新ルール! トラッドパンツには「フェミニン合わせ」 五選

2018年10月10日
ツイードやコーデュロイなどのトラッドパンツは、メンズライクなテイストが最大の魅力。その男っぽさを楽しむスタイリングから一変、今季はフェミニンなディテールや素材、色のトップス合わせが、大人の色気を感じさせるカギに。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.主役感たっぷりな優しげブルーで
コーデュロイのイメージを一新
ワイドからすそにかけて少し細くなったシルエットとライトブルーの優しげカラーで、太畝ながら軽やかなムードのコーデュロイパンツ。股上深めで腰まわりをほどよくカバーしてくれる、大人にはきやすいシルエットもうれしい。ギャザーをたっぷり効かせた大人のかわいげブラウスを合わせれば、ちょっと華やかなシーンもOKな洗練されたパンツスタイルが完成。

パンツ¥70,000・ブラウス¥95,000/ブラミンク(ブラミンク) ピアス¥15,800/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) ベルト(参考価格)¥12,000/アマン(アンボワーズ) バッグ¥49,000/ビームス ハウス 丸の内(エレメ) 靴¥73,000/ジミー チュウ
2.小さなパールをさりげなく。
控えめな女らしさが効果的
赤いラインが入ったグレンチェックのタック入りワイドパンツは、ハイゲージのタートルニットを組み合わせたミニマルな着こなしで都会的なムードに。パールのピアスを耳もとに加えることで、上品な女らしさをさりげなく感じさせて。

パンツ¥32,000・手に持ったジャケット¥52,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ニット¥26,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥123,000/TASAKI(TASAKI) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥78,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
3.ハイゲージのかわいげカラーなら
ニット合わせも洗練された印象に
袖にボリュームをもたせたフェミニンな淡いピンクのニットと、英国トラッドなグレンチェックの相反するテイストが新鮮。タックを効かせた股上が深い腰まわりのフォルムは、気になる肉感を拾わず着やせして見せてくれる優秀さ。パンツのチェックにピンクが入っていてきれい色ニットともなじみがいい。

パンツ¥28,000/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) ニット¥39,000/サザビーリーグ(エキップモン) バッグ¥38,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン) 靴¥54,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ×デミルクス ビームス)
4.カジュアルなコーデュロイと相反する
シルクで大人のツヤを補って
ヤクとウールという重めの素材の組み合わせと、グレージュ×白のストライプが特徴の太畝コーデュロイパンツ。トップスには光沢が美しいシルクのブラウスを選んで素材のコントラストを楽しみたい。マニッシュな中にのぞく大人の女っぽさがセンシュアル。

パンツ¥76,000/カオス表参道(カオス) 手に持ったジャケット¥128,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) ブラウス¥42,800/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ピアス¥15,800/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
5.デコルテに抜け感のあるニットで
ほんのり女らしさをのぞかせて
定番のコットン素材のコーデュロイパンツなら、トップスにミドルゲージのニットを合わせても全体が重くなりすぎることなく好バランス。ボートネックから鎖骨をちらりと見せることで顔まわりをすっきりと、シックでしゃれたムードへ導いてくれる。シルエットがきれいなダークネイビーのワイドパンツは、合わせるトップスを選ばず着回し力も抜群。

パンツ¥55,000(エス マックスマーラ)・ニット¥80,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥74,000/ジミー チュウ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング