「Bar éclat」へようこそ!まずは“泡”でお疲れさま 五選

2018年10月8日
編集長Oを筆頭に、酒好き編集者が多く集まるエクラ編集部。今宵はワインをテーマにそれぞれがお気に入りの一本を披露。楽しい時間の始まりは、やはりシュワッと「泡」で!それも、洗練された造り手のものなら、気分も上がるもの。ぜひマイリストに入れたいおしゃれ系がそろっております。
「Bar éclat」とは?
編集部員&スタッフが、好きなワインとつまみを持ち寄って開かれる秘密のバー。編集長の気まぐれで開店し、遅い時間まで盛り上がるらしい……!?

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.NV ジェイ キュヴェ・20 ブリュット(副編N)
フローラルな香りとキレのいい酸味が印象的。洗練されたスタイルで、サンフランシスコの有名レストランにもオンリストされている。シャルドネとピノ・ノワールを主体にムニエ1%をブレンド。

アメリカ・カリフォルニア。750㎖ ¥5,300/布袋ワインズ
2.ミッシェル・アルノー・エ・フィス シャンパーニュ・
グラン・クリュ・ヴェルズネイ・
ブリュット・トラディション(副編U)
「義父が経営するベルギーのホテルで飲んだ思い出の味。消えない線香花火のような、繊細ながらも存在感のある泡が魅力」(副編U)。ピノ・ノワールを使用したブラン・ド・ノワール。ぶどうの果実味が生きている。

フランス・シャンパーニュ。750㎖ ¥6,500/ヴァンパッシオン
3.ドメーヌ・ジ・ロレンス クレマン・ド・リムール・
クロ・デ・ドモワゼル(編集S本)
白い花とエキゾチック・フルーツの香りがきわだつ。泡立ちもこまやか。リムーは、16世紀に世界で初めて発泡性ワインが誕生した歴史ある土地。シャルドネ主体にシュナン・ブラン、ピノ・ノワールをブレンド。

フランス・ラングドック。750㎖ ¥2,750/モトックス
4.モンテ・デッレ・ヴィーニェ マルヴァジア(編集SH)
「甘すぎない白やスパークリングが好きです。これは微発泡で優しい味わい」(編集SH)。マルヴァジア・ディ・カンディア・アロマティカを100%使用した香り豊かな微発泡ワイン。ぶどうはすべて手摘み。

イタリア・エミリア・ロマーニャ。750㎖ ¥1,700/フードライナー
5.ルー・デュモン クレマン・ド・
ブルゴーニュ ブリュット(スタイリストN)
醸造家は日本人の仲田晃司氏。"ブルゴーニュワインの神さま"故アンリ・ジャイエ氏に認められ、一気にブレイク。ふくよかなコク。ピノ・ノワール主体にシャルドネ、アリゴテ、ガメイをブレンド。

フランス・ブルゴーニュ。750㎖ ¥3,200/ヌーヴェル・セレクション
(左)
副編N
エクラプレミアム担当。実はお酒が飲めないが、今宵は知人に教わった逸品を披露

(右上から)
編集S本
昨年エクラ編集部に異動したビューティ担当。大阪出身だが、酔っても方言は出ない

副編U
ファッション担当。西洋占星術や数秘術に詳しくレイコ・ローラン氏とも親交が深い

編集SH
千代田区一ドリスを愛するファッション担当。フジロックには毎年参戦中

スタイリストN
ナチュラルシックなテーブルコーデを得意とする、料理&インテリアスタイリスト

What's New新着記事

FEATURE
ランキング