5月のワードローブを救う!一枚で様になる「カットソー」15選

2018年5月19日
ブラウスとTシャツの間の季節に大活躍!構築的なシルエットや凝ったディテールをもちながら、カットソー素材だから気軽に一枚で着られて、お手入れも楽。さりげない華やかさやおしゃれ感も演出できる優秀すぎるカットソーは、忙しい毎日の救世主になること間違いなし!

1/15

2/15

3/15

4/15

5/15

6/15

7/15

8/15

9/15

10/15

11/15

12/15

13/15

14/15

15/15

ラグジュアリーさが漂う上質でしなやかなカットソー
肩に入ったギャザーと二の腕を覆う袖、構築的なパターンによって、ホテルで自信がもてるエレガントなたたずまいが手に入る。体型カバーもかなう。

カットソー¥16,000/ADORE パンツ¥21,000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) 手に持ったコート¥38,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン バイ エッフェ ビームス) イヤリング¥13,800・バングル¥39,800/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
2.さりげないアクセントを加えて大人の洗練カジュアルに
ボタンのアクセントがついた長めの袖が二の腕をカバーし、深めにあいたVネックが顔まわりをシャープに見せてくれる。前後差のある丈感も着こなしやすい。

カットソー¥23,000/ビームス ハウス 丸の内(チノ) パンツ¥17,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バングル¥47,000/ドゥロワー 青山店(グーセンス) バッグ¥27,000/エストネーション(センシ スタジオ) インナー/スタイリスト私物
3.日常をドレスアップしてくれる構築的なフォルム
サイドから後ろにかけてギャザーを入れることで膨らみを出し、今どきなシルエットが自然に。きれいなライトブルーもしゃれたワインバーの雰囲気にぴったり。

カットソー¥29,000/ザ シークレットクロゼット六本木(シクラス) スカート¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バングル¥39,800/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) バッグ¥150,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
4.ボーダーのイメージを変える大胆なベルスリーブ
ボリュームたっぷりの袖先は、本来カジュアル度の高いボーダーを女らしく見せてくれる効果あり。このこなれ感がアートの場とマッチ。

[女性]カットソー¥16,000/インターリブ(サクラ) スカート¥23,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン バイ エッフェ ビームス) ピアス¥8,600/ユナイテッドアローズ 原宿本店(デービット オーブリー) バッグ¥37,000/トゥモローランド(ヴァシック) 靴¥9,800/ebure(スペルガ) [男性]シャツ¥23,000/PARKING(マーカウェア) Tシャツ¥10,000・パンツ¥16,000/スタイルデパートメント(スティル バイ ハンド) メガネ¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥65,000/パラブーツ青山店 ソックス/スタイリスト私物
5.メンズライクなパンツをバックコンシャスで女らしく
背中のすそ部分をクロスさせカシュクール風にした背中あきカットソー。花束が主役の着こなしは後ろ姿でしゃれ感を演出。

カットソー¥21,000・インナー¥11,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) パンツ¥48,000/コロネット(ミラ・ショーン) ピアス¥24,000/ドゥロワー 青山店(マルテ フリネス) バングル¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)バッグ¥325,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
6.スリードッツ
とろみのある素材感と袖の分量を十分とることで華やか。

¥23,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)
7.エブール
袖や襟ぐりに透け感のある素材を使用し清涼感をUP。

¥16,000/ebure(エブール)
8.ネミカ
リボンの下から肩がちらっとのぞくデザインとライトブルーが夏気分。

¥26,000/レリアン お客様相談室(ネミカ)
9.カレント エリオット
異素材使いのドルマン袖が二の腕をほっそり見せてくれる。コットン100%なのでお手入れも簡単。

¥18,000/サザビーリーグ(カレント エリオット)
10.アストラット
ブラックで張りのある肉厚な素材感、詰まった襟ぐりなど、大人にちょうどいい甘さのパフスリーブ。

¥13,000/アストラット 新宿店(アストラット)
11.デミリー
プリーツが背中の肉感を拾わないのがうれしい。しなやかさ抜群の上質なピマコットンを使用。

¥15,000/サザビーリーグ(デミリー)
12.プラステ
背中に奥行きがあるデザインで、ブラックの着こなしに変化をつけて。

¥3,990/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ)
13.ADORE
首の後ろが抜けた立体感のあるフォルムが今どき。

¥15,000/ADORE
14.ジェット ロサンゼルス
背中側がカシュクール風になったひねりデザイン。襟足から背中が美しく見える。

¥6,900/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス)
15.エリン
腰の上がちら見えするブラウス風カットソー。長めのパフスリーブで大人の甘さを満喫。

¥23,000/デミルクス ビームス 新宿(エリン)

What's New新着記事

  • 富岡佳子が着こなす、無難に終わらない“攻め”のリアルコート7

    冬の装いはある意味、コートの印象だといっても過言ではない。定番なもの、無難なものがかえって地味になってしまうアラフィーには、ひとつ枠を超えたコートこそが正解。展示会や現場で数多のコートを見てきた同世代のおしゃれプロたちが惚れ込んだ、ちょっと“攻め”気分の一枚を、富岡さんの着こなしと共にご紹介!

    ファッション

    2018年11月14日

  • アクセ効果も抜群! この冬に絶対取り入れたい「ミニポシェット」14

    ミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、旅先でも大活躍のアイテム。注目ブランドから続々登場しているミニポシェットは、コーディネートを完成させるアクセサリー効果も絶大! エクラスタッフも、便利さとアクセ効果の一石二鳥でハマる人が続出。この冬のコーデに絶対に取り入れたい、各ブランドのポシェットをご紹介します。

    ファッション

    2018年11月12日

  • おしゃれプロが指名! 使えるのは「このブランドのミニポシェット」

    両手が空くミニのポシェットバッグは、日常はもちろん、展覧会めぐりや旅先でも大活躍。毎シーズン展示会等でいち早くトレンドをキャッチしているエクラ撮影スタッフにも、ミニポシェットにハマる人が続出。それぞれのお気に入りアイテムを理由とともにご紹介します。

    ファッション

    2018年11月11日

  • コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

    アウターがマストになってきたら、“コートを着るから”とつい中身のおしゃれを手抜きしていない? コート姿も、コートを脱いでもステキに魅せるベストマッチングなコーデを、4つのシーン別にご紹介!

    ファッション

    2018年11月8日

  • 特別な風合い「ASAUCE MELER」のニットストール【MADE IN JAPANの隠れた名品】

    夏の麻素材ストールが大人気だった「ASAUCE MELER(アソース メレ)」からこの冬もまた、存在感抜群のストールが登場。ループ上の太い糸を織ってから熟練の職人さんが手作業で起毛をして作る「モヘアのフラッフィーストール」と、八王子のニッターさんに依頼してできる「カシミヤのファーニット」は、まさに手の込んだ逸品。今年の秋冬は、日本ブランドの上質な肌ざわりを体感してみては。

    ファッション

    2018年11月6日

FEATURE
ランキング