット¥26,000・カーディガン¥33,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/アマン(ペリーコ)
5.サックス色のタック入りアシンメトリースカート
&ダークネイビーローファー
タック使いと前後差のあるヘムラインで、ボリューム感も見栄え感も抜群のほの甘スカートは、春らしいクリーンなサックスカラーをチョイス。ネイビーのローファーを足もとに加えれば、全身もきりりと引き締まる。

スカート¥61,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ジャケット¥110,000/アングローバルショップ 表参道(チンクアンタ) Tシャツ¥8,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥190,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥80,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

What's New新着記事

  • 大人カジュアルに華を効かせる「フレッシュUPの赤リップ」 五選

    例えば、仲のいい女友だちとカフェ・ランチ、軽やかにおしゃれしてサロンでヘアカット、気軽な仲間と週末ドライブ旅行……。カジュアルシーンをフレッシュアップする赤を一本。

    eclat五選

    2019年3月22日

  • 大人に効く。今どき「しゃれ見えメガネ」 五選

    一本のメガネから、おしゃれの新たな可能性が見つかる。いつもの着こなしに、今っぽさが加算される。年齢に伴う顔の変化で、むしろ似合うメガネの幅は広がっていく。これは楽しんだほうが勝ち!

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 着るだけで映えるのは“色だけ甘い”セミスイート・トップス 五選

    春の花を思わせるスイート色といえば、ピンク、ピーチ、イエロー、ラベンダー。リップやシャドウに使うカラーが大人をきれいに見せてくれる。形は甘さ抑えめに。着なれたシャツやシンプルな形のニットなら取り入れやすいはず。

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

FEATURE
ランキング