ニットのお手入れ事典 五選

2016年11月23日
Jマダムを素敵に見せるはずの上質ニット。でもちょっとしたお手入れの間違いで縮みや毛玉があっては......、むしろ雑な人に見えて残念な感じになってしまう。正解は?

1. 洗濯機で洗って、いつも清潔ニットを着たい

怖いのは、"縮み"。摩擦が原因なので、 極力減らせば OK!

いつも清潔なニットをまとうために、家の洗濯機で洗えればベストだが、とにかく "縮み" がコワい!「羊毛は髪の毛と同じで、表面がキューティクルでおおわれています。摩擦を与えるとそのキューティクル同士がからまるので、縮みやゆがみの原因に。だからできるだけニットを "動かさず、もまない" ことが大事」(古田さん) 。 ドライコースなどデリケート素材専用コースを選び、脱水も一瞬ですばやくすませたい。 右の要領で洗えば、ほとんどのニットはOKだそう。 ただ ... 、「ニットは一枚一枚、編み方や素材で個性があるため、100パーセント水洗いで縮まない、ということは残念ながらいえません。けれど、カシミヤは油分が多めなため、からまりにくく、比較的洗いやすいとはいえます」(古田さん)。

What's New新着記事

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

  • 亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

    若いころは、「フェイクなもの」を持っていることに恥じらいがあったという亜希さん。年齢を重ねていろんなものがふっきれた今、エコファーだからこそ楽しめる冬のおしゃれに開眼したのだそう。ふわふわ&もこもことかわいらしく進化を続ける、暖かな大人のエコファーに、この冬すっかり夢中!

    eclat五選

    2018年11月18日

  • 大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

    「素材が豊富になる冬は、大人が色をまとうのにちょうどいい季節」と語る、エクラ世代に大人気のスタイリスト・大草直子さん。色使いでつくり上げる、大人にちょうどいいフェミニンスタイルを新たに発見して!

    eclat五選

    2018年11月17日

FEATURE
ランキング